post

【留学レポート】 北京語言大学 山本きらら(2015年12月)

 みなさん、こんにちは。北京語言大学に派遣留学中の山本 きららです。

 12月に入りました。こちらにきて時間が過ぎるのが本当に早いです。また、寂しいことに、今回が私の最後のレポートとなります。最後のレポートというとなんだか書きたいことが色々と溢れ出してきて、さて何から書こうかといったような感じがしますが、ここはいつも通り最近の北京の天気から書き始めたいと思います。

 北京では、10月後半から急に冷たい風が吹き出し、気温もぐっと下がり、なんと11月6日に初雪が降りました。朝起きると、ふと雪が積もった日の独特の静けさを感じたので、まさかと思いカーテンを開けて外を見ると、案の定うっすらとでしたが積もっていました。

12月_1

またその日の登校中、雪を見たことのないタイ人の友人はあらゆるところで立ち止まり、写真を撮り、またビデオも回しながら登校していました。(とても寒い日でしたがなんだか温かい気持ちになりました。笑)今は、さらに気温が下がり、最高気温でさえ零下と言った状況です。

 空気については、多くの家庭で暖房器具が作動し始めたせいか、汚染が本当にひどいです。10月頃までは1週間に1,2回は青空が顔を出していたのですが、11月に入ってからは、2週間に1回、青空が見られるかなといった感じです。汚染濃度も日によってはかなり高く、本当に日本に逃げ帰りたくなりますが、一方では「やっと北京らしさがでてきたぞ」といったような感じもします。

 さて、私の留学生活ですが、今週、HSK(中国語能力検定)を受験することになっており、また外は汚染もひどいため、週末等は部屋に引きこもって勉強をするか、友人と遊ぶと言っても部屋で過ごすことが多いです。近頃は外にご飯を食べに行くのも空気汚染のせいであまり気が乗らないため、自炊をすることも多々あります。中国は野菜が安いので、カレールーや何か鍋の素のようなものを持って来ているとかなり使えます。私は先週、日本から持ってきていたルーを使ってカレーを作り、友達にふるまいました。

 12月_2

 みんな美味しい美味しいといって食べてくれたので、とても嬉しかったです。さらに2日目は余った野菜を使って煮物と雑炊を作りました。

 12月_3

こちらでは脂っこいもの等、胃に負担がかかるものばかりをどうしても食べてしまうので、たまにこういったあっさりしたものが食べたくなります。

 私もこちらに来て気づいたのですが、外国人は基本、日本食が大好きです。食堂にある日本食レストランはお昼時、夕飯時いつも満員です。日本から使えそうな調味料等を持って来て(中国で買うととても高いため)、彼らに何か作ってあげるときっと喜んでくれると思います。

 最後のレポートということで気合いが入りすぎて、逆に空回りしてしまった気がしますが、留学レポートこれにて終了させていただきます。

 拙い文章であったかとは思いますが、ご愛読いただいたみなさま、ありがとうございました。谢谢


カテゴリー: 2015春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート
{z[