post

【留学レポート】 タマサート大学 山中瞳 2017年3月

 皆さん、こんにちは。3月のレポートを担当します、山中です。今月に入ってからというもの、バンコクは一気に気温が上がり、外を少し歩くのも大変なくらいです。日々熱中症に気を付けています。いまはSpring term が始まって一カ月ほど経ち、プレゼンテーションや中間テストに向けて勉強をしている次第です。私は宗教に関心があったので、先のFall termではBuddhism in Thailand というクラスを、今はIslam in Thailandというクラスを取っています。Buddhism の授業では女性僧をクラスに招いて講演があったり、meditationの実践があったりと仏教に興味のあったわたしには大変面白いクラスでした。タイは仏教徒が90%以上を占めます。バスや駅には僧の優先席がありますし、早起きするとタンブンの光景を見る事ができます。それだけでなく、タイ文化、人々の日常生活にも色濃く仏教の影響が出ています。タイ仏教について学んだことで日本の宗教観について考えなおすこともできました。

 タイから見た日本について。少し面白いのでお伝えしようかと。タイのデパートに行くとレストランのほとんどが日本食レストランというほど、日本食が人気です。日本にあるチェーン店がタイで展開されているもの、タイオリジナルの現地向けの味のレストラン、様々です。日本語を学んでいるタイ人学生も多く、時々急に日本語で話しかけられビックリすることがあります。私の通っているキャンパスとは別ですが、タマサート大学にも日本語学科があるみたいです。旅行先としても人気があります。また、日本人コミュニティが大きいのも特徴です。バンコクは世界の都市で二番目に日本人が多い都市だと聞いたこともあります。日本企業も多いので大学に通いながらインターンシップをしている日本人留学生の友人もいます。日本人留学生の特徴として感じるのは、タイが好き、将来タイに住んで働きたい!というよりも(もちろんそういう学生もいますが)、発展をつづけているバンコクという都市で自分を成長させたい、いろいろな経験をしたい!という好奇心旺盛な学生が多い様に思います。

 先日、大学がスポーツウィークで一週間休みだったのでベトナムへ行ってきました。台湾からの留学生二人と一緒に三人でベトナムを周りました。旅行中は中国語を教えてもらったり、日本語を教えてあげたり、また、私たちはタイ語を学んでいるのでタイ語を使ったり、そして普段のコミュニケーションは英語になるので、様々な言語が飛び交う楽しい旅でした。それと、前回の休みにマレーシアにも行ってきました。寝台列車で一日以上かけて陸路で国境を越えました。陸路での入国審査は初めてでしたので少しドキドキしたのを覚えています。イスラム教徒が多いのは知っていましたが、やはり実際見るのとただ知識があるのとでは全然ちがいます。同じ東南アジアといえども、他の国に行くたびにタイとの違いを確認できるので、タイの事を知る上でも他の国を見てみることは意味があると気づきました。他の東南アジアの国々もまた休みができたら行ってみたいです。あと残り三カ月の留学生活、しっかりと学び楽しみたいと思います!それでは、3月レポートを最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

tu1
(よく利用する近所の果物屋さん。一口サイズにカットしてくれます。)


カテゴリー: 2016秋, タマサート大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー