post

【留学レポート】 カリフォルニア州立大学 倉崎杏子 2016年11月

皆さん初めまして。現在、アメリカのカリフォルニア州立大学モントレーベイ校に交換留学生として在学しております、外国語学部国際関係学科3年の倉崎杏子と申します。どうぞよろしくお願い致します!!

 

さて、こちらへ来て早くも2か月半ほどが経ちました。11月に近づくにつれ更に寒くなってきているのを感じます。留学生活にも慣れてきて、最近では大学周辺の土地も分かるようになりました。ここモントレーは観光地としても栄えており、街並みも本当に綺麗で気に入っています。治安も良く、日本食も手に入りやすい、日本人留学生にとっては住みやすい地域だと思います。

 csumb1

(モントレーのダウンタウンの海辺)

 

私が現在履修している科目は、World Religion、US, Vietnam, Asia Pacific、Voice Training、Japanese Visual Culture and Mediaという4科目です。こちらの大学では一つの科目につき週に2コマ授業が行われ(1コマ110分)、課題も驚くほどの量なので、たった4科目と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は非常にハードです。エッセイやプレゼンテーション等も頻繁に行われ、一度に50ページ程のリーディングなど、英語が第一言語ではない留学生にとっては苦戦する場面もありますが、その分とても鍛えられていると感じています。また、授業も自分のレベルを考えながら、とても難しい科目を一つ、中級を二つ、気分転換に楽しめるものを一つといった感じで、バランスを考慮して選ぶことが大切です。

 

実際に私が趣味で履修しているVoice Trainingという授業は歌を学ぶ授業です。コンサートに出て人前で歌ったり、教会でゴスペルに参加するといった、とても楽しく、ここでしかできない体験をしています!

 

また、あえてこちらで日本文化の授業をとることで、全く異なったアメリカの生徒目線の日本を学ぶことが出来ており、今まで気づかなかった日本などが見え非常に面白いです。自分の国を現地の生徒に詳しく説明することも、日本を再認識する際のヒントになっています。アメリカに来て、自分が日本人であるといことを以前より強く認識するようになりました。

 

また、国際関係に所属して学んできた身として、アメリカの宗教や政治面、多人種多文化の社会で生活することの意味を理解し、気付く点が多くあり、日々学びの多い留学生活を送っています。国籍の異なる友人たちと、互いの宗教観や文化を話すのは、少し勇気が必要で敏感な内容でもありますが、貴重な意見を交換し合えることに心から喜びを感じます。今まではただ学んできただけだったものが、どんどん具体化し、現実のものとしてさらに理解できるようになりました。

 csumb2

(毎日勉強している大学の図書館)

 

このように充実した留学生活を送っています。時には受け入れることが難しい文化の違いにもがくこともありますが、そのような体験ができることが幸せだなと感じています。今月も実り多い月になるよう頑張ります!!長い文章でしたが最後まで読んでくださりありがとうございました。

 csumb3

(ルームメイト、スイートメイト達との誕生日会)

 csumb4

(仮装してハロウィンパーティー)


カテゴリー: 2016秋, カリフォルニア州立大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー