post

【留学レポート】オックスフォードブルックス大学 中村奈津子(2016年1月)

1

 

こんにちは。

今月の留学体験記を務めさせていただきます、比較文化学科4年の中村奈津子です。せっかく投稿させていただきますので、ここではこれから留学する方・留学に興味をお持ちの方のお力になれるような話をしたいと思います。

 

イギリスに来て早くも4ヶ月目。振り返って、先ず思うことは「最初は何もかも必死だったな」です。

食文化が違い、物価も高い。フライパンや布団なども買い揃えなければならない。「色々することがあるけれど、でも現地の友達作りもしなくては!」と生き込んでいたのを覚えています。

なので、こちらへ来た当初はほぼ毎日のように買い物に行き、そしてIECやESNなどの留学生のためのイベントに積極的に参加していました。色々な各地から来た人と話し、フラットメイトとも話し…それでも当初はなかなか仲の良い友達ができませんでした。けれど、周りには既に現地の友達ができた人もおり、「私も早く友達を作らないと!」と焦るばかりだったのを覚えています。そんな私から、今後留学をするかもしれない方達に一言。

焦る必要はありません!

同じ日本人同士でも、合う・合わないがあるのと一緒です。マンションで部屋が隣だからと言って必ずしも仲が良くなるわけではないのと一緒です。ただ、気の合う友達に会えるかどうかの問題なので、「自分のペースでやればいい」ということを忘れないで欲しいです。現に、なかなか仲の良い友達ができなかった私ですが、最終的には香港から来たカトリーナやガーナ出身のアフィア、ベトナム出身のバオ、(出身忘れたけど)マリカやマムナなどの仲のいい友達ができました。スペイン語の授業では休み時間にたわいもない話を皆でして、時々外にご飯を食べに行ったりもしました。

 だからと言って受け身でいてはなりません。その気の合う人に会えるかどうかは、運も勿論関係あるでしょうが、自分がどれだけ積極的に行動したかによると思います。仲を深めれば一緒に過ごす時間も多く作れるだろうし、色々な人と会う機会を自ら作ればイベントも発生します(笑)例えば、スコーン作りをしたり、サンクスギヴィングの食事会に招待されたり、一緒にクリスマスクッキーを作ったりなどなど…です(美味しかった)。また、オックスフォードでは様々なイベントが頻繁に行われているので、Facebookでそういった情報を積極的にチェックするのも良いかと思います。楽しいだけでなく、人との繋がりも増えるのでお勧めです。

取り敢えず、私が一番伝えたかったことは「焦らないで、自分のペースでやること」です。人それぞれなので、私のように他の人と比べて落ち込むような真似をしないでください(笑)

本当は私も明るくイギリスの生活について書こうかと思ったのですが、

「今の自分から、留学が始まったばかりの自分へ送る言葉って言ったら…」

と考えた時に出てきたのが上記の内容でしたので、恥ずかしながらも赤裸々に打ち明けさせていただきました。今後、これが少しでも留学する人達に元気を与えられたらと思います。

 

それでは、長くなってきましたのでここらで締めようかと思います。

今月はまるまる冬休みな為、12日から約2週間かけてドイツ・チェコ・イタリアへ旅行に行く私ですが、後期が始まったらまた友達作りも勉強も頑張ります。またとない機会なので、後悔のないようこの留学を充実したものにし、6ヶ月後には成長した姿で無事帰国したいと思います。

ありがとうございました。


カテゴリー: 2015秋, オックスフォードブルックス大学, 留学レポート
{z[