post

【留学レポート】タスマニア大学 松田拓也 (2016年7月)

こんにちは。現在タスマニア大学に留学中の英米学科3年松田拓也です。今月は私がレポートを担当させていただきます。

早いものでここでの留学生活も折り返し地点に差し掛かろうとしています。2週間前に無事前期の試験が終わり、私は今冬休み中です。現在タスマニアは、日中 はそれなりに耐えられる寒さなのですが、朝晩は冷え込み、私は手袋にマフラーといった格好で登下校している状態です。日本で暑さにやられている皆さんは相 当違和感を感じるかもしれませんね(笑)

さて、
今回はこちらでの試験について紹介させていただきたいと思います。タスマニア大学は前期の授業は5月の下旬に終わり、そこからは試験週間ということで一週間の勉強期間が全生徒に与えられます。その一週間は多くの生徒が学校に来て試験勉強をするので、図書館などの施設は常に人で溢れかえっていました。試験の種類は科目によってさまざまで、問いに答える形式や時間内にあるテーマについてのエッセイを書く形式があり、スピーキングの試験を行う科目もありま す。薬学部の私の友人の中には、生徒が薬剤師で先生が患者になり、患者の症状を聞いて適切な処方箋を提案するというようなロールプレイング形式の試験を受 けていた人もいました。私はというと、前もって公開されたテーマについて時間内にエッセイを書くという形式の試験が多かったです。初めは、これは質問に答 えるよりも楽だろうと思ってなめていましたが、実際は相当きつかったです(笑)何がきつかったかというと、まずエッセイのテーマが難しいということ、そし て持ち込みが不可だったので前もって考えた答案をある程度暗記していかなければならなかったということです。科目によってはエッセイ中に他の学者の言った ことを引用するように指示されたものもあり、いくつかの論文(もちろんすべて英語)を読んだり、そこから使えそうな引用個所を探したりするのが大変でし た。そして持ち込み不可の試験なのでその引用の内容も記憶していかなければなりませんからね(笑)テスト期間中は北九大の試験勉強がかわいく見えてくるく らい勉強しました。同じ科目を受けている友人同士で勉強会を開いたり、昼頃から夜の10時くらいまで図書館にこもり、ご飯も食べずノンストップで勉強し続 けたりした日もありました(笑)そんなこんなで必死に対策をしていったおかげで無事試験を終えることができ、それなりに自分の中でも満足できるくらいでき たと思います。結果は来週中くらいに発表されるので、それまでドキドキしながら待っておきます(笑)

何はともあれ前期の日程はこれですべて終了したので、冬休みをのんびり楽しみながらまた2学期からの勉強に向けて力をためたいと思います!!!

勉強のことばかりでつまらないレポートだったと思いますが、最後まで読んでくださりありがとうございました!

勉強中の写真です。試験勉強にもなるとパソコン2個使いをしないと間に合いません!(笑)
image1

今回の空の写真はこちら!!!\(^o^)/
コールズベイという場所での一枚!いやあ、、、海と空のコラボが美しいですね!!
image2


カテゴリー: 2015春, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー