post

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 2014.2.10更新

こんにちは。みなさん、2014年の幕開けはどのようにすごされましたか?今回は、年始と新学期についてお話ししたいと思います。

 私の年越しは、毎年家族で祖母の家で過ごすというのが定番なのですが、今年は大人数でロンドンのカウントダウンに参加しました。人生でこれ以上の人ごみにもまれることはもうないだろうな、という驚愕の混み具合でしたが、新年が開けた瞬間の盛大な花火で最高に盛り上がることができたので、いい思い出となりました。来年参加されたい方は、防寒具と雨具とお酒をお忘れなく!^^

 約二カ月の冬休みが終わり、1月の下旬から五月の上旬までの二学期が始まりました。北九大とは全く違う区切り方なので、すこし不思議な感じがします。私は、先学期の留学生対象の語学コースを終え、晴れて今学期からイギリス人の生徒と一緒に学部の授業に参加することになりました。選んだ授業はUnderstanding Culture, Introduction to Ethics, Museum and Society とHigher Academic Englishの四つです。このほかにも経済学、法学などはもちろん、ホスピタリティや心理学、人類学など多様な選択肢から選ぶことができますよ。ここでひとつだけアドバイスがあります。ネイティブの学生も大変と感じる授業についていくのは決して楽ではありません。ですので、日本で予備知識を蓄えておくことをお勧めします。私は当初、詩の授業を選択していたのですが、基礎知識がなく難しすぎたので断念してしまいました。^^;ちなみに、こちらで習得した単位を北九大のものに変換できる制度もあります。気になる方は国際交流センターに尋ねてみてください。♪

 

(写真は年明けのテムズ川沿いからの花火と、旅行で訪れた湖水地方にあるグラスミアという村の風景です)

IMG_1058 IMG_1157


カテゴリー: 2013秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[