post

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 池永百葉 2015年3月

 私は去年の夏からイギリスのOxford Brookes Universityに交換留学をしています。この交換留学もあっという間に終わりに差し掛かっています。ここでの生活にはもう慣れてほとんど我が家のように感じます。この報告書では、まず勉強について、次にOxfordでの生活、そして学外や学内でのアクティビティについて報告しようと思います。少しでもこれからこの大学あるいはOxfordに留学に来る方々の役に立つことを願います。

 まず、私がOxford Brooks Universityで何を学んでいるかということですが、私は最初の半年をUniversity Englishという語学専門の授業を受講しました。一週間に4時間の授業が4日間という流れでした。ここでは、まさに基盤となるエッセイの構成やスピーキングの向上などを図る講義があり、かけがえない友達もできましたし、非常にためになりました。そして、現在は他の生徒と同じ講義を受けています。私は、コミュニケーション関連の授業と、International tourismの授業を受けています。2~3時間の講義がメインです。空き時間がたくさんあるので、なにか自分がしたいことを見つけないと、すごく無駄な時間になってしまうかもしれません。

  Oxfordでの生活はすごくゆるやかです。講義を受けて、課題にとりかかり、食料品を買いにCityにいったり、Londonに遊びにいくもあり、Pubに行ったり、みんなで夜遊びにでたり、興味のある講義をOxford Universityに聞きに行ったり、、、とにかく、すべて自分次第だと思います。気候は、とにかく寒いです。風が強いし、とにかく寒い!!一か月に一回は風邪をひいています。トローチなど持ってきておくといいかもしれません。

     写真1 写真2 

次に学内や学外でのアクティビティについてですが、わたしは、Oxford Brooks Fashion Societyというsocietyに参加していて、一学期にはチャリティーファッションショーの企画に携わりました。日本でも同じようなサークルに入っていたので、そこで得た知識と融合して、新しい環境で新しい人々と何かを作り出すという貴重な体験をすることができました。Oxfordには、たくさんの機会やイベント、催し物などがごろごろ転がっています。私はSNSをつかって新しい情報を常にいれるようにしています。常にアンテナを張って、たくさん楽しいことや新しいことに挑戦してください。無限の可能性が広がると思います。

     写真3 写真4


カテゴリー: 2014秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー