post

【留学レポート】マカオ大学(後藤陽介)2015年3月

新年になって早2ヶ月がたちました。こちらでは旧正月休暇が終わりを迎えましたが、日本では春休み真っ最中ですね。楽しんでいますか?私は3月にある中間テスト等の準備で旧正月を楽しむ余裕がありませんでした…
というわけで、今月は澳門の旧正月ではなく、寮生活についてレポートします。マカオ大学には8つのRC(Residential College)があり、そのなかでも私はStanley Ho East Asia College(SHEAC)という名前のRCで生活しています。この8つのRCにはそれぞれ、食堂、ジム、学習スペース等が1階にあり、食堂では1週間に15食の食事を食べることが出来、ジムにはランニングマシンや筋トレ器具があります。また、1階だけでなく、各フロアにも学習スペース、パントリーが備わっています。
しかし、マカオ大学のRCのすばらしさは施設だけではありません。私が最も感激したのは、毎週のように開催される学生活動です。各RCによって内容は違いますが、マカオ内外から講師を招き講義をしていただいたり、学外の施設を訪問したりと様々な活動があります。講義の内容は毎回異なり、経済・政治・文化・教育等、幅広い分野の講義を受けることが出来ます。
 澳門大学のRCについてもっと詳しく知りたい方は以下のアドレスから調べてみてください。
http://www.umac.mo/reg/UMCalendar/(09)LAC-RCs.pdf

 写真1

4月の連休には香港ディズニーランドへの訪問が企画されています

 写真2

ある講義の案内ポスターです

 写真3

ある講義の様子です。この時はマカオ大学の教授が「マカオのカジノ産業」について講義してくださいました。

 写真4

ちなみにこの’Stanley Ho’ というのは人物の名前で、マカオで一番有名な人物だと教わりました

 


カテゴリー: 2014秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[