post

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 西嶋円 2017年1月

 こんにちは。今月の留学レポートを務めさせていただきます、国際関係学科3年の西嶋円です。12月前半のレポートと期末試験に追われる忙しい日々がやっと終わり、冬休みに入りました。12月に入ると、気温は福岡とさほど変わらないのですが、日が暮れるのが早く4時過ぎには真っ暗になってしまいます。今回の留学レポートではイギリスでの生活と冬休みについてお話ししたいと思います。まずイギリスいえば物価が高く、生活費がかなりかかるイメージだと思います。特にオックスフォードはイギリスの中でも生活費が高い都市で有名です。

しかし実際に生活してみると、さすが学生の街オックスフォード、至る所で学割を利用することができるため、外食など贅沢をしなければそれなりに生活費を抑えることができます。例えば週末にロンドンに行く際、片道バスで約2時間半の距離を往復£10 (約1500円)という北九州から天神までの片道とほぼ同じ金額で行くことができます。ただ、レストランやパブで外食をすると軽く£20くらいは飛んでいってしまうので、自炊は必須です!お醤油やみりんなど基本的な調味料はアジア系のスーパーマーケットで少し高いですが簡単に手に入るので、意外と和食を作るのは苦労しません。野菜やお肉などの食材も日本と変わらないくらいの価格なので、帰国前に1つや2つイギリス料理を覚えて帰りたいと思います。次に冬休みの過ごし方についてです。冬休みに入るとイギリスの学生やヨーロッパの学生は実家や母国に帰ってしまい、アジアからの学生は2学期が始まるギリギリまでヨーロッパ旅行に出かけてしまうため、寮はすっからかんになってしまいます(笑)そこで私もクリスマスが近いということでクリスマーケットで有名なドイツに行ってきました。

OBU1

OBU2

OBU3

 

 イギリス留学の魅力の1つでもあるヨーロッパ諸国へのアクセスの良さに加え、ロンドン周辺の主要空港までなんと大学の目の前のバス停から直通バスが出ているので、ヨーロッパを旅行するには非常に便利です。来年は本格的なEU離脱が控えているため、多少は旅行事情が変化するかもしれませんが…。最後に、1学期を終えて感じたことはタイムマネジメントの重要さです。何も計画をせずに日々を過ごしているとあっというまに時間が過ぎていきます。残りの留学生活を充実させるためにも、1学期の反省を生かして2月から2学期に挑みたいと思います。


カテゴリー: 2016秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー