post

【留学レポート】 タスマニア大学 松田拓也 2016年11月

みなさんこんにちは。現在タスマニア大学に留学中の英米学科3年松田拓也です。今月は私が留学レポートを担当させていただきます。

 

10月に入りタスマニアは日に日に気温が上がりだんだんと夏日和になってきました。晴れている日中は半袖シャツ1枚でも暑いくらいです。さて、留学生活はというと授業は10月ですべて終わり、同月末にテストが行われました。1学期の経験を踏まえ、学期末の課題を早めに終わらした私は、割としっかりとテスト対策に集中することができました。それと幸運なことに、授業の関係上私は試験が一つしかなかったため、他の友達と比べると楽なテスト期間だったと思います。3教科や4教科テストがあることが普通なので、そういった友達からは本当に羨ましがられました。その代わりいくら1教科だからと言って妥協はしたくなかったため、テスト準備期間の間はほぼ毎日図書館に通いました。(10月は1か月を通して課題やテスト勉強に追われていたので1日7-8時間、多いときは10時間ほど勉強した日もあります。)本番では、想像していたよりやや難しい問題もありましたが、何とか全力は尽くせたように思います。テスト後は友達と食事に行ったり、ショッピングに行ったりとstressful なテスト期間の埋め合わせをするように思いっきり遊んでやりました。これがあるから頑張れるんですよね(笑)

 

そして2学期のテストが終わったことにより、いよいよここタスマニアでの留学生活も終わりを迎える時がきました。2月から10月までの間約9か月間たくさんの人と出会い、様々なことを学び、多くの刺激を受けてきました。正直に申し上げますと、私の留学生活は決して順調に進んでいったわけではありませんでした。来たばかりのころはなかなか異国の地の生活に慣れることができず戸惑い、この先うまくやっていけるのかと不安になる毎日でした。数か月が経過し、生活に慣れ始めたころも、今度は留学前に自分が思い描いていた理想の留学の姿と現実とのギャップに苦しみ、思い悩む日々が続きました。その後の日々も自分にとっては楽しいことに比べると苦しみやしんどさのほうが圧倒的に多かったように思えます。ですから、私は『留学は楽しかったか?』と聞かれると正直返答に戸惑うと思います。しかし、『留学に行ってよかったか?』と聞かれると胸を張って『本当に良かった!』と言えます。本当は今まで経験したこと、考えたことを皆さんに事細かくお伝えしたいのですが多すぎて到底このレポートには書ききれないため、また留学体験談や留学フェアなどでできる限り還元していきたいと考えています。これまで私の拙い文章に目を通してくださった方々、本当にありがとうございました。

 

最後はタスマニア一高い山であるウェリントン山頂上からの絶景でしめくくります!\(^o^)/

stas01


カテゴリー: 2015春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート
{z[