post

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 狩浦愛沙佳(2015年4月)

こんにちは。去年の9月からOxford Brookes Universityに留学している、英米学科2年狩浦愛沙佳です。今月のレポートは私が担当します。こっちに来てあっという間に半年が過ぎてしまいました。オックスフォードにも桜が咲き始め、日もだいぶ長くなり、昼間は半そでの人を見かけるほどだいぶ暖かくなってきました。最近は、いよいよ2ヶ月後の帰国が迫ってきたなと日々感じています。

 
unnamed (1)

私は、前期はUniversity Englishという語学に重点を置く授業を受講していました。毎日1技能ずつ4時間みっちりの授業でした。エッセーの書き方やプレゼンの仕方など、少人数のクラスで多くの基礎的な知識を学ぶことができました。日本の授業とは違い、グループやペアで話す機会が多くあり、そこでしっかりと自分の意見を言えることが大事です。語学の授業なのでネイティブは一人もいませんが、自分たちと同じように英語を学ぶ生徒ばかりなので友達も作りやすいです。

2月から後期が始まり、早くも2ヶ月が経ちました。前期とは違い、今は他の学生と同じ授業を受講していますが、私はインターナショナル生徒向けの科目を多めに受講しているため、ネイティブと同じ授業を取っているは学生より少し課題が楽な気がします。それでも、課題をこなすためには何時間も図書館で勉強する必要があるため、日本の授業よりはるかにきついです。学期は全部で12週間あり、先週8週目が終わりました。どの科目も最終エッセーや課題が出て、これからさらに大変になると思いますが、頑張りたいと思います。

 

ここからは、学業以外のことについてお話します。今学期は授業が週3日なので、それ以外は休みです。週末は友達とロンドンに行ったり、夜はパブに行ったり楽しく過ごしています。オックスフォードからロンドンまではバスで2時間もかからず行けるので、他の日本の生徒もよく行っている気がします。


unnamed (2)

オックスフォードは、天気がよかったり悪かったり変化が激しいですが、個人的にとても住みやすく寮にもとても愛着がわいて、帰国するのが寂しいくらいです。私のフラットメートはインターナショナルでみんな仲がよく、キッチンは共有ですが、みんなきれい好きなのでその点で困ることはありません。ただ、全体的にフラットメートとキッチン利用のことでトラブルになるケースは多いので、それは本当にフラットメート次第です。

 unnamed (3)

私は、イギリスに来ていろいろな人と出会う中で、たくさん刺激を受けました。将来自分は何がしたいのか、日本に帰って自分がすべきことは何なのか、自分自身について考える機会がとても増えました。残り約2ヶ月、人との出会いを大切に、悔いのないよう思いっきり楽しんできたいと思います。

 


unnamed

 

 

 


カテゴリー: 2014, オックスフォードブルックス大学
{z[
カテゴリー