post

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉加藤翔子 (2016.3月派遣)

 

tacoma

 

 こんにちは。アメリカ、タコマコミュニティーカレッジに留学中の国際関係学科3年の加藤翔子です。アメリカに来てから約3週間が経ちました。今回は初めにタコマの町について紹介したいと思います。タコマは北海道よりも高緯度に位置しますが、すでに半袖を着られるくらい暖かい日もあります。冬は天気が悪い日が続き、鬱になりそうだったということを聞いたことがありますが、私がここに来た3月下旬からはほぼ毎日快晴で、毎日すがすがしい朝を迎えることができます。タコマコミュニティーカレッジからはマウントレーニアという標高4394mの山がきれいに見え、あまりの美しさにいまだに毎朝感動しています。(笑)日本とは比べ物にならない広さの公園や、眺めの良い海も学校から歩いて行ける距離にあります。また、学校の隣には大きなス-パーマーケットやファストフード店があり、いつでも寄ることができるなど、タコマコミュニティーカレッジは最高の立地です。小倉から博多に行く感覚で、タコマからシアトルに遊びに行くこともできます。(小倉‐博多間約73キロ、タコマ‐シアトル間約55キロ)公共交通機関の料金はとても安く、バスで片道3.75ドル(所要時間1時間弱)です。シアトルではショッピングや観光、シアトルマリナーズの野球観戦を思い存分楽しめます。

次に学校について少し紹介したいと思います。タコマコミュニティーカレッジは国際色豊かで、様々な国出身の生徒がいます。アメリカ人はもちろん、中国、韓国、台湾、ベトナム、インドネシアなど各国出身の友達とご飯を食べたり、遊んだりしています。本当に毎日楽しく充実した生活を送っていますが、実りのある半年にできるようこれからの5か月はさらに精進していこうと思います。


カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ(16期)
{z[