post

【留学レポート】北京語言大学 細田峻佑 2016年8月

期末テストも無事に終わり、夏休みに入りました。早いもので、こちらに来てから5ヶ月が過ぎました。ほぼ折り返し地点です。時間が経つのは早いです。

北九大よりも約1ヶ月早く行われた期末テストですが、テスト期間にカフェに大勢の学生がこもり勉強する姿は、どこに居ても変わらないものだと思いました。テストの出来については、実はまだ成績を見に行っていなくてわかりません。

テストの1つに、2人1組になって、先生の前で与えられた題材で(授業でやったことのあるものなのですが)会話するという内容のものがありました。あまり難しい内容ではなかったので、テストの前日に一緒に準備しようとパートナーと約束していたのですが、テスト前日、僕は高熱、もう1人も体調を崩し、朝から病院へ。その日は、結局、準備できず、次の日のテストも朝早くからあったので、準備がほぼできずにこのテストに挑んだのはちょっときついものがありました。

日本では今頃テスト期間だと思いますが、みなさん体調にはお気をつけて。エアコンつけたまま寝ないことです。

 さて、僕らは、中国の大学の時期としては“後期”から留学を始めました。他の多くの学生はやはり“前期”から来ている人が多く、本科生でない限り、この夏で帰国するという学生がたくさんいました。北京に来てから、いろいろな国の人と知り合うことができましたが、9月から始まる“前期”に、以前仲良くなった人がいないというのはさびしいです。しかし、(留学開始の)“後期”で  はあまり積極的になれない部分もあったので、9月からの“前期”では、残りの留学期間、精一杯頑張ります。

 少しは進歩したであろう中国語ですが、まだまだ中国語の実力に自信を持てていないので、今度、北京でおこなわれる中国人と日本人との合同合宿に参加します。合宿はまだもう少し先なので、少しでも中国人の方々と話せるよう、勉強しようと思います。では、今回のレポートはこの辺で終わります。

 IMG_3207

 IMG_3409


カテゴリー: 2016春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー