post

【留学レポート】 フォートルイス大学 山中裕貴 2016年11月

皆さん、こんにちは。2016年の秋派遣でアメリカのフォートルイス大学に留学中の外国語学部国際関係学科3年山中裕貴です。11月の留学レポートは私が担当させていただきます。

フォートルイス大学はコロラド州のデュランゴという小さな町の丘の上にあります。なんと標高は2000m近くあります。ですから、最初の1ヶ月は環境に適応するのに大変でした。大学の周りは本当に自然が豊かです。例えて言うと、北海道の100倍くらいです。(笑)こちらは、もうすでに短い夏が終わり、完全に秋です。しかし、朝と夜はもう既に冬並みに寒いです。もうこちらに来て2か月以上経つので、酸素の薄さや寒暖の差には慣れました。

秋学期は、5つの授業を受講しています。具体的には、Native American Literature, World Regional Geography, Management Principles, Current event in Media, and Historyを受けています。率直に言うと、アメリカの学生は日本の学生よりも授業に意欲的です。彼らは授業中に手を挙げて発言することを厭わないです。彼らは、メリハリがしっかりしている印象です。授業中はもちろん真面目に、そして普段はクレイジーです。(笑)特にフライデーナイトは破天荒ですね。みんなでいつも遊び狂っています。遊びは程々に、勉強がメインということを忘れないように注意しないといけません。友達みんな、とても親切で毎日が楽しいです!!

直近の話では、コロラド州の隣のニューメキシコ州で開かれたインターナショナルバルーンフェスタに行って来ました。たくさんのバルーンに圧倒されました。

 for01

for02

それでは、今回はこの辺で失礼します。Thank you for reading!!!!


カテゴリー: 2016秋, フォート・ルイス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー