post

【留学レポート】北京語言大学 竹之下葵 2016年10月

 こんにちは、北京語言大学の竹之下です。早くも、もう10月になります。私たちの北京滞在期間も残り約3ヶ月となりました。9月に新学期が始まり、新しいクラスメイトと先生方と共に日々励んでいます。ところで、わたしは8月の夏休みの間に友達と上海に行ってきました。とても短期間の旅行でしたが、わたしにとって印象強かった事をいくつか紹介したいと思います。上海旅行特集です!

 まずは、わたしが上海に着いたその日に行った、外滩の夜景です。

pj01

上海といえば、この夜景を思い浮かべる人が多いかもしれません。外滩は、上海でも人気の観光名所の1つで、わたしが訪れた際も、本当に多くの人たちが集まっていました。高いビルが多く建ち並び、夜になり各ビルが点灯すると、この写真のようにとても綺麗です。フェリーも通っていて、船の上から景色を眺めることもできました。  ここの近くのホテルに泊まったのですが、わたしの印象からすると、上海は昼も夜もとても賑やかな街です。)

 次の日、わたしは2つの観光地を訪れました。まず「朱家角」。上海の水郷古鎮です。とても歴史のある町で、三国時代には既に存在していたという、絵のような場所でした。朱家角は歴史を感じるだけでなく、ふつうに生活している人たちはもちろん、小さなお店が小道に並んでいて、とても素敵なところです。

今回、わたしが訪れた観光地の中で一番のオススメは、ここです!

 pj02

 その日の午後、「豫园」という中国の古い庭園に行きました。ここは、遠近法を用いて広く見せているのだそうです。

pj03

私たちはまだ明るい時間に着いたので、その時は感じなかったのですが、夜になると明かりが付き始め、なんとも不思議な雰囲気になります。まるで、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の話の中に入り込んだような気分でした。「なんだか神様が出てきそう…」と思いながら、夢の中のようなふわふわした気分で豫园をあとにしました。

pj04 

pj05

 今回のレポートは、上海旅行についてでした。短い期間でしたが、本当に充実した旅行ができました。皆さんが上海を訪れる時、少しでも参考になれば幸いです。 これからますます寒くなっていくので、体調管理に気を付けてください。


カテゴリー: 2016春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート
{z[