post

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉深川活水(2015.3派遣)

皆さんこんにちは。文学部比較文化学科の深川活水です。私は現在、アメリカのタコマコミュニティカレッジに留学中です。約半年間に及ぶ留学生活も早いもので、残すところ3週間ほどとなってしまいました。TCCで学ぶ日々は今週が最終週で、今はレポートやテストに追われる日々です。学校での授業や休暇中の過ごし方については他の学生が書いてくれているので、私はアメリカでの食生活について、写真を交えながらお伝えしたいと思います。アメリカには様々な人種の人達が暮らしているので、食文化も多様です。一般的な家庭で食べられる食事にはピザやハンバーガー、ステーキなどがあります。それぞれの家庭によりますが、私のホストマザーは毎日必ずサラダを出してくれるので日本にいる時よりも多く野菜を食べています。写真は夕食によく出てくるメニューの、チキンとパスタです。

写真1 チキン写真2 パスタ

タコス、ナチョスといったメキシカンもよく出ます。写真の料理はナチョスです。

写真3 ナチョス

学校の近くにもメキシカンのファストフード店や、ベトナム料理店もあります。

写真4 タコス写真5 生春巻き

この写真は、それらのお店のタコスと生春巻きです。皆さんが気になるのは日本食事情かと思いますが、ほとんどの日本食屋さんは「TERIYAKI」という名前です。どのTERIYAKIに行っても必ずあるのがChicken Teriyakiです。写真は学校の近くにあるお店のものです。

写真6 テリヤキチキン

お寿司のお店もありますが、日本より値段は高く、ネタは小さくて種類が少ないです。分かりにくいですが、写真はタコマの回転寿司店の様子です。

写真7 回転寿司

シアトルのチャイナタウンまで行けば、写真のような日本と同じカレーライスを食べることもできます。

写真8 カレーライス

ここまでたくさんの料理を紹介しましたが、この他にも、日本では中々味わえない料理がたくさんあります。日本食は恋しくなりますが、アメリカでは食を通して文化の違いが学べるので面白いです。


カテゴリー: News, タコマ・コミュニティカレッジ, 留学レポート
{z[
カテゴリー