post

【留学レポート】 フォートルイス大学 松下鈴佳子 2017年1月

  新年あけましておめでとうございます。新年一発目のレポートを担当させていただきます、松下です。今月のレポートの内容は皆さんが気になっているfinal exam について書かせていただきたいと思います。しかし、固いことばかり書いても面白くないので、私が体験したThanksgiving breakとMoabへの旅行についても書かせていただこうと思います。

  Thanksgiving breakはOklahoma州へ行きました。フォート・ルイス大学からは車で約13時間かかるところです。運転してくれた友達に感謝でいっぱいです。滞在中は、traditional foodを食べたり、本物の銃を打ったり、Durangoにはない大きなモールに行ってショッピングをしたり、子供たちと戯れたり、充実した一週間でした。初めてのThanksgiving celebrationはとても楽しかったです。

flc01

    Utah州にあるMoabというところへ旅行に行きました。写真を見ていただければわかると思いますが、世界的に有名なMoab Arches National Park-Canyonlandsへ友達と行きました。一旦敷地内に入ると、そこはもう壮大で、車で回るのも一苦労でした。この旅行以外にも、Utah州へEmpire of the sun というバンドのコンサートへ行ったり、日々楽しい時間を過ごしています。

flc02

flc03

  それではFinal Examについてお話したいと思います。以前お話したように、私はNative American Literature, Accounting, Gender and Woman’s studies, History of Japan の4つを取っていました。Native American Literatureの授業は月水金10:10-11:05で、毎回本を読んでレポートを提出するという宿題が出ます。週に3回も授業があるので、毎回宿題をこなすのが大変でした。試験は合計3回あり、その試験ごとにグループのプレゼンテーションもあり授業外の時間にともに活動したり、Native Americanのクラスメイトに実際の生活と本の内容を照らし合わせてもらったりと本格的にNative AmericanのTraditionalについて学ぶことが出来ました。最後のテストでは100点満点を取ることが出来、自分の成長をよく感じることが出来た授業です。
  Accountingも同様に月水金12:20-13-15で行われ、毎週水曜に小テスト、金曜に宿題提出と大変でした。しかし、私がとった授業の教授はminority にすごく優しくて、アメリカ人の中に日本人一人という状況をすごく理解してくれて、たくさん助けてくれました。数学が得意な私からしたら、この授業は難しくはなかったですが、何よりも専門単語が多いこと、そして教授の喋るスピードがすごく早かったこと、これが問題でした。クラスの友達も驚くほどの速さで喋るので、いつも圧倒されながらも頑張ってついていっていました。このクラスは友達がたくさんできたクラスです。成績も上位をキープし続けることが出来たので、来期もAccountingの授業を取ることを考えています。授業中にMonopolyという人生ゲーム的なものを使って授業を進めちゃうところがアメリカだなと思いました。(笑)
  Gender and Woman’s studies(火木9:35-11:00)は一番苦労したクラスです。何よりも性への考え方が日本とまるで違います。授業の最初にgender, sex, sexualityの違いについて考えてみましょうというお題が出ました。しかし、日本語ではこの3つの役はどれも性別です。なので私は何の意見も持つことが出来ませんでした。しかしこちらの生徒はバンバン意見を出して、教授をも圧倒するような答えを出しました。あ、教授は自分が知らなかったことをあっさりと認め、自分の知識にしようとするところも日本との大きな違いですね。ですので、私はこの授業を受け続けていけるのかとても不安でした。なので私は教授と仲良くなろうと質問をたくさんしたり、オフィスへ行ったりして親交を深めました。教授はとても優しくて、わかりやすい例をたくさん挙げて、難しい単語を説明してくれました。授業の中でgenderについて大学のみんなに考えてもらうためにキャンペーンをしました。日本で出来ないようなことが出来て、とても楽しかったです。最後のテストでは授業の内容をしっかり理解して、自分の意見を持つことが出来ました。協力してくれた友達や、教授に感謝です。
  最後はHistory of Japan(火木16:05-17:30)です。この授業は一番簡単だろうな~と思って取った授業でしたが、めちゃくちゃ大変でした。授業の内容としては、日本史とは何も変わらなかったのですが、毎週木曜日に行われるDiscussion が大変でした。毎週出るReadingの課題(100頁以上)をこなし、それについて皆で論議をするという内容でした。内容がとても難しくて、毎週水曜日は大変でした。(笑)シラバスにテストが一度行われると書いてあったのですが、教授がちょっとテスト作る時間なかったからプレゼンでもいい?という軽い理由でテストがなくなってしまいました。(笑)プレゼンのほうが好きなのでよかったのですが・・。(笑)日本に興味のあるアメリカ人と友達になれたり、アメリカからの日本への視点も知ることが出来たのでこの授業をとってよかったです。

ということで私に冬休みがやってまいりました。冬休みはデンバーへいってきます!!楽しみだなぁぁ~~ということで長くなりましたが、これで1月のレポートとさせていただきます。


カテゴリー: 2016秋, フォート・ルイス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[