post

JENESYS2015 ASEAN諸国への海外派遣プログラム参加者募集(終了しました)

 IMG_0242

日本政府が推進する対日理解促進交流プログラムでは、日本とアジア大洋州の各国・地域との間で、将来、各界で活躍が期待される優秀な人材を招へい・派遣し、対日理解の促進、親日派・知日派の発掘、我が国の外交基盤の拡充を目指します。また、被招へい者・被派遣者に、日本の外交姿勢、日本の魅力等を積極的に発信してもらい、国際社会における対日イメージ向上や日本への持続的な関心の増進に寄与します。JENESYS2015は、こうした目的を持つプログラムであり、ASEAN諸国への海外派遣プログラム参加者を募集します。

参加者:当事業の目的を理解し、積極的に発信できる大学生・大学院生
派遣人数:合計114名(各国22~23名)
派遣対象国:タイ、シンガポール、ミャンマー、ラオス、マレーシア
実施期間:タイ(2015年11月9日~11月18日)、シンガポール(2016年1月11日~1月20日)、ミャンマー(2016年1月18日~1月27日)、ラオス(2016年2月15日~2月24日)、マレーシア(2016年3月14日~3月23日)
※本学での授業及び試験期間にかかるプログラムについて特別措置は予定していません。よって、実質的にはラオス、マレーシアが対象となります。
参加費:無料(一部自己負担あり)
応募資格:30歳以下 大学生(5名1組or10名1組)大学院生(2~3名)でのグループ応募
応募方法:エントリーフォームの提出
応募締切:2015年8月17日(学内締切8月12日)

※詳細は一般財団法人日本国際協力センター(JICE)のホームページ http://sv2.jice.org/news/JENESYS2015KAKEHASHI.hakenprogram.pdf で確認してください。

派遣先では、関係機関視察とともに、日本を紹介するプレゼンテーション及び実演(①外交、歴史、文化、自然、地域の魅力、先端技術②伝統芸能、ポップカルチャー等のどちらか一方をプレゼンテーション、もう一方を実演する)を通した青少年交流を行います。希望する学生は、添付ファイルの「参加募集案内」を熟読の上、必要書類を揃えて8/12(水)までに国際教育交流センターまで申し込んでください。

なお、このプログラムはグループ応募方式(学部生は5名1組or10名1組、大学院生は2~3名1組)となりますので、応募の際にはこれを満たす形でお願いします。

(問い合わせ)北方キャンパス国際教育交流センター 担当:緒方(内線2981、TEL964-4202)

 

 


カテゴリー: 新着情報
{z[