post

【留学レポート】 フォート・ルイス大学 松下 鈴佳子 2016年10月

 初めまして。今月のレポートを担当させていただきます、文学部比較文化学科3年の松下鈴佳子です。私はアメリカのコロラド州、デュランゴという小さな町にあるフォート・ルイス大学へ留学しています。この町はとても穏やかで、綺麗で、住みやすく、大自然に囲まれていて、親切な人々ばかりで、すでに日本に帰りたくないです。(笑)

 

 さてそんな素敵な留学先に来てもう1か月以上たちました。時間が過ぎるのが早すぎて身体と頭がついていけてません。本題の授業は、Native American literature・Accounting・Gender studies・History of Japanの4科目を取っています。とても少なく見えるかもしれませんが、こっちの学校は月水金・火木のセットで同じ授業があるので、全然楽ではありません。むしろ毎日復習・予習・宿題に追われていて自習室に籠ってばかりです。しかし、最初のなにもわからなかった頃に比べ、ついていけるようになり、授業中に楽しさを感じることが出来ています。ご存知の通りかと思いますが、こちらの学生は発言力がすごいです。教授が授業を展開するというよりは、生徒も一緒に展開していくので、面白いです。そしてまたdiscussionをする機会が非常に多いです。小さなグループに分かれてするのですが、同時にみんなが喋りだすのでまだ何を言っているのか聞き取るのが精一杯で自分の意見を言えるようになるには時間がかかりそうです。私にとって一番苦しい授業はGender studies です。日本で考えたことの無かったことを英語で考えるというのはとても努力が必要なことです。そして今その授業の中間テストの準備に追われています。(笑)授業はこんな感じです。次レポートを書くころには成長していますように。

 

 次に、日常生活ですね。私はMearsというアパートに住んでいます。ここにはキッチンがあるので(寮にはありません、そしてミールプランは高額です)毎日自炊をしています。最初は作るのが面倒くさくて、買っていたのですが、こちらの食事は私の口にはやはりあわないようで一週間で3キロ痩せました。(笑)これはいけないと思い自炊し始めました。最初はパスタとか肉を焼くだけとかでしたけど、今では日本食も作れるようになりました。ご飯を食べる時がやはり私にとっては一番幸せなので、どんなに忙しくても外食しないときは作っています。あ、それとここのレストランは全部高いです。寿司を食べたのですが6貫で2500円でした。海がないので仕方ない値段ですが、たぶんもういけないです。(笑)そしてチップも高い!!20%を払うのが当たり前らしくて、なかなか外食できないなと思っています。

 

 週末は部屋に籠っていてもしょうがないので、たくさん出歩いています。

1・2枚目はTellurideという町に行った時の写真です

47

 

 48

3・4枚目はIce Lakeというところにハイキングした時の写真です(もう雪降りました)

49

 

50

5枚目は念願のZiplineです      

 51

超田舎なのでハイキングとか滝に飛び込むとかいう自然とともに過ごすことしか出来ないようですが、こんな体験都会じゃできないし、ましてや日本じゃできないのでめちゃくちゃ楽しいです。

 

長々と書きすぎました。明日からまた出かけてきます!

自己満足のレポートかと思いますが最後まで読んでくださってありがとうございました。では失礼します。


カテゴリー: 2016秋, フォート・ルイス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[