post

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 正傳千紗 2016年11月

こんにちは。今回レポートを担当させていただく、英米学科の正傳千紗です。こちらに来て約一か月半、ようやくいろいろな事に慣れてきて、最初は日本とは違って戸惑っていた文化の違いなども面白いなと思えるようになってきました。今回は授業について紹介したいと思います。こちらの大学では最低4つ取らなければならない授業に加えて、言語(英語や諸外国語)は1つ無料で受けられます。興味がある科目が他にもあれば聴講という形で授業に参加することも可能なので、学ぶという点においてとても充実した環境だと思っています。私は日本でも何年か勉強したフランス語を取っているのですが、やはり日仏英の3ヶ国語を同時に考えるのは大変です。しかし同時に、やりがいや楽しさも感じることができるので、留学を考えている方には是非英語以外の言語の授業を取ることをおすすめしたいです。また今期私は、苦手なスピーキングを克服したいという思いからスピーキングテストがある科目を2つ取っているのですが、タンデムという授業でパートナーになった子と授業以外にパブに行ったり、その友達とランチをしたりすることで、楽しく対策ができています。

私が学部の授業を受けていて圧倒されたことは、学生の発言力です。イギリス人の学生だけでなく留学生も、自信がないことや英語で上手く表現できないことがあったとしても積極的に発言する。そしてそこから議論が広がっていく。その失敗を恐れない姿勢こそ、私がこの留学中に1番身につけなければいけない力だと痛感しました。限られた時間の中で充実した留学生活を送れるように、勉強以外でも様々なことに挑戦していきたいと思っています。最後まで読んでいただきありがとうございました。

73

 


カテゴリー: 2016秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[