post

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉牛島沙椰(2016.3月派遣)

こんにちは。英米学科の牛島沙椰です。タコマ・コミュニティカレッジでの留学が始まり約2か月が経ちました。今回は、主に大学の授業についてお伝えしたいと思います。

IMG_7955 (1)

 春派遣のタコマ留学では、春のクオーターと夏のクオーターに分けられます。春のクオーターでは、4つの授業があり、月水金、火木、で同じ授業があります。4つのうち3つは留学生向けの授業のため、先生方も私たちが聞き取れるように英語を話してくれます。プレゼンテーションの仕方、発音や日常会話など、英語力を向上させるための様々な授業があります。そして、もう1つのヒストリーという授業は現地の生徒も受けている授業で、ナチュラルなスピードで授業が進んでいくので慣れるのに少し時間がかかります。授業自体は、毎週映画を観てレポートを提出していくものです。また、ディスカッションもあり、授業への積極的な態度が大切です。もし不安なことがあれば、サポートをしてくださる方がたくさんいるので、安心して勉強することができます。毎日、授業の終わる時間が早いので、課題をしたり、友達とおしゃべりをしたりすることができます。日本と比べると課題が多く、大変なこともありますが、充実した生活を送っています。

 IMG_6230 (1)

残りの留学生活も有意義なものにし、成長できるように頑張っていこうと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


カテゴリー: Event, News, タコマ・コミュニティカレッジ(16期), 新着情報, 留学レポート
{z[