post

【留学レポート】韓国海洋大学校 野口梨子(2016年3月)

遅くなりましたが1月の報告をさせて頂きます、国際関係学科の野口梨子です。

韓国海洋大学校では12月の後半から2月の末まで長期休暇でした。

今回の報告では長期期間中の過ごし方について報告しようと思います。

 

韓国人学生のほとんどは実家に帰省しますが、留学生の場合、別途休暇期間の寮費を支払うことで休暇中も滞在することが出来ます。また私の場合、年末年始は日本で過ごし、1月の大半はまた韓国で、そして2月は日本に帰省するという形を取りました。

 

このような形をとった理由は、私は今学期から4年生になるので日本で行われる就活準備講座やインターシップに参加したい、また同時にようやく身についてきた韓国語を長期休暇中、より向上させたいという思いがあったからです。

 

1月は韓国語能力試験TOPIKの1番高い級である6級を目指して勉強をしていました。が、残念ながら5級に合格という結果に終わりました。

履歴書に6級と記入したい…ので継続して勉強中です!

ここでTOPIKを受けるとき注意しておくべきことがあるのですが、学校に近くの試験会場で試験を受けようと思うのであれば、受付開始からすぐに申請を出すことです。

빨리빨리 해야지ㅎㅎです。

私は申請にてこずってしまい、結局バスを乗り継いで3時間程度かかる会場で受けることになりました…

 13

 

 

 

 

TOPIKの勉強以外では、TOEICを受けに行ってみたり、留学生の友達と釜山を探検したり、韓国人の友達と食事をしに行ったり…

私のおすすめはお洒落なカフェを探してそこで勉強することです。

韓国には店員さんと話すことも勉強になりますし!

 

 

 

 

韓国はカフェだらけです。

 14

という締まりのない文章となってしまいましたが、以上で1月の報告を終えたいと思います。


カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学
{z[