post

【留学レポート】タスマニア大学 2014.4.4

こんにちは。英米学科3年の伊集院怜美です。今月は私がレポートを担当させていただきます。

4月になり、来た頃と比べてこちらはだいぶ暑さも和らいできました。授業も中盤を迎え、チュートリアルテストや比重の大きいエッセイも既にいくつか終わっています。今は来たるイースターブレークの予定にわくわくしているところです。

先月はイベントの充実した月となりました。 大学が提供するツアーでワイングラスベイを訪れたり、テニスのインカレに出たりと新たな出会いのきっかけも多かったように思います。 観光に関して言うと、週末、特に日曜日は遠方までのバスの本数が極端に少なく不便を感じることもありますが、どこも行く価値のある場所ばかりでタスマニアは魅力たっぷりです!

観光以外にも、Harmony Dayというホバートの国際デーイベントに参加したり、ワサビというJapan Societyの役員を始めたりと、貴重な経験をさせてもらっています。 Harmony Dayにはご縁あってお知り合いになれた方のお手伝いとしての参加でしたが、姉妹都市である焼津市からの折り紙の展示などをさせていただきました。子どもたちやその保護者となど様々な人々との交流の機会を得ることができ、同時に自分が日本人であることを強く認識した日でした。

ワサビに関しては、昨年度末に消滅してしまったものを一から作り直す段階にあり、役員としての責任の重みはありますが大いにやりがいを感じています。私の担当はLanguage Exchange Program、通称LEPです。 昨年度参加したKAKEHASHI Projectを想起させるという理由もありますが、この役に選ばれた責任をきちんと果たしたいと思います。

ご質問等あれば、Facebookメッセージでお気軽にお尋ねください。

 

photo5  カンガルーと :-D

photo4  インカレ

photo3  Harmony Day

photo6  カンガルーアップ!


カテゴリー: 2014春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート
{z[