post

【留学レポート】仁川大学 稲葉わたな(2015年5月)

こんにちは。韓国・仁川大学に留学中の稲葉です。今回は、仁川大学のキャンパスの中でもひときわ目立つ、Global Islandをご紹介したいと思います。

 

1砂時計のような形をしているこの建物はGlobal Islandと呼ばれています。1階と2階には、くつろぐことのできるソファーがあり、また音楽もかかっているので、一見少しポップなただのカフェのようですが、外国人との交流と外国語での会話・実践練習を目的としている施設です。

驚くことにこの建物の中では、原則的に韓国語を話すことが禁止されています。1階のカフェではかなりお手頃な値段でコーヒーなどを注文することができますが、その際にも韓国語以外の言語で注文しなければいけません。

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月曜から金曜まで毎日、大学のネイティブの英語の先生方がGlobal Islandにいらっしゃるほか、外国人留学生も週3時間それぞれの母国語の先生として韓国人学生と交流をしています。

今学期は、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、そして日本語担当の留学生がいますが、実は私も3月からここで日本語担当として働いています。お昼時になると席がなくなるほど、たくさんの学生が訪れ、さまざまな言語が飛び交うこの空間は、とても刺激的です。

 

そして3階から6階は、窓ひとつない空間に螺旋状の階段がぐるぐるあるだけなのですが、最上階の7階はなんと展望台になっています。3

仁川大学のキャンパスはもちろんのこと、その周辺の街並みも一望できます。

水平線に沈む夕日はかなりの絶景でオススメです!


カテゴリー: 2014秋, 仁川大学校, 留学レポート
{z[