post

【留学レポート】カリフォルニア州立大学 谷本晴香(2015年11月)

こんにちは。カリフォルニア州立大学(CSUMB)に留学している英米学科2年の谷本晴香です。

 

こちらも少し寒くなってきましたが、日中は半袖で過ごせるぐらい暑くなる日もあります。服装の調整が少し大変ですが、雨もほとんど降らないので本当に過ごしやすい環境です。

 

今回、わたしは授業の様子について紹介しようと思います。

 1

 

わたしはJapanese Service Learningという授業を取っていて、日本語学科のアメリカ人学生と日本からの留学生で毎週学校の近くにある小学校に行って日本の文化を教えています。この授業はアクティビティだけではなく、多文化性、アイデンティティ、教育などについて毎週ディスカッションやプレゼンを行います。大変ですがその分学ぶことがたくさんあってとても充実しています。

 

CSUMBには日本語学科があるので日本に関連した授業が多く、また日本語の授業にアシスタントとして参加することもできます。日本に興味がある学生がたくさんいるので友達を作るのには日本語学科の授業を取ることをおすすめします。

 

他には観光学やWriting、エアロビクスを履修しています。CSUMBは小規模のクラスが多く、ほとんどが定員20~30人のクラスです。

 2

これは一番後ろの席から撮ったのですがだいたいこのサイズの教室で授業を受けています。

そのためどの授業でも先生に名前を覚えてもらえるし、いつも質問や発言が飛び交っています。授業によって違うと思いますが、わたしが受けている授業はすべて雰囲気がよく、留学生に優しくしてくれるので勉強するのにも良い環境だと感じています。

 

先日はハロウィンでした。10月は町中どこでもハロウィンで盛り上がっていてとても楽しかったです。

 3

 

ハロウィンの日には仮装してパーティーに参加しました。クラブチックなパーティーでアメリカ人の仮装のレベルと盛り上がり方に圧倒されていました(笑)

 4

 

ハロウィンが終わると感謝祭やクリスマスが待っています。イベントを楽しみにしながらこれからの期末のテストやプレゼンに向けてがんばります!


カテゴリー: 2015秋, カリフォルニア州立大学, 留学レポート
{z[