post

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学(式町健汰) 2014年12月

  はじめまして。英米学科3年の式町健汰です。今月は僕がオックスフォードブルックス大学の留学レポートを書かせてもらいます。たぶん、僕が書けるのは今回だけだと思うので、できるだけたくさんのことを写真と共に紹介していこうと思います。まず、イギリスに来て約二ヵ月半が経ちました。初めは、環境に慣れるのが大変で、来て早々高熱に見舞われ、その後も体調があまりすぐれず、文化の違いにも戸惑い、不安な日々、憂鬱な日々を過ごしていたのを覚えています。一番ショックだったのは物価の高さですね。日本の約二倍って考えていいと思います。でも、旅行やイベントなどにはお金を使いたいんで、スーパーで安い食べ物を貯め買いしたり、服はなるべく安い店で安い服を選んだり、髪を切るのを惜しんで常に帽子をかぶったりして頑張っています(笑)まあ、そんな感じで、イギリスでの生活は予想以上にタフだったのですが、生活にも慣れていき、新しい友達もたくさんできてどんどん楽しく充実したものになっていきました。

僕は今、University Englishっていう授業をとっているんですが、月曜から金曜までみっちり英語の勉強をしています。今はもう10週目に入り、期末テストに向けての勉強や、最終レポート、プレゼンテーションの作成に追われています。この授業は、本当に課題の量が多く、授業外でもしっかり自学をしなければついていけません。最近は、課題が多すぎて、夜中の三時まで図書館で勉強したりしていました。すごく大変なんですが、授業の雰囲気がとてもよくて、結構楽しんでいます(笑)サウジアラビア人、中国人、日本人で構成された僕のクラスは、みんな本当に仲がよくて、みんなで休み時間に先生の誕生日会を企画したり、助け合いながら勉強をしたりしています。また、僕は、クラス委員にもなったので、クラス会の企画をしたり、クラス委員のミーティングに参加したりしました。(下は、先生の誕生日会とクラス会の写真と夜中三時のキャンパスの写真です)

1 2

3

 

次に授業外の活動について触れたいと思います。僕は、7つのSociety(サークル)に参加しているんですが、頻繁に活動しているのは、ミュージカルの合唱のSocietyGleeSocietyです。毎週火曜日の夜にGlee、金曜の夜にミュージカルの合唱の練習にいっています。歌うことがもともと大好きなので、毎週楽しんで参加しています。今週の金曜日には、ミュージカルの合唱のSocietyの定期演奏会があるので、今は特にその練習に励んでいます。オーディションを受けて、ソロの曲ももらったので、本当に楽しみです。Japanese SocietyというSocietyでは、たくさんの日本に興味のあるイギリス人と友達になることができました。そこで出会った友達とは、ハロウィンをしたり、一緒にロンドンであった日本のイベントに行ったり、週末に日本食レストランに行ったりしました。イギリスにきて、他国の文化に刺激を受けると共に、改めて、日本について考えさせられる事が多々あります。まずは、日本食のおいしさ(笑)そして、日本文化を愛する外国人の多さに圧倒されます。下に、ロンドンであったHyper Japanという日本のイベントの写真をのせていますが、日本の伝統文化から、アニメ、コスプレまで、その人気の高さに驚きました。日本の文化ってやっぱり誇り高いものなんですねっ!(下は、ミュージカルのSocietyのメンバー、ハロウィン、日本のイベントHyper Japanの写真です)

4  

5

     6 7

            8

 

毎週火曜と金曜は歌のサークルですが、他の活動についても触れていきます。毎週木曜日は、Oxford大学まで、日本語を教えるボランティアに行っています。日本語を英語で教えるのって本当に大変です。基礎の基礎から高度な質問まで幅広く教えなければいけません。それでも、日本でチューターの活動をしていたこともあり、もともと日本語を教えるのが好きだったので、毎週楽しんでいます。また、そこで出会ったOxford大学の現地の学生とも仲良くなって、一緒に遊んだり、誕生日会をしたりしました。Oxford大学に通う友達はBrookes大学の生徒と雰囲気も違って、また違う刺激を受けます。このボランティアは自分にとってすごく良い機会になっていると思います。他には、ESNっていう留学生の組織のイベントに参加しています。最近では、スコットランドまでバスで行ったり、週末の遠出のTripには積極的に参加しています。Oxfordも素敵な場所ですが、イギリスの他の地域はまた違った雰囲気で、新たな発見もありますね。こういう泊りがけの旅行では、友達が作りやすく、いろいろな国籍の人と出会うきっかけにもなります。(下は、オックスフォード大学での日本語を教えるボランティア、ESNTripで行ったスコットランド、ISATというほかの留学生の組織のTripでいったBrightonと、そこで仲良くなった友達との写真です)

9  

10

11  

12

 

授業や、授業外での活動について触れてきましたが、その他にも、ロンドンに大好きなミュージカルを見に行ったり、Lady Gagaなど日本にはなかなか来ないアーティストのコンサートに行ったり、映画を見に行ったり、博物館、美術館に行ったり、冬の花火を見に行ったり、前から友達のイギリス人のもとに行って再開したり、授業と課題をしっかりこなしつつ、イギリスでしかできないことをできる限りやろうと心がけています。せっかくイギリスにいるんだから、勉強以外でも充実させたいっていうのが自分の考えです。何事もOpen-mindedで広い心でとらえていきたいですね。そんな感じで、毎日毎日、何もない日はないくらい多忙な日々を送っています。早く、日本の家族や友達に、手紙とか送りたいんですけどね、なかなか時間がもてなくて(笑)来週には授業も終わるんですが、その次の日からHOST UKというプログラムでホームステイに行ってから、そのままイギリスを一人でまわろうと思っています。次のセミスターには、今回やろうと思ってできなかった、ミュージカルを鑑賞するSocietyを自分で作ったり、もっと自分の視野を広げるために、町のSocietyCommunityなどに積極的に参加して、将来につながる何かができたらなと思っています。自分の留学生活、本当に自分次第でその内容の濃さは変わります。自分なりに、意味のある留学にしていきたいです。最後にクリスマスの写真をのせて文章を終わらせてもらおうと思います。(昨日飾ったイギリスのクリスマスツリー、エディンバラ、バーミンガムのクリスマスマーケットの写真です)

13

14 

15  

 


カテゴリー: 2014秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー