post

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉井上莉沙(2016.3月派遣)

こんにちは。外国語学部英米学科2年の井上莉沙です。タコマ留学が終わって半年前までの日本での生活に戻り、今は少し不思議な感覚です。今回は、私がタコマに派遣された3月から帰国した9月までの生活と、その中での私自身の変化を書いていこうと思います。まず、タコマに到着して数週間、時差ボケだったというのもありますが、日本の環境との違いや、これから始まるホストファミリーとの生活への不安などから、毎日気持ちがはりつめていたのを覚えています。ホストファミリーとなにを話そう、友達はできるかな、と色々なことをぐるぐると考えながら過ごしていました。一か月後は、学校生活に少しずつ慣れてきて心に少し余裕を持つことができるようになっていったように思います。UKKの皆と、留学生をサポートしてくれる現地の学生と一緒にシアトルに出かけたり、友達とショッピングモールに行ったり、店員さんに話しかけるのに緊張しながらも毎週どこかに出かけるのを楽しみに生活していました。学校生活に関しては、毎週提出しなければいけないレポートに日々悩まされていました。授業を重ねるごとに難易度があがって大変でしたが、徐々にコツをつかんでいき、1学期が終わって課題を全部こなした後には達成感があり自分に自信を持つことができたので、課題に苦しんだ時間全て無駄ではなかったと思います。

また、私はこの留学中、ホストファミリーにも多く助けられました。私のホストファミリーは、私のことをいつも気遣ってくれて、一緒に食事に行ったり、遊園地に連れていってくれたり、私がアメリカ生活を楽しめるよう考えてくれました。そのおかげで私は毎日充実した生活を送れたと思います。そして、日本に帰る日が近づくにつれて、帰りたくない、このままアメリカで生活したいと思うようになり、残りの日々をより充実させようと考えるようになりました。また、これまでの日々を振り返りながら、日本に帰ったらどんな事を始めよう、自分はこの半年間で何が変わったか、など、いっそう考えるようになりました。私はこの半年間で英語の勉強でけではなく、自分に自信を持ち努力し続けることを改めて学びました。タコマで過ごした時間は、確実に私の人生の中で大きな意味があったと思います。これからの大学生活で今回の経験をしっかり生かしていきたいです。最後までよんでくださりありがとうございました。

2414


カテゴリー: Event, News, イベント, タコマ・コミュニティカレッジ(16期), 新着情報, 留学レポート
{z[