post

【留学レポート】 クイーンズランド大学(金子光) 2014年7月

クイーンズランド大学に留学中の金子です。あっという間に、留学期間のちょうど折り返し地点になり、こちらは冬休みに突入しました。さすがにオーストラリアでも真冬にさしかかると、特に夜は冷えるので、温泉が恋しくなるこの頃です。とはいってもさすがオーストラリア、太陽の日差しが強い昼間は結構暖かいです。先日ゴールドコーストに行きましたが、25℃を超えていたので半袖で過ごしたほどです。こんなにサンダルとTシャツが活躍する1年はいままでにありません。

 

さて冬休みになったわけですが、テストから解放された僕たちは、旅行したりバイトに勤しんだりと、各々自由な時間を満喫しています。学期中はなかなかの忙しさなので、仲良くなった友達を誘って出かけるのにももってこいのチャンスです。BBQやピクニックをしたり、レストラン、バーなんかに集まったりするのがこちらの学生の定番ですね。シェアハウスに友達を呼んでパーティをすることもしばしば。先日は友達を招いて日本食を振る舞いました。お好み焼きはオージーに安定の人気を誇ります。焼きカレーも作ってみたんですが、これが意外と大人気だったのが北九州市民としてうれしかったです(笑)

 

また、勉強がひと段落したこともあり、クラブ活動や学外での活動にも本腰を入れ始めました。UQではWasabi(過去レポート参照)だけでなく、UQ Japanese Taiko Drumming teamに在籍しており、週1回の合同練習に励んでいます。このチームは4か月前に結成されたばかりで、メンバーのほとんどが太鼓未経験者ですが、練習を重ねてついに先日初めてのパフォーマンスを成功させたばかりです。今現在15以上の国と地域出身の仲間たちと、日本文化を共有できることが本当にすばらしいと感じますし、練習もとても楽しいです。僕自身もオーディエンスの前で演奏するチャンスが近々あるので、日本人として伝えられることを考え、さらに練習を頑張りたいと思っています!

 

もうひとつ、UQ Acoustic Societyという非公式の音楽クラブにも加入したのですが、こちらは我らが北九大の、牛タン大好き宮城さんをリーダーとして、今まさにUQの正式なクラブにすべく着々と準備を進めています。これが達成されれば、校内でコンサートを開けたりワークショップを開催できたりします。僕もCommitteeの一員として活動をサポートしつつ、メンバーとの音楽を通じたコミュニケーションを楽しみたいです。

 

写真はW杯期間中ナショナルカラー(ゴールドとイエロ―)にライトアップされていた、ブリスベンのストーリーブリッジと、UQASの練習風景、そしてパフォーマンス前のUQ Taikoメンバーと僕です。

 

Photo 13-06-2014 9 09 03 pm

10393779_10202390042808800_1194236933640869371_n

IMG_6908    

 


カテゴリー: 2014春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート
{z[