post

【留学レポート】フォート・ルイス大学     (中原亮) 2014年11月

こんにちは。最近少しずつ風が冷たくなり、そして時折突然訪れる静電気の“バチッ”に冬の訪れを感じ始めている、中原です。今月は、こちらでの私の基本的な日常生活を紹介したいと思います。

 まず、授業スケジュールから(以下参照↓ クリックすると詳細を見ることができます。)

imageOct1

今期の授業は全てビジネス系のものを取っています。その理由は、こちらでお世話になっている先生からのおススメを受けたためと副専攻にてビジネスのプログラムを取っているためです。えっ、北九大で副専攻のコースなんてあるの?と思った皆さん、詳しくはKitakyushu Global ProgramのHP(www.kitakyu-global.jp)を是非ご覧ください。今取っている授業は全て非常に興味深いです。その中でも最も自分が面白いと感じているのはPrinciples of International businessの授業です。この授業では、国際ビジネスに従事するうえで知っておくべき文化的な側面などを人類学的な視点から考察します。よく授業の中で先生から“日本人だったらどう考えるかな?”といったことを質問され、私たちの考え方をシェアするとアメリカ人の学生からは驚きの目で見られることもしばしばあるので面白いです。先日日本のバレンタインデー事情をプレゼンテーションした際には、なかなかの大好評でした。以下の写真はそのスライドの一枚です。まず、女性から男性に何かを渡すという点で、みんな驚いていました。また、日本とアメリカとの授業の違いについて同じFort Lewis Collegeに留学中の吉川さんが非常に面白い点から指摘していました。本当にその通りだと思います。

imageOct2

また、平日の授業以外の過ごし方については、基本的に授業の予習・課題などに費やしています。もちろん、授業以外のすべての時間を費やしているわけではなく、時にはジムでバスケをしたり、ばったり出会った友達との立ち話を楽しんだり、こちらで購入したギターの練習をしたりしています。ちなみに、来月には北九大でいうところのスポーツフェスタのようなスポーツの試合があって、自分は友人と一緒にバスケの試合に出場することにしました。その試合は3週間にわたって平日(週3くらい)の夜に行われます。中学時代に少ししていたのですがもう今となっては体力が全くないので、もう心配でしょうがないです。笑 その他には、Christian Challengeというクリスチャン団体のイベントによく参加しています。これに関しては来月詳しく話をしたいと思いますが、平日は毎週火曜日の夜に行われている聖書に基づいたディスカッションに参加しています。アメリカの文化はカトリックに基づいている部分が多くあるのではないかと思います。なので、クリスチャンの考えを理解することで「アメリカ」をもっと深く理解することができるのではないかと自分は考えています。

imageOct3

休日においては、基本的にどこかに外出することがほとんどです。最近では、車で1~2時間ほどかけて、Mesa Verde National Parkというところに行ってきました。やはりアメリカの自然は日本とは桁違いにスケールが大きいので、見ているだけでとても爽快な気分になります。このあたりは本当に自然が美しい場所が多いので、毎回そうした光景を見るたびに心を洗われています。また、基本的に日曜日の夜は私のホストファミリーが彼らの自宅に呼んでくれて、本当に豪華な夕食を振舞ってくれます。ホストマザーは非常に料理が上手で、毎回テーマを決めて、今週はギリシャ料理、来週はイタリア料理などど作ってくれるので毎週楽しみに家まで向かっています。それ以外の時間はゆっくりと休息をとったり来週の課題を進めたりしています。

imageOct4

大体このようなルーティンで今のところこちらでの生活を楽しんでいます。アメリカ生活ももう2か月を過ぎ、冬学期も残り2か月弱です。英語では時の流れの速さをTime Flies.といって表現しますが本当に飛ぶように過ぎ去っているようです。

~番外編~

さあみなさん、10月31日といえば、何の日でしょうか?そう、誰もがご存知ハロウィーンですね。実はここDurangoの町では一年の中で最も盛大に祝われる祭りがこのハロウィーンです。その規模は他の町からやってきた多くのアメリカ人がこの町へやって来て、ここまで大きなハロウィーンは見たことがない、というほどです。というわけで参加しないわけにはいきませんね。さっそく私もコスチュームをしてハロウィーンパーティーへ出かけました。

imageOct5

今回私にとっては初めての仮装でどうしようか迷っていたのですが、アメリカ人の友人にいろいろ助言をもらった結果ピエロになることにしました。当日メイクをしてもらって鏡を見てみると、、、そこには決して私ではないピエロがいました。笑 パンプキンカービングなども行って、初めての仮装パーティーはとても楽しかったです。そして、ダウンタウンでは夕方ごろから仮装をした人々で溢れかえっていて、その光景はとても面白かったです。海賊からアナ雪のオラフ、更にはカラーコーンやベーコン(の一切れ分です笑)まで様々なコスチュームをした人々がいて、Trick Or Treatを楽しんでいました。夜遅くになるとメインストーリートではゾンビマーチというのが始まります。いったいそれはどうゆうものなのだろうと思いながらしばらく待っていると、途中から私もそのマーチに参加していることに気づきました。笑 実はコスチュームをした人々が道路を行進していくのがゾンビマーチだったのです(下写真)。そのマーチの最中はみんなのテンションが最高潮に達していてものすごい盛り上がり具合でした。見たことはないですが、阪神がリーグ優勝した時の道頓堀川周辺と同じくらいの盛り上がりなのではないでしょうか。笑 最終的に私が持った感想は「ハロウィーンってこんなに楽しいものだったのか!」ということです。

imageOct6


カテゴリー: 2014秋, フォート・ルイス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー