post

【留学レポート】サラワク大学 (中川徳仁)2015年10月

こんにちは。マレーシアはサラワク大学に留学中の国際関係学科3年中川徳仁です。

サラワク大学は、首都クアラルンプールから飛行機で2時間弱のボルネオ島のクチンというところにあり、他民族他宗教のため異文化体験には最適の場所です。文化宗教など何もかもが違うため、日本で当たり前と思っていたことがこっちでは通用しません。また、国民性は日本人に似ていてシャイな人が多く、またみんなのんびりしています。仕事ものんびりしていて働いている人ほとんどが携帯いじったり喋りながら仕事しています笑

写真1

 クチンはマレー語で猫を意味します。猫の町というだけあって学内では猫をたくさん見かけます。写真は寮の中に住んでた猫の家族です。

 

こちらに来てから1か月経ち、少しずつこちらの生活にも慣れてきました。気候、食事、習慣…とにかくすべてが違います。気候の面では、気温は多分日本の夏と変わりないのですが、とにかく湿気がすごいです。ずっと梅雨のじめじめが続く感じです。食事はほとんどすべての料理が脂っこくて辛いです。習慣に関しては書ききれないぐらいたくさんの違いがあります。

ここでの留学は語学留学と考えるよりも異文化体験と考えた方がいいかと思います。笑

ただ、いろんなことを体験できるので、今まで知らなかった自分とか、自分が興味のあることやりたいことはみつけやすいと思います。自分も1か月でいろいろ考えることができました。

写真2

 大学の敷地は北九大が20個ぐらい入るんじゃないかってゆうぐらい広大で、ゴルフ場もあります。写真は学内の湖で北九大が3つは入りそうな大きさです。少し見えてる白い建物はIslamic Centerといい、お祈りの際に使われています。

 

書きたいことはまだまだありますが、それはまた次回。次回僕が担当するのは1月になると思うので、試験のことについて書けたらな、と思います。それでは。

Terima kasih!!


カテゴリー: 2014秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート
{z[