post

【留学レポート】サラワク大学(溝上愛) 2014年12月

皆さん、こんにちは。

  サラワクに来て早くも三ヶ月がたとうとしています。ここでは数日前から雨季に入り、激しい雨ばかりの毎日が続いています。気温は全然変わらず、真夏のような暑さの中、ショッピングモールに飾れたたくさんのクリスマスのデコレーションやツリーに違和感を覚えてるこの頃です♪

  さて、今回はここサラワクでの文化や宗教について紹介したいと思います。ここでは、様々な違った民族、様々な違った言語や習慣が入り混じって人々が一緒に生活しています。一番多いのはマレー系、その次に中国系、インド系、さらにここサラワクには先住民族もたくさんいます。カフェのようなたくさん学生が集まるところに行くと、中国語、タミル語、マレー語や英語などいろんな言語が飛びかっています。肌の色も服装もそれぞれ少しずつ違って日本では見たことのないような景色に最初は驚きましたが、三ヶ月たった今ではもう普通の光景です♪

  私がここに来て、日本との違いを一番感じたのは、マレーシアの国教であるイスラム教に基づいた習慣です。マレー系のほとんどの人はイスラム教で、ムスリムの人々は毎日一日に5回礼拝に行きます。人によってどの時間に行くか全部の時間にいくかはそれぞれですが、礼拝の時間になると、コーランというお祈りが放送で流れ、多くのムスリムの人たちが近くの礼拝場へと移動します。一日で一番早い礼拝の時間は朝の5時なので、毎日大きなコーランの音で目が覚めてしまうことも多々… 金曜日は一週間の中で一番特別な日とされていて、午後一時ごろになると、多くのムスリムの人たちは特別な衣装に着替え、大学内にある大きなモスクにみんな集まり礼拝を行います。

写真1礼拝          写真2礼拝に行く

                                                                                                                                                                                ↑礼拝が終わって帰っている人々の列 

 イスラム教には様々なタブーがあり、例えば、ムスリムの人は豚肉を食べず、お酒も飲んではいけないことになっています。また女の人は肌をあまり見せてはいけないので毎日、長袖やロングスカート、ジーンズやバジュクロンという伝統衣装を着て、頭にはヒジャブというスカーフを身につけています。男の人が女の人、女の人が男の人に直接触れることはよくない事とされていて、実際にムスリムの女の人が中国系の男の人に握手を求められた時に、それを断っている光景を見たときには、少し驚きました。また、他の国々から来たイスラム教徒の留学生もこの大学にはたくさんいますが、その人たちと比べるとマレーシアの人々の方がより宗教色が強く、忠実だなと感じています。しかし、マレーシアにいるムスリム全員がこれらの決まりを徹底的に守っているわけではなく、人によっては気にしない人もいてその度合いも様々なので、すごく興味深いです。

  最後に少しだけ、私たちが今いるサラワク、クチンの街を紹介したいと思います。大学から車で20分ほど移動するとクチン中心地に着きます。そこにはたくさんのショッピングモールや、チャイニーズタウン、インディアンストリート、カフェやレストランがあります。クチンは猫の街と呼ばれていて、猫の像が数ヶ所に設置されています♪初めに予想していたよりも、たくさんのお店があって、ショッピングや観光にはとてもいいところです☆  

写真3サラワクリバー         写真4小さな村

           サラワクリバー                                                         川をはさんだ向こう側には小さな村があり、建物が多くある市街地とはま ったく違った風景が見られます!

 

写真5インディアンストリート       写真6猫       写真7モスク 

            インディアンストリート

 

 

 


カテゴリー: 2014秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー