post

【留学レポート】 仁川大学校 有働遥佳 2016年3月

こんにちは。韓国、仁川大学校に留学中の国際関係学科3年の有働です。約2ヵ月半の長かった冬休みも終わり、こちらでは新学期が始まって一か月が経ちました。韓国は日本と同じく春入学ですが、開講は3月2日からとなっており、日本の大学よりも一か月早く新学期を迎えます。今回は、こちら韓国の新学期の様子と最近の活動を報告させていただきたいと思います。

 

まず、受講申請に当たっては、インターネットから決められた期間に申請するようになっています。受講申請期間は短いので、事前にきちんと確認して早めに時間割を組んでおく必要があります。万が一受講申請期間を逃した場合は、修正期間が一週間あるのでその時に申請しましょう。また、留学生は基本的に自分の所属する学科の授業をとりますが、他学科の授業も受講することができます。私はこちらでは国語国文学科に所属しているのですが、日本語学科の授業も受けています。日本語学科の授業だからといって日本語を学んでいるわけではなく、日本と韓国の文化の違いなどを学べて楽しいです。

 

授業以外でも、土日の休みを利用して旅行に行ったり、最近は桜が満開なので花見に行ったりもしました。ソウルの漢江(ハンガン)という大きな川には、天気が悪かったにも関わらず、花見をしに来た人が非常に多く、正直花見どころではなかったです。

 

 E

また、春になると韓国で桜と同じくらい高頻度で見かけるのが、ゲナリという花です。(日本語でレンギョウ)日本ではそんなにポピュラーではないゲナリですが、韓国では本当にそこら中に咲いているのを見かけます。黄色くて小さな花です。

 

 FG

 

 

このように、桜に交じって咲いている場合もあります。

 

韓国に来て約7ヵ月が経ち、だいぶ韓国での生活に慣れたのもあり、前の学期よりも充実した日々を送れています。留学生活も後半戦に入ったので気を引き締めて、残りの留学生活もさらに充実させていきたいと思います。


カテゴリー: 2015秋, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー