post

【留学レポート】フォート・ルイス大学 吉川真央(2015年4月)

1

こんにちは。吉川です。帰国までのカウントダウンが

現実味を帯びる数字になるのと同時に、周辺の山に

降り積もった雪は溶け、芝生が色づき始めました。

日差しも強まり、半袖でも十分な春らしい陽気の日が続きます。

 

 

 

 

今回はこれまで紹介していなかったデュランゴの町並みを、地図に沿いながら写真と一緒に紹介し、より具体的にお伝えします。

普段ダウンタウンまではバスを利用しますが、天気の良い週末などは、地図上の赤い線で示した道を歩いて

町を散策しています。今回紹介するレストランなどは、キャンパスから1時間もあれば十分歩ける距離に位置します。以下、地図の番号に沿って10のスポットを歩きます。

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青い点が示すキャンパスのアパートを出発し、歩き始めて約10分、①の地点からはデュランゴの町を囲む山々を眺めることが出来ます。季節ごとに変わる山の表情はいつ見てもため息が出るほどの美しさです。

 
3    4

 

木立の続く開放的な住宅街を通り抜け、十字路を右折すると②の地点でカフェを見付けることが出来ます。“Durango JOES”はその名の通り、この町オリジナルのコーヒーチェーン。スターバックスと同じような価格でコーヒーを楽しめます。

                                                           

                                                        5

 

そのまま道を直進すると、歩道にまで拡がるピザの香り。

“Home Slice Pizza”③はこの町にあるピザレストランの6中でも人気店の1つです。外観は雑然としていますが、焼き立ての巨大なピザが店内のショーケースに並びます。分厚く大きな生地を埋め尽くさんばかりのペパロニ。2枚で満腹になります。

 

 

 

 

 

 

デュランゴの食のバリエーションは非常に豊富です。数メートルの範囲に数か国の味がひしめき合い、日本食も例外ではありません。アメリカンピザを楽しめるHome Slice Pizzaの数ブロック先、④では、日本人の職人が寿司を握る“Sushitarian”が、日本食を好む現地の人々で賑わいます。

 

   
                                                                                                                            8  7

 

更にその向かい側にも、日本食を提供する“East by Southwest”が競合します。店内はLEDをふんだんに盛り込み照明の色も頻繁に変わる派手な内装。クリームチーズを挟み込んだ巻き寿司等が提供され、完全にアメリカナイズドされてしまい複雑な表情を浮かべるスシたちに対面できます。

9

 

この地で留学生活を送っていると、日本の食の豊かさを思うことが多々あります。味の豊かさ、深み、そのパッケージ。

菓子類に関してもそれは同じです。こちらのスーパーで買えるバリエーションはクッキーやチョコレート、ポテトチップスといった基本的な種類に限られ、質や大きさ、単純な味の変化に頼り無理やり増やした商品で強引に棚を埋めているような印象です。

ただ、アメリカならではの珍しい物を見付けることもあります。その1つ、出国前テレビで目にし、一度は食べてみたいと思っていたのがキャラメルアップル。去年11月、この町の⑤“Rocky Mountain Chocolate Factory”にてその機会に恵まれました。とは言っても、丸ごと1個のリンゴを、キャラメル、もしくはチョコレートでコーティングし、ナッツやマシュマロをトッピングしたシンプルなお菓子でした。

                                                                                                                10  11

  このチョコレートファクトリーが面する一本道が、デュランゴのメインストリートとなり、たくさんの店が軒を並べます。

⑤から1ブロック歩くと小さなカフェを見付けることが出来ます。⑥“Magpies Newsstand Cafe”は世界的な有名誌からマイナーなものまで、アメリカで流通する大量の雑誌を販売しています。

                                                                                                                                                             12 13

この向かい側にあるカフェ、⑦“Durango Coffee Company”はデュランゴに住む人々の憩いの場になっているような印象です。店舗の奥では、幅広い料理雑貨を扱っており、珍しいものに溢れています。

 14

 メインストリートには、がらくたのようなヴィンテージ中古品を売っていたり、ショーウィンドーに謎のオブジェが並んでいたりと、何を扱っているのかよく分からない店も多くあります。人に何か贈り物を渡したいとき、少し困る町ですが、私の場合まずここに行きます。⑧“Urban Market”。ちょうど良いギフトが必ず見付けられる店です。

 15

 

アメリカに来てから、中華レストランの多さには驚きました。チェーン店のパンダ・エクスプレス、駅のテナントとして入る個人経営の店など至る所にあります。

この町にあるのは台湾出身だという年配の女性が経営する⑨“May Palace Restaurant”です。皿に大量に盛られたエビチリやレモンチキンなど安く食べることが出来ます。食べ残しはこのパックに入れて持ち帰れるので安心です。   

 

  16 17
 

最後はMay palaceの向かい側左手にある書店、⑩“Maria’s bookshop”です。取り扱っているのはもちろん洋書ばかりですが、壁一面の棚に並べられた本の1つ1つを見ているだけでも楽しめる場所です。

                                                                                                                          19   18 

 

 

 

 

 

 

 

今回紹介した場所の多くはメインストリートに集中していますが、町を細かく散策していると、レストラン等に限らず面白い風景を必ず発見できます。

この大学での留学を予定されている方は、町を歩き回り、デュランゴの町の何でもないような景色を目にされることをお勧めします。

 

 


カテゴリー: 2014秋, フォート・ルイス大学, 留学レポート
{z[