post

【留学レポート】 フォートルイス大学 翁長宏多 2018年1月

 機械システム工学科の翁長宏多です。秋学期は無事単位をフルで取って終することができ、、今は友達の家で遅くまで起きて昼に起床、隙あらば食べ物を口に入れ、様々な場所に連れて行ってもらうという生活を送っています。充実しています。どうでもいいですが5kg太りました。今回のレポートでは「期末試験(Final)」と「クリスマスの様子」と「アメリカで生き残るコツ」に関して書いていきたいと思います。

 まず1つ目の期末試験(Final)に関してです。アメリカの大学は、最後の授業がある週はFinal Weekと呼ばれ、この週に期末テストや最終プレゼンがあります。このFinalの成績が全てを決定するためみんな必死で取り組みます。私は2つのプレゼンと2つの期末試験がありました。見事全て良い成績で終えることができたので、自分を全力で褒めています。アメリカの大学は、日本の大学のように授業に行かなくても単位が取れるということは決してありません。マラソンのような継続的な努力が必要です

 2つ目のクリスマスに関してです。私が人生史上出会った人の中で最も優しいと言っても過言ではない、友達の家に長期滞在させてもらっています。アメリカのクリスマスはとても楽しいです。家族同士でプレゼントを贈りあったり、恐ろしい量のご馳走を食べたりします。とにかくパーティーが多いです。デコレーションも凄まじくクリスマスに全てのお金を突っ込んでいる印象を受けました。

 最後に、3つ目の「アメリカで生き残るコツ」を書きたいと思います。いざ、わからないことはかっこ悪くありません。聴きまくりましょう。ご飯にチップスとかが平気で出てきます。健康に気をつけましょう。日本文化の本音と建前は「fake」と思われます。控えましょう。定期的に日本食を食べましょう。精神が安定します。SNSで、チーズダッカルビというものが大量発生していた時には切実に日本に帰りたいと思いました。これらが最低限できていれば、楽しめるのではないかと思います。

 

 さらに詳しい様子はhttps://www.instagram.com/kooohta/にあげていますので興味のある方はどうぞ。興味のない方はブロックの方よろしくお願いします。

質問はいきなりDM飛ばしてもらって構いません。それでは残りの約4ヶ月間全力で楽しみたいと思います。さようなら〜。

 

IMG_6839

IMG_6736


カテゴリー: 2017秋, フォート・ルイス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー