post

【留学レポート】大連外国語大学 2014.6月

  大連外国語大学に留学している平野志帆です。

大連の5月は気候変動が激しかったように思います。5月上旬から中旬は最高気温が20度くらいで、ほとんどの人がまだ長袖を着ていました。雨が降るとさらに気温が下がり、コートを着ている人もいました。しかし、下旬には気温が一気に上がり、30度近くまでなる日もありました。今では日中は半袖ではないといられないほどになりました。

 

5月は授業外の活動がたくさんありました。他大学から来られた教授による講座があったり、植物園に行ったり、留学生のみの小さな運動会が開催されたりしました。今回は運動会について書こうと思います。

 

留学生は水曜日の午後は全員授業がないので、28日水曜日の午後に行われました。3つのクラスで1つのチームを作りました。私のチームは本科4年生と中級A2と中級A3の留学生で編成されました。種目は7つくらいで、誰がどの競技に出場するかは前もって決めていたのですが、当日欠席者が多く、結局その場でまた誰が出場するかを決めました。

 

この運動会は本気で競争するというよりも、留学生がみんなで楽しめるように学校が企画してくれたものなので、種目が普通の運動会とは違いました。

二人で背中にボールを挟んで走るリレー、縄跳びの回数を競うもの、バスケのシュート数を競うもの、8人が横一列に並び腕を組んで走るもの、目隠しをして帽子を渡す速さを競うもの、二人三脚リレーなどがありました。

文字ではわかりにくく、伝わりづらいですが、本当に楽しかったです。

各競技の1位、2位、3位には景品もありました。1位は水筒、2位は大連外国語大学のTシャツ、3位はボディソープでした。

運動会は3時間程度でしたが、本当に楽しかったです。当日は本当に天気がよく、熱さでやられそうになりましたが、みんなで楽しめてよかったです。

 

6月5日には翻訳のテストがあるので、気持ちを切り替えて頑張ろうと思います。

DSC02832     mmexport1401592966686

 

 


カテゴリー: 2014春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー