post

【留学レポート】同済大学 大浦紗和子 2016年3月

 みなさん、こんにちは。同済大学に留学中の大浦です。時間が過ぎるのは本当に早いもので、こちらに来て既に一か月が経ちました。こちらは現在比較的暖かく、桜が満開の状況です。私が暮らしている留学生宿舎から教室まで徒歩15分程ですが、最近は毎朝、桜並木の通学路を歩いて登校して、気分が良いです。

201603-1 

 では、授業についてお伝えしたいと思います。私が所属するクラスは、日本、韓国、フランス、ドイツ、モロッコなど、様々な国の仲間が在籍しており、様々な背景を持った人々がいます。授業は中国人の先生が行い、全て中国語で授業をします。中国語の単語の説明も、中国語で行うので、最初の頃はとても聞き慣れない中国語に困惑していましたが、今では随分慣れて、クラスメイトと楽しく授業に参加しております。クラスメイトは中国語を学びに来たから英語はペラペラに話せて当たり前だ、という感覚で、日常会話は英語をよく使います。そのため、中国語だけでなく、自分の英会話力もこちらに来て向上したのではないかと思います。先生方もとても優しく、フレンドリーで、日本に留学していた先生は、たまに日本語で私たちを応援してくれるので毎日愉快です。 

 週末は、友人と観光したり、買い物したりと充実した週末を送っております。上海は観光地がたくさんあるので、まだまだ訪れてない場所がたくさんあります。これから上海の様々な土地を巡って、上海の虜となることでしょう。買い物では、値段交渉をする際、一生懸命粘って店員とたくさん話して値段を下げています。このことが、私の中国語の会話力の向上に響いていると思います。現地の人々と会話して、相手の言葉を聞き取ることができ、私の言葉を聞き取って貰うことができた時はとても嬉しいです。

 最近は、中国人の友人に紹介してもらった台湾人と香港人と一緒に火鍋を食べに行ったり、動物園に遊びに行きました。台湾人9人、香港人4人、日本人1人という状況で、会話することはとても難しいのではないかと思っていましたが、英語で話してくれたり、中国語をゆっくりと話してくれました。また、私が日本語を教えてあげたりと、自分の中国語も英語も理解して貰えて、とても楽しく会話することができ、このことが、私にたくさんの勇気、希望、そして自信を与えました。

201603-3  201603-2

そして、人生初の本場のパンダを見ることができました。動物園の中で、パンダのいる敷地が一番大きいのではないかと感じました。それぐらいにガードが固いようでした。しかし、私が想像していた白と黒のパンダはおらず、とても汚れた茶色と黒のパンダがいました。見た目のガードは固くても、大事にされているのか、疑問に感じました。

201603-4 201603-5

以上で、3月の報告を終わります。ありがとうございます。

 


カテゴリー: 2016春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー