post

【留学レポート】 同済大学 鈴木真由 2016年6月

みなさんこんにちは!同済大学留学中の鈴木真由です。

残りの留学生活も1ヶ月を切ってしまいました…。上海の気候はとても気温差が激しくて温度調節が難しいですが、生活にはほとんど慣れて充実した生活が送れています。授業では6月末の期末テストに向けて勉強に取り組んでいます。成績のほとんどが期末テストで決定するので気を引き締めていきたいと思います…!

今回のレポートでは、まず私が所属しているサークル活動について書きたいと思います。私は日語社とテニスサークルの活動に参加しています。日語社は、日本人と中国人の交流をテーマとしたサークルで月に一度イベントがあります。4月は中国人と日本人の間で聞きたいことについて話し合う会があり、5月は日本食を作って一緒に食べよう!という企画で、たこ焼きとカレーをみんなで作りました。このサークルのおかげで中国人の友達がたくさん増えたし、仲良くなった中国人のみんなが本当に優しくてありがたいと思うと同時にもっと中国語で話せるようになりたい!!と刺激を受けます。

テニスサークルは、もともと同済大学の近くの上海外国語大学のテニスサークルなので、同済大学の学生だけでなく、上海外国
語大学、交通大学、財政大学などいろんな学校の友達が出来ました。そのおかげでいろんなところに連れて行ってもらって楽しいです。ボーリングやカラオケや映画館などサークル後にみんなで行くのも楽しみだったりします。6月にはテニスの団体戦に参加することにもなったのでいい思い出ができればいいなと思っています。
  
また、5月末にグローバルヴィレッジという国際交流を目的としたお祭りが開催されました。各国それぞれに催し物があり、日本ブースではヨーヨー釣りと肉じゃがの販売をしました。ほかの国のブースでは民族衣装を着ている人が多くてたくさん写真を撮ったり、いろんな国の料理を食べることができました。日本ブースの手伝いをしていると、日本に興味を持っている人が本当に多くてやりがいがあったのと、改めていろんな国の人とコミュニケーションを取る際の言語がいかに重要であるかを実感することができました。留学を通して、自分が学んでいる中国語を使って、国籍も違えば年齢も違う人たちと交流する機会を得ることができて、勉強意欲も高めることができたし、中国語をもっと使えるようになってもっといろんな人と交流する機会を増やしたいと思いました。私にとってとても良い経験になりました!! 
 
私の留学レポートは今回で最後です!残り少ない留学生活ですが、最後までたくさん現地での経験を増やして、悔いの残らないよう楽しみつつ学習していきたいと思います!!

IMG_5354 IMG_5355


カテゴリー: 2016春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート
{z[