post

【留学レポート】タマサート大学 豊原龍太 2016年10月

こんにちは。タマサート大学に留学している外国語学部英米学科3年の豊原龍太です。遅れましたが10月分のレポートを担当させていただきます。

なお、タマサート大学への留学では学部によってキャンパスが異なり(Rangsit または Tha Prachan)3人の交換留学生でLiberal Artsを専攻している私と姫野さんはランシット、Thai Studiesを専攻している山中さんはタプラチャンキャンパスで授業を受けているのでお含みおきください。

 

今回は学校での授業と授業外での活動について書いていこうと思います。

まず、授業は基本1コマ180分、1日最大2コマです。 北九大の倍の時間ともなるとタフに思われるかもしれませんが、多くの授業が半分の90分を過ぎたら小休憩があったり、面白い授業ばかりであっという間に終わってしまいます。また授業ごとにLINEのグループがあったりしてその日の授業のスライドを先生が配布したり、次の授業について伝えたりするのはなかなか新鮮だと思いました。

タマサート大学はタイで2番目に頭のいい大学と言われていて生徒たちは皆とても賢いです。英語が流暢なのはさながら、英語以前に頭の回転の速さ、創造性、知識量などには何度も驚かされています。英語だけでなく色々な能力を培っていけたらと思います。

 

次に授業外での活動についてですがこちらは写真と少しの解説にしていこうかと思います。

一枚目はアユタヤに行った時のもので、壮観です。遺跡一つ見学するのにも入場料がいりますが一般で50バーツ(150円ほど)、学生証提示で10バーツ(30円ほど)なのですべての遺跡を見学しても大丈夫だと思います。

 t1

二枚目はMAE KLONG (メイクローン駅)というところで、ここは一日に数本しか電車がなく電車が来ない間の時間に線路の両脇でマーケットが行われています。そして、電車の警笛が聞こえだすと商人たちが急いでテントをたたんで線路を開けるという世界でも珍しい光景を見ることができます。これら二つのほかにもタイには訪れておきたい場所がたくさんあるので、観光も留学の一つの楽しみになると思います。

 t2

タマサート大学への交換留学は私たちが第二期生とまだ歴史が浅く情報も少ないので、これからも有益な情報をレポートしていけたらと思います。拙い文章ですがお読みいただき、ありがとうございました。


カテゴリー: 2016秋, タマサート大学, 新着情報, 留学レポート
{z[