post

【留学レポート】タマサート大学 中島佳乃(2016年3月)

こんにちは、国際関係学科3年の中島佳乃です。私にとって最後の留学ブログを更新させて頂きます。

 こちらの大学では1月から新しいセメスターが始まりました。私はIntermediate Thaiというタイ語の授業やIslam in Thailandというイスラム教について学ぶ授業を受けています。特にIslam in Thailandの授業は個人的にとても興味がある分野の授業で、イスラム教自体のことだけでなく、タイに住んでいるイスラム教徒の人々や現在タイで起こっているタイ南部の暴動問題なども学ぶことができ、とても満足しています。また、タイ語のクラスではspeakingだけでなくwritingの勉強も始まりますます難しくなりましたが、クラスの雰囲気もよく、とても楽しく勉強できています。

 タマサート大学は他の交換留学校とは異なる特徴をいくつか持っていると思います。まず、海外留学生は基本的に学生寮に住まず(住むことは出来ますが、学校から遠いため住んでいる人はほとんどいないと思います)アパートに住んでいます。ただ、みんなが住むアパートは近くにあるので友達とはいつでも会うことが出来ます。また、タマサート大学に留学している学生は大学の勉強だけでなく、自分の好きなこと・やりたいことに打ち込んでいる人が多いと感じます。タイ語に興味がある友人は語学学校に通っていますし、タイの抱える格差や国際協力に興味がある友人はボランティアに積極的に参加しています。私はこれが他の大学とは異なる最大の特徴なのではないかと考えています。

留学生活はとても楽しく充実していますし、タイという国自体にまだまだ飽きがきていません!未だに新しい発見があったりして、本当にタイという国にワクワクし続けています。残り4分の1のタイ生活も存分に楽しみたいと思います。

 1

↑タイ南部・クラビの海!とてもキレイでした。


カテゴリー: 2015秋, タマサート大学, 留学レポート
{z[