post

【留学レポート】 大連外国語大学 瀬角風斗 2017年1月

 あけましておめでとうございます。大連外国語大学に留学している瀬角風斗です。時間が経つのは早いもので、昨日、今学期の終了式が終わり、残りは帰国を残すのみとなりました。

大連の天気はというと、12月・1月とここ最近非常に寒く、学内にある湖も凍ってしまっています。このような景色は日本にいる時にはなかなか見ることのできない光景でとても新鮮な感じがしています。
dr1

さて、12月の最も大きな行事というと、漢学院主催の新年晩会がありました。みなさんは新年晩会と聞いてどんな行事を想像しますか?新年の夜に行う会?でしょうか? 実はそうではないのです。この新年晩会は新年でもない12月にそして夜でもない昼間に簡単にいうと文化祭のような感じでクラスや個人、各国の代表などが出し物をするイベントでした。この漢学院の晩会はもちろん漢学院内では有名ですが、大連外国語内全体でも非常に有名だそうです。来賓には大学の学長さんなどがいらっしゃって、大学全体から注目されているのだなあと感じました。
私は参加しておらず観客として、拝見するだけでしたが、歌やダンス、劇など様々な出し物があり、面白いもの、感動するものなどなどたくさんの出し物を観ることができ非常に楽しく有意義な時間を過ごすことができました。
S

本当に時間がすぎるのはあっという間で、まもなく3月から始まった留学生活も終わりとなりますが、私にとってこの留学生活で最も大きな収穫は人との出会いだと感じています。寮のルームメートやクラスメート、中国人の学生、街にいる中国人などなど。数えきれないぐらいの出会いがありました。そしてたくさんの人に支えてもらいました。中国に着いたばかりの頃はまだ日常生活で使う中国語もままならず、ルームメートと話すときや買い物をする時に苦労したのを覚えています。あれから月日は流れ、今では中国語を使って中国人や他国の留学生と交流することができるようになりました。これは何事にも変えられない幸せだと私は感じています。
最後になりますが、たくさんの人に出会いたくさんの人に支えてもらい、この留学生活を無事に終えることができそうです。この留学生活でであったすべての方にありがとうございましたと言いたいです。

dr3
そして、まもなく日本での生活が始まります。久しぶりの日本での生活で留学生活の余韻がまだ残っていますが、また自分の目標に向かってこの留学の経験を生かしつつ地道に一歩一歩頑張っていこうと思います。

これで、最後の留学レポートを終わります。1年間私たちのレポートを読んでいただきありがとうございました!


カテゴリー: 2015春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー