post

【留学レポート】 クイーンズランド大学 阿部 夏実 2016年10月

こんにちは。文学部比較学科3年の阿部夏実です。

早いものでもう10月になり、授業も残すところあと4週となってしまいました。

 

今回は2学期に選択している授業についてお話しさせていただきます。

 

私は4月のレポートでも触れた通り、制限つき入学だったため、1学期は限られた科目から3科目を選択したのですが、無事にその全ての単位を取得することが出来たため、2学期は自分の履修したい科目を自由に選択することができています。現在私が履修している科目は、中国語、言語学、日本文化です。ひとつひとつ紹介していきたいと思います。

 

★中国語 (Written Chinese IB/CHIN2200)

今学期1番楽しんでいる科目です!中国語を学びたいと思ったきっかけは、周りにたくさんの中国人や台湾人の友達がいたことです。この授業は、本当は1学期の続きとなる授業なのですが、特別に先生と面談をして、学期前の休み中に1学期分の内容を自分でカバーするという条件のもと、授業を受ける許可をいただきました。しかし、その休み中の自主学習も、いつもたくさんの友達が助けてくれて、たくさんのことを教えてくれて、とても楽しく、全く勉強を苦痛に感じませんでした。今でも授業後は、毎回ネイティヴの友達に助けを求めていますが、みんなとても丁寧に、喜んで教えてくれます。中間テスト前も、「もう大丈夫?分からないとこない?」ととても気にかけてくれて、おかげで高得点をマークすることができました!

 

★言語学 (Introduction to Linguistics/LING1005)

日本語と中国語を勉強中のオーストラリア人の友達が、「(英語や中国語など)他の言語を勉強するのに興味があるんだったら言語学面白いよ!」とオススメしてくれたことがきっかけで履修した科目です。この授業では、英語だけでなく世界の言語の発音の仕方やパターンを取り扱っているので、「日本語と英語ではここが違うから私はこの発音が出来ないんだ!」と気付くことができ、とても興味深いです。やはり言語の勉強はとても楽しいです。

 

★日本文化 (Japanese Popular Culture/LTCS2006)

自分の文化を外側の視点から見てみたい!と思い、履修した科目です。いろんな人に、「日本人なのになんでわざわざ!」とか、「実際簡単でしょ!」とか言われますが、意外とそんなこともないんです。自分の文化は自分にとっては当たり前なので、私は今までなぜ日本文化はこうなのか、など考えたこともありませんでした。しかし今回、オーストラリア人の先生から学び、いろんな国から集まった生徒の意見を聞いていると、なるほどなぁと私の方が納得させられることが多かったりします。私は比較文化学科に所属していますが、今であまり日本領域の授業を履修してこなかったので、これを機に日本のことをもっと海外の人にも伝えられるよう、日本領域の知識も増やしていきたいなと思っています。

 

今期全体を通して感じることは、自分の興味を持って履修している科目は勉強すること自体をとても楽しめるということです。私はこちらに来てから興味の幅が今までよりもどんどん広がっているのを感じます。これが勉強をするうえで大事な姿勢なんだな、と気付くことができました。

 

長々と勉強の話をたくさん書いたので、今回のMid-semester breakについて少しお話します。

私は今回のお休み期間中に、中国人とインドネシア人の友達とメルボルンに旅行へ行ってきました!正直留学先でこんなに仲良くなれる友達と出会えるとは思ってなかった、っていう程、本当に大好きな2人と旅行に行けて、とても素敵な思い出が出来ました!勉強だけじゃなくて、こうやって国を超えて友達ができることも留学の1つの楽しみだなと思います!

 

 62 63

 

残すところ2ヶ月半となり、あまりの早さに焦りも感じますが、まずは残り4週の授業をしっかり受ける、そしてテストにそなえたいと思います!

長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。


カテゴリー: 2015春, クイーンズランド大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー