post

【留学レポート】カーディフ大学 仮屋沙季(2015年11月分)

みなさんこんにちは。こちらに来てからあっという間に2ヶ月が過ぎ、だんだん寒くなってきました。カーディフでの生活にもだいぶ慣れてきたと思います。

今回は授業やサークル、その他activityについて少し紹介したいと思います。

 

まずは授業についてですが、カーディフ大学に交換留学をする際は自分の学部(Business schoolもしくはModern language)から最低3分の2、他学部から最大3分の1、授業が取れるという仕組みになっています。カーディフに興味がある人は、それぞれの学部でどんな授業が取れるのかをまず調べてみるといいのかもしれません。

私はこちらに来てからフランス語を学び始めました。日本語ではなく英語で言語を学ぶというのはまた違った感じで面白いと思います。授業についていくのは大変ですが、フランス人の友達に授業で分からなかったところを質問したりして頑張っています。

 

また、学部の授業とは別に’In-Sessional Programme’ といってinternational student用の授業も受けています。そのプログラムでは私はAcademic Writingを受講しています。他にもListening & Note-taking, Pronunciation Skills, Reading Strategies, Seminar Skills等もあるので、留学生活において役に立つのではないかと思います。

 

次にサークルについてですが、以前レポートに書いた通り種類が豊富なので、私はどのサークルに入るかすぐには決められなかったです。なので、Taster Sessionに参加して決めました。Taster Sessionというのは体験入部のようなもので、それぞれのサークルの雰囲気などを知ることができます。ちなみに私は4つのサークルに入りました。先日は自分が所属しているOperatic Societyのコンサートがありました。オペラのサークルは音楽を専攻している学生が多く、イギリス人がほとんどですがみんなとても親切です。初めてのコンサートは少し緊張しましたがとても楽しめました。

 

最後に大学が運営しているactivityについて少し紹介して締めくくりたいと思います。私は最近、’Brecon Beacons Waterfalls Walk’というハイキングのイベントに参加しました。自然に囲まれ、とてもリフレッシュできたのでよかったです。他にもFilm nightといって学生のみんなで映画を見て楽しむものやday tripもあります。今度あるday tripはBathのChristmas Marketを体験するというイベントで、とても面白そうです。

 

写真はBrecon Beaconsに行った時に撮ったもの、週末にロンドンに行った時の写真です。

1

 2

3


カテゴリー: 2015秋, カーディフ大学, 留学レポート
{z[
カテゴリー