post

【留学レポート】サラワク大学 神志那宏仁 2016年10月

 こんにちは。サラワク大学在留中の北九州市立大学英米学科3年の神志那宏仁です。今回は初めての留学レポートを書かせていただきます。少しでも有益な情報になるように頑張ります。

 さて、まずはサラワク大学に来るまでの出来事を説明させていただきます。私たちはサラワク大学に留学が決定し、日本にて様々な手続きを国際交流センターとともに行っていました。しかし、マレーシア側の処理の遅延のために度々手続きに支障がでました。一番の大きな問題はVAL(VISA APPROVAL LETTER)が出国予定日までに届かなかったことです。VALはシングルエントリービザの取得のために必要なものです。出国予定日は8月27日でしたが、これが届かなかったために9月19に出発になりました。フライトのキャンセルなどに多額の費用が掛かり少々痛い出費でした。マレーシアに行くのであれば必ずこのようなトラブルは覚悟しておかなければなりません。必ず航空券はVALが届いてから買いましょう。もしくはVALが届かなくても予定通りにとんでマレーシアでビザ手続きをしたほうが良いかもしれません。

 続いて学校での生活ですが、始めはある程度の出費が要求されます。寮費や学生の手続きなどです。だいたい1,500リンギット程度でした。日本円にするとだいたい40,000円程度です。この際現金しか受け付けてもらえないので必ずATMからお金を引き出せるようにクレジットカード(キャッシュパスポートがおすすめです)を用意しておきましょう。

 次にマレーシアでの生活について説明します。まずは物価ですが非常に安いです。大抵日本の物価の三分の一程度と考えて頂ければよいかと思います。なにもかも(電化製品や輸入物、お酒などの嗜好品は除く)が非常に安くお金持ちになったような気分が味わえます。ですが金銭感覚が狂いやすいので注意しましょう。大抵は一日15リンギットで済ませるように心がけるとよいでしょう。食事は甘いものと辛いものが多くさっぱりしたものはあまりありません。好みが分かれるものが多いですが様々な種類のものが存在するので自分にあったものを探すとよいでしょう。よほどの偏食家でない限り困ることはないと思います。個人的にはとても満足です。

 今日はこのぐらいで報告を終わろうと思います。まだきて間もないですがマレーシアはとても良い場所です。勉強するにしても遊ぶにしてもまたとない場所だと思います。ぜひ留学の視野の中に入れてみてください。ではまた次の報告で。 

unimask01

 

unimask02

 

unimask03

 

現地での食事と街の様子


カテゴリー: 2016秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート
{z[