post

【留学レポート】 マカオ大学 東風平 幸 2016年10月

皆さん初めまして。8月からマカオ大学に留学中の外国語学部英米学科3年、東風平幸です。約1年間マカオ大学についての情報を発信していきたいと思います!よろしくお願いします。

マカオでの生活が始まって1ヶ月半が経ちました。とても充実した日々を過ごしており、毎日があっという間に過ぎています。今回は授業の様子と私の住んでいる寮を紹介したいと思います。

 

私はFaculty of Arts and HumanitiesのEnglish Studiesに所属しています。マカオ大学には経済や法律、教育、工学部など文系理系様々な学部があり、どの学部もすべて英語で授業が行われています。一つの授業は週に2回開講され、私は現在English grammarやLiteratureなど4つの授業を取っています。授業中は先生からの質問やディスカッションが多く、発言できるように常に頭をフル回転させています。最初の2,3週間は自分の英語力の低さにとても焦っていました。しかし今はペースにも慣れ、発言するのはまだまだ難しいですが、積極的に発言する周りの生徒から良い刺激をもらっています。

 69

↑教室の様子

 

 70

↑グループワークの様子 学内にはこのような自習室が多いです

 

 

マカオ大学のキャンパスはとても広く、施設も充実していて一つの街のようです。学内には10棟程の寮があり、私はChoi Kai Yau collegeという寮に住んでいます。寮には食堂やジムなど様々な施設があり、現地の学生、留学生、college master、寮のスタッフが一緒に暮らしています。私の寮のお気に入りの場所はダイニングホールで、各階の学生が大きなテーブルで食事を取ります。多くの学生が相席を気にせず、いろいろ話しかけてくれるので、ここで私の部屋のある5階だけでなく、様々な階の学生と友達になりました!ちなみに、それぞれの寮はカジノの創設者や産業に貢献した方など、マカオにゆかりのある人物の名前が付けられており、私の寮のChoi Kai Yau氏はマカオと香港で水産業を発展させた方です。

 71

↑部屋の様子 2人一部屋で、私のルームメイトはマカオ人です

 72

↑High table dinnerの様子 寮のダイニングホールで正装をしてcollege masterのお話しを聴きながらコース料理を食べました!


カテゴリー: 2016秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート
{z[