post

【留学レポート】カーディフ大学 仮屋沙季 (2015年9月)

みなさんこんにちは。文学部比較文化学科4年の仮屋です。私はカーディフ大学ではModern Languageに所属しています。Modern languageは今年から選択肢に加わり、Business schoolかModern languageのどちらに所属するか決めるという形になりました。こちらに来てもうすぐ二週間ですが、みなさんにとって役に立つ情報を発信できればと思います。

 

私はカーディフに行くとき、’Coach collection service’ を利用しました。Coachというのは長距離バスのことを指すのですが、これはカーディフ大学のスタッフが空港に迎えに来て大学までバスで送ってくれるサービスです。ちなみに今年は9月16日と17日でした。私はイギリスに来たのが初めてで不安もありましたが、このサービスがあってとても安心しました。これを通じて友達もできたのでとても心強かったです。なので、飛行機を取る際はCoach collectionに合わせてとるといいのかもしれません。

 

最近はFreshers’ Weekといって、Societies / Sports Fayre(サークル紹介)、キャンパスツアーやバスツアー、その他イベントが行われました。サークル紹介ではそれぞれブースがあり、興味のあるサークルを見てまわりました。サークルの種類はとても豊富なので、新しいことに挑戦するよい機会になると思いました。会場は人が多くてまわるのが大変でした(笑)

また、自分が所属している学部のInduction / Welcome EventでModern languageを専攻している学生にたくさん出会い、「どこ出身?」「何の授業をとるの?」といったことを話したりして仲良くなりました。

 

授業も今週から始まりましたが、この交換留学を通じていろいろなことを学んでいきたいと思います。写真は大学のMain buildingの一部、私の寮、寮から大学までの道のりです。

1

 2

3

 


カテゴリー: 2015秋, カーディフ大学, 留学レポート
{z[
カテゴリー