post

【留学レポート】仁川大学校   (東優里佳)2015年3月

みなさん、こんにちは。国際関係学科3年の東優里佳です。冬休みに入って2か月が過ぎ、12月の中旬から通っていた語学堂(大学付属の語学学校)の10週間の正規課程を修了しました。
語学堂では、平日の午前9時から12時50分までの通常授業の他にも、体育大会、文化体験など、様々なプログラムが用意されており、留学生同士の交流を深めたり、韓国文化に触れたりすることができます。今学期は、文化体験として、ソウルにあるロッテワールドに行ったり、韓紙工芸品づくりを体験したりしました。

 写真1

 写真2

 写真3

また、授業では通常授業の他にも、クラスメイトと2人一組で、実際にアンケート調査や取材を行ったものを発表する課題活動もあり、韓国語で自分の考えや意見をまとめ、発信することの難しさを痛感しつつも、楽しみながら韓国語を学ぶことができました。

 写真4

10週間語学堂に通ってみて、韓国語力が向上したのは勿論ですが、文化も考え方も異なる留学生たちと、「韓国語」という一つの言語を通じてつながりを得て、多くの刺激を受けたことが、今後の留学生活を送る上での糧となり、モチベーションを高める機会になったと感じました。

 


カテゴリー: 2014秋, 仁川大学校, 新着情報
{z[