post

【留学レポート】ピッツバーグ大学(岡村遥)2015年3月

こんにちは。ピッツバーグ大学に留学している英米学科2年の岡村です。

今月は、私の住んでいる寮について紹介したいと思います。私が今住んでいるのはピッツバーグ大学のキャンパス内にある、アパートタイプの寮です。4人でリビング、キッチンなどを共有し、個々の部屋も備えられています。キャンパス内の寮に住んでいて便利な点は、授業に行く際にバスなどに乗る必要が無いことです。ピッツバーグの冬はとても寒いので、バスを待たなくてよいことは一番のメリットだと思います。逆に、寮の不便な点は、休みの期間中には閉まってしまうということです。冬休みの間などほとんどの寮が閉まってしまうので、この点では少し不便だなと思います。寮と言っても、沢山の種類があり、キャンパス内にあるものもキャンパス外にあるものもあります。私は今住んでいる寮はルームメイトと仲良くなれたり、ルームメイトを通して交流も広がったりと、環境が整っているので気に入っています。私は、ルームメイトから紹介された友達の中で偶然、誕生日が同じ人に出会いました。今月は私たちの誕生日だったので、ルームメイトたちにお祝いしてもらったりと楽しく過ごしました。
 留学する際に、寮やアパート選びに悩むこともあると思いますが、交通の面や気候、交流の機会などを考慮に入れて選ぶことをお勧めします。
写真1写真1

 


カテゴリー: 2014秋, ピッツバーグ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[