posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 仁川大学 板谷友路 2017年11月

こんにちは、11月の留学レポートを担当する経済学部経営情報学科4年板谷です。今回は学校生活や仁川大学の施設について紹介しようと思います。 仁川大学では10月末に中間考査があり、私も最近試験を終えたばかりです。韓国では日本よりも学歴が重要視される傾向があり、今回の中間考査もたくさんの韓国人の生徒がものすごく入念な試験対策をして中間考査に臨んでいた印象を受けました。僕の友達も3日間ほぼ寝ずに試験対策をしていた程です。生徒のほとんどが図書館を使って勉強するのですが、北九大の図書館とは違う点があります。それは地下にある勉強スペースが24時間利用可能な点と、席をデータを使って予約できる点です。どこでも空いている席を学生証のバーコードで予約すると数時間はその席が自分のものになるという仕組みです。勉強が大好きな私にとってはすごく良いシステムであり、実際に利用したこともあります。また仁川大学内にはご飯屋さんや美容室、カフェやコンビニもあり、今では試験のストレス発散の為に学校内でお酒を飲んでいる生徒もたくさんいます。そして金曜日には必ずといっていいほど毎回お酒を飲みに行きます。韓国人は勉強と遊びのメリハリがすごく、全力で勉強し全力で遊ぶ姿にいつも感心させられます。仁川大学に留学すればパワフルでお金が無くなる楽しい生活が待っています。留学を悩んでいる方、ぜひ応募してみてはいかがでしょう。 写真はソウルを通る有名な川、漢江でのピクニックをした時の写真です。
カテゴリー: 2017秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 ピッツバーグ大学 猪俣美咲 2017年11月

こんにちは。ピッツバーグ大学に留学している国際関係学科3年生の猪俣美咲です。前回のレポートでも書きましたが、時の流れはすさまじく、1カ月経つのが本当に早いです。あっという間にもう留学生活の4分の1が終わってしまいました。季節もすっかり変わり、気温が2桁まで届かない日も出てきています。これからもっと寒くなると思うと憂鬱です… 今月は授業について書いていきたいと思います。留学生はVISAの関係上最低12単位分の授業を履修登録しなければなりません。多くの科目は3単位なので、多くの留学生は最低4つの授業をとります。私は、「First Year Chinese」、「Japanese Society」、「Political Sociology」、「Social Problems」をとっています。 中国語は北九大で第2外国語として履修していました。しかし、授業の仕方が日本と大きく異なります。まず授業が1週間に7コマ(各50分)あります。そのうち2コマはレクチャーというもので、教科書に出てくる文法や単語を学びます。後の5コマはレシテーションといい、レクチャーで学んだ文法と単語を実際にスムーズに使えるようにする授業です。ここでは英語は使用禁止で中国語しか話すことができません。こちらでは、とにかく話して文法や単語を身に着けるというシステムのようで、授業中はほとんどペンを持たず、会話練習が中心です。また、人数も10人程度なので、スピーキング能力を上げるのにはとてもいい環境だと感じています。次のセメスターでも中国語は引き続き履修する予定なので、英語とともに中国語もどれだけ上達するか楽しみです。 授業時間は授業ごとに異なりますが、私の履修している授業は中国語以外、偶然どれも50分×週3回です。ほとんどの場合、毎授業予習としてリーディングが課せられるので、予習のリーディング課題は各授業週に2~3つあることが多いです。Japanese Society以外は1年生向けの授業で、ほかの授業に比べれば読む量は多くないのですが、結構大変です。私はリーディングに本当に時間がかかってしまうので、時間があるときはとにかく図書館に行って、なんとか終わらせているという状況です。自分の読むスピードの遅さや語彙力・読解力の無さにイライラする毎日ですが、本を読んで新しい知識を得るのはとても楽しく、また、読み終えたときの達成感もなかなかいいものです。さらに、図書館では友人とともに勉強することが多く、疲れたときに喋ったり、ご飯を食べたり(図書館の入り口には飲食持ち込み禁止と書いてあるのですが、誰も気にせずみんな堂々と飲んだり食べたりしています。注意もまったくされません(笑))するのも楽しくて、このような図書館に引きこもっている毎日が不思議と苦痛ではありません。 Political Sociology とSocial Problemsは特に授業の内容をきちんと理解するのは難しく、復習が欠かせません。オフィスアワーに行って教授に直接質問したり、自分でインターネットで調べるなどして、なんとかついていけています。ですが、どの教授も本当に親切です。英語が聞き取れなくて理解できなかったところを、わかりやすい英語を使ったり、日本を例に出すなど、私でも理解できるようにわかりやすく教えてくださります。 授業の様子についてですが、実際に授業を受ける前は、アメリカの学生は真面目で、授業もきちんと聞いて発言も積極的なのだろうと思い込んでいたのですが、実際は少し違いました。多くの授業では、パソコンでノートをとったり、教科書を読むことが認められているのでパソコンを机に出している生徒が多くいます。しかし、もちろん多数ではないですが、授業中にメッセージを送ったり、インターネットをしている人もちらほらいます。さらに、授業中に先生が質問しても誰もなかなか答えず、クラスがシーンとなったりすることもあります。もちろん授業によって違いはありますが、私が受けている授業でこのようなギャップが見受けられました。やっぱり日本もアメリカも似ているところがあるのだと実感しました。 あと約1カ月半で秋のセメスターが終了します。短いですが、自分が成長できるように、毎日自分ができることを一生懸命やっていきたいと思います。 写真は、毎週学校で開かれるドッグセラピーの時のものです。たくさんのかわいい犬たちがおり、とても癒されました。
カテゴリー: 2017秋, ピッツバーグ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 森柊也 2017年11月

こんにちは。外国語学部英米学科3年の森柊也です。11月のレポートを担当させて頂きます。 イギリスに着いてから1週間程は無性に日本の家族、友達、日本食、日本、JAPAN! そのものが恋しくなりホームシックを患いました。そして友達も少なく履修関係などでトラブル続きだったのでとても大変でした。 しかし、フラットメイトなどを通してどんどん友達の輪が広がって行くにつれて寂しかったことをすっかり忘れてとても楽しくやっています。特に北九大に留学生として来ていて知り会った友達が数人いますが彼らはとても面倒見が良く本当に心強いです。留学に来てすぐはたくさんの問題が立ちはだかりました。1人で悩んだりせず誰かに助けを求めたり、気楽に考えて、ストレスを抱え過ぎないようにすることが大事だと思いました。 みなさんが他に気になっている事と言えばご飯事情じゃないでしょうか。ネット上では「イギリスの飯は世界一不味い」などと不評しかありません。僕も不安でした。 ですが、イギリスには色んな国の料理があるため、イギリス料理というもの自体が少ないような気がました。そして味の方ですが大丈夫です。 こっちで外食するのは基本的に日本より高いですがレストランによっては安くて美味しい所もあるし、高い割に普通だなと感じるようなレストランもあります。なので、一概にイギリスのご飯は不味いとは言えないと思います。美味しい所は本当に美味しいです。比較的良心的なのはパブです。パブでご飯を済ませるのも良いかもしれません。 日本食のレストランなどもありますがクオリティーがあまり良くないし簡単に言うとぼったくりです。でも日本食が恋しかった1、2週間目は寿司を食べてみたりカツカレーを食べたりしました。 最近はピラフ米とインドカレーのルーを買ってきてその上にチーズをのせてオーブンに入れて焼きカレーを作りました。日本食もどきを家で楽しんでいます。日本からインスタントの味噌汁、麦茶、ラーメンなど色々持って来ましたが限界がありますので、こっちで恋しくなると思う食品を持って来ると良いと思います。因みに5食入りの袋麺(ラーメン)を2つ持って来ましたが2週間で消費しました。日本のラーメンも売っていますが今はインドのラーメンを食べています。何を言いたかったのか忘れましたが、日本の物も少なからずあります。そして日本食やそれに近いものを食べると落ち着きます。ホームシック緩和にも繋がっています。  次に授業についての話をしたいと思います。授業は、At the Roots of European Cultures, Dialect in Literature and Film, Academic English, Introduction to Translation Methodsという授業を前期は取っています。Academic English以外はそれぞれ授業とは別に少人数のゼミ形式の授業もあります。自分が在籍しているスクール以外のスクールからも少し授業を取ることもできます。難しい授業もありますがなんとか頑張っています。 最後に観光についての話をしていきたいと思います。まだ1ヶ月しか経って無いのでそんなに多くの場所を訪れた訳ではありませんが、カーディフ以外にはオックスフォードとロンドンを訪れました。カーディフにはカーディフベイという有名な観光スポットがあって、海の近くで景色も綺麗でオススメです。デートに良いかもしれません。中心街には大きいショッピングモールがあるのでそこで買い物もできます。オックスフォードにはハリー・ポッターの撮影で使われた図書館や橋などもありました。ロンドンには2回訪れました。ロンドンでは色んな言語、文化に触れることができるので訪れるのが楽しいです。 参考になるかどうか不安ですが以上で11月の留学レポートを終わりにさせていただきます。次は2月の留学レポートでお会いしましょう。  
カテゴリー: 2017秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 マカオ大学 大畑穂乃花 2017年11月

 今回の担当は、英米学科2年の大畑穂乃花です。よろしくお願いします!  10月はインターナショナルフードフェスティバル、ハイテーブルディナーを中心にイベント盛りだくさんの1か月でした。インターナショナルフードフェスティバルでは、日本チームとして、おにぎりを浴衣で提供しました。他のチームはアメリカ、ポルトガル、インド、マレーシア、韓国、ティモールなどの国が参加していて、各国でそれぞれ特色があり、とても面白かったです。結果はポルトガルに1票差で負けてしまいましたが、留学中ならではの良い経験ができました。  ハイテーブルディナーは寮ごとに行われる、きちんとした服装をして、コースで出てくる料理を食べるというようなものです。いつもより豪華な料理を食べて、友達と写真を撮ったりして、すごく新鮮な感じがしました。  他にも、学校外で行われているOKTOBERFESTに行ったり、隣の部屋に住んでいて、お風呂とトイレを共有している友達2人の誕生日を祝うためにルームメイトのみゆさんと4人で出かけたりしました。本当に本当に盛りだくさんで、素敵な思い出がたくさんできて、最高の1か月でした。授業にも慣れ、1か月後に始まる期末テストにドキドキしています。  私はずっとサッカーをやっていて、サッカーが大好きなのですが、つい先日、マカオ大学のサッカーチーム、マカオの女性のナショナルチームに参加できることになったので、今はそれを1番楽しみにしています(^O^)限られた留学期間を充実させられるように、できることは何でもチャレンジしていきたいです!最後まで読んでいただきありがとうございました。     【フードフェスティバル アメリカチームと】     【フードフェスティバル ポルトガルチームと】       【フードフェスティバル 日本チーム集合写真】             【フードフェスティバル 全体集合写真】   【ハイテーブルディナー①】     【ハイテーブルディナー②】     【oktoberfest】     【誕生日のお出かけ①】   【誕生日のお出かけ②】
カテゴリー: 2017秋, マカオ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 サラワク大学 植田祐介 2017年11月

 皆さんこんにちは。サラワク大学に留学中の英米学科二年植田祐介です。  今月の留学レポートを担当させていただきます。今回のレポートでは、おおまかにこちらの大学の雰囲気や授業の様子を紹介できればと思います。  ここ、サラワク大学は大陸半島ではなくその東の島に位置しているので、基本的には田舎です。車で行ける距離にいくつかショッピングモールがあり、別段不便も感じていません。しかし、十年ほど前は大手ショッピングモールすらも、無かったそうです。それはさておき、ここサラワク大学は、北九大の十倍以上あるのではないかというほど広々としていて、敷地内にはゴルフ場やテニスコートなど様々な施設があります。それぞれの建物が離れているので、北九大の距離感に慣れていると、キャンパス内の移動は最初きついかもしれません。留学生はあまりおらず、バングラデシュなどインド系の留学生が多い印象です。こちらの学生は本当にフレンドリーで、色々と質問してくれたり気にかけてくれたりして、とても親切にしてくれています。  次に授業の様子についてお伝えしたいと思います。私が履修している科目は先生が説明して学生が聞く、という日本と似たようなものが多いのですが、課題はプレゼンテーションやビデオ作製など、自分で作るものが多いです。また、日本では基本先生が説明している間は静かにしていて、後に質問するのが普通ですが、こちらでは話の合間合間に学生が分からないところをバンバン質問します。生徒が質問して先生がその場で回答し、その回答にさらに他の生徒が質問し、となることも多く授業はいつも活気で溢れています。聴講型の授業しか受けたことがないと、圧倒されます。  最後に、こちらのお金事情についてお話したいと思います。クチン市内のモールではクレジットカード等は使えますが、大学内の食堂などでは使えません。ですので、ある程度は現金を持ってきて換金するか、もしくは現地通貨で下ろせるカードを事前に作っておくとよいと思います。
カテゴリー: 2017秋, サラワク大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 カリフォルニア州立大学 大屋結夢 2017年11月

 カリフォルニア州立大学モントレーベイ校11月の留学レポートを担当します、外国語学部英米学科の大屋結夢です。今回は食生活と寮について紹介したいと思います。    アメリカの食べ物と言えば、ファストフードを思い浮かべる人が多いと思います。栄養バランスの偏りを心配している人が多いのではないでしょうか。イメージの通りピザ、ハンバーガー、ホットドッグなどを提供するお店がたくさんあります。 学内にはカフェテリアがいくつかありますが、食事をするところは大きく分けて3か所あります。1つ目は、バイキング形式でピザやハンバーガー、サラダ、メキシカンフードやアジアンフードなどバラエティ豊かな食事を楽しめるところです。2つ目は、ファストフードやサンドイッチ、そしてアメリカナイズされたお寿司を食べることができるところです。そして3つ目に、パスタやハンバーガーを食べることができるレストランがあります。ミールプランに入っている学生は、これらを利用して食事をします。私の場合は、ミールプランに入っていないのでときどきこれらを利用することがありますが、基本的には自炊をしています。私が住んでいる寮には広いキッチンがあり、スーパーではお醤油やみりんといった日本の調味料を買うことができるので、日本食も食べることができます。学内で様々な種類の食事を取ることができるし、日本食も作ることができるので、栄養バランスを考えながら色んな食事を楽しむことができます。    続いて、寮について紹介します。留学生はみんな、キャンパス内の寮で生活します。私が住んでいる寮は広いキッチンの付いたメインキャンパスにある寮ですが、授業がある教室からは少し離れています。キャンパス内に住んでいるにもかかわらず、教室まで徒歩で15~20分かかるので北九大の小さなキャンパスで育った私には、驚きでした。 しかし、同じ寮に住んでいて同じ授業に行くお友達を見つけてからはお話しながら移動すると教室まであっという間です。私が住んでいる寮以外に2種類の寮があります。ひとつは、授業がある建物の近くにあります。この寮には、電子レンジと小さなシンクという簡易キッチンしかないので、必ずミールプランに入らなければなりません。もうひとつの寮は、イーストキャンパスというメインキャンパスから離れた場所にあります。授業があるメインキャンパスまではバスで移動します。それぞれの寮に特徴がありますが私は自分にあった寮に入ることができ、国際色豊かなスイートメイトに恵まれたので、この寮をとても気に入っています。    最後に、先日行われたハロウィンパーティーについて紹介します。パーティーでは、コスチュームコンテストが行われたり、お菓子を食べたりゲームをしたりしましたが、私の1番の思い出はパンプキンカービングです。日本では見たことのない大きなかぼちゃを彫りました。季節ごとにいろんな文化を学ぶことができます。11月にはサンクスギビングがあるので日本とは異なる文化を体験できることが楽しみです!  
カテゴリー: 2017秋, カリフォルニア州立大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 文藻外語大学 安永麻里杏 2017年11月

 こんにちは。11月の留学レポートを担当する中国学科二年の安永麻里杏です。今学期が始まってもう一ヶ月半が終わってしまいました、、、時間が過ぎるのは本当に早いですね。11月に入り日本では本格的な冬が始まる頃だと思いますが、高雄では朝晩は少し寒く感じますが、日中は半袖で過ごせます。私はエアコンが寒いので毎日ジージャンを羽織っていますが、長袖の服をもっと持って来れば良かったなと思います。  10月には、中秋節がありました。中秋節は台湾では三大祝日の一つであり、台湾人にとっては大切な祝日だそうです。中秋節にはバーベキューや焼き肉を家族や友達とするのが一般的らしく、私もクラスメイトと先生とバーベキューを楽しみました。連休もあったので、カラオケに行ったり、墾丁に行って海で遊んだりもしました。10月はたくさん遊ぶことができ、いい思い出がまたできました。  それと、私は今年で20歳になるので来年の1月に成人式があるのですが、帰国する日も近いので断念しました。やっぱりちょっと出たかったなという気もしますが、台湾から見届けたいと思います。泣泣泣  次に、中国語に関する検定の話をします。TECCや中検はもちろん知っていると思いますが、台湾ではTOCFLという繁体字の検定を受験できます。TECCや中検よりも難易度が高いらしいので、私は受験しません。(笑)その代わりに、台北にTECCを受験しに行くことにしました。もちろん、中検も台北で受験することができます。留学中は繁体字しか勉強していないので、簡体字が使われているTECCを受験するのには不安しかありません。受験日まであと一ヵ月ちょっとあるので、ぼちぼち簡体字も見ていこうかなと思います。  帰国の日まで残り三ヵ月を切り、それまでにどこまで成長できるのか正直不安です。ラストスパート、勉強はもちろんのこと、台湾でしかできないことをして楽しい思い出をいっぱいにしたいと思います。 (墾丁で水上スポーツしたときの写真)  
カテゴリー: 2016春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ 千葉まゆ 2017年11月

 こんにちは。今月のレポートを担当させていただきます、国際関係学科3年の千葉です。ハワイは年中常夏のイメージだったのですが、10月から雨期に入り、最近は曇りだったり雨が降ったりして、朝夜が涼しくなってきました。(日中は日差しが強くまだまだ暑いですが、、、)  今月のレポートでは主に授業についてお話ししたいと思います。私は、ESOL94という留学生を対象とした英語のクラスと、現地学生と一緒に受講できるカレッジアカデミックプログラムのクラスを2つとっています。ESOL94では、授業時間が2時間で週4日あり、20人弱の少人数制です。クラスによって違いますが私のクラスは韓国人1人、中国人4人、カザフスタン人1人、それ以外は日本人です。授業内容は環境問題がテーマで、ハワイや各国の環境問題の文献や映像を見たりしています。writingが中心ですがグループワークやプレゼンも多く英語を話す機会も多いです。ですから、writingだけでなく、speakingもしっかり学べると思います。  次にアカデミックプログラムについてお話ししたいと思います。私は、ReligionとHawaiian Studyの2つをとっています。そのほかにもハワイ語、フラダンス、観光学のようなハワイならではの授業や、その他にも経済、歴史、言語など授業も幅広くあります。私がとっているどちらの授業も先ほどのESOL94の授業と一緒で20人弱の少人数制ですが、ほとんどが本学生で留学生は2人くらいで専門用語も多いので授業についていくのに必死の毎日です。授業時間は75分の授業が週に2回あります。どちらもの授業も毎回reading assignmentや単元が終わるごとにテスト、エッセイと課題がたくさんあります。 Hawaiian study の授業ではハワイの文化だけでなく、ハワイ語も少し学んだりします。また来月には、グループでハワイの伝統料理についてプレゼンし、実際にみんなで試食会があります。ハワイの伝統料理をまだ食べたことがないので、とても楽しみです。  残り約一か月充実した留学生活にできるように、頑張りたいと思います。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。  
カテゴリー: 2017秋, ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 安松孝 2017年11月

 こんにちは、最近は遊戯王にはまっている英米学科の安松です。よろしくお願いします。  いよいよ、留学生活も最後の月となりました。11月の頭と10月の終わりにテストがあり、それが終わるといよいよ帰国となりました。  私は、後期は2つのテストと1つのエッセイが期末試験としてあります。同じ授業を取っているクラスの友達と図書館に集まって一緒に課題をしたり、テスト勉強をしたりしてきました。今思うと、その時間も遊んでいる時間と同じぐらい楽しかったです。もちろん勉強はきつかったですが(笑)。  この留学を通して感じた海外からの日本のイメージについてですが、やっぱり、アニメの存在は大きかったです。中華料理屋さんでマッサージを受けた際も、施術士の方があるアニメの話をマシンガンのように話してきて、たまたま自分もそのアニメを知っていたので意気投合して、楽しいマッサージライフを送ることができました。ただ、たまに日本人にはあまり知られていないアニメの話をされて、答えられないと、お前本当に日本人かと疑われることが何度かありました。日本についてもう一度勉強しないといけないなと感じました。  最後に、偶然の出会いが大切だということを改めて感じた一年でした。一緒に野球チームに入って、ご飯にもよく言った友達と出会ったのもバーでしたし、たまたま乗ったタクシーの運転手の方が同じ野球のリーグに所属する人で、タクシーの代金を安くしてくれたりと、いろいろな出会いを通して感じた留学生活でした。とりあえず外に出てみるのもいいことだと感じました。  それでは、私はテスト勉強の最後の追い込みをしてきます。最後まで読んでくださりありがとうございました。  写真は、友達とロンセストンに旅行に行った時の写真です。  
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 フォートルイス大学 山本敬晃 2017年11月

こんにちは。現在フォートルイス大学に留学している国際関係学科三年の山本敬晃です。今回は私が留学レポートを担当させていただきます。大学のあるコロラド州デュランゴは10月に入ってから、だんだん寒くなってきました。これからもっと寒くなり、雪もたくさん降るみたいなので、分厚い上着を手に入れて寒さを乗り越えようと思います。デュランゴは自然豊かな町でキャンパス内でも鹿や熊などの動物を見ることができます。ハイキングやマウンテンバイクなどのアウトドアスポーツが盛んで、大学にアウトドアスポーツ道具を借りられる場所もあります。自然が大好きだ!という人には最高のロケーションだと思います。私はフォートルイス大学では主にビジネスのクラスを受講しています。北九州市立大学ではあまり学ぶことのできないビジネスに関することが学べるため、すごく充実しています。今回はその中から二つの授業を紹介します。一つ目は財務会計のクラスです。このクラスではビジネスにおける基本的なお金の流れを学ぶことができます。将来働くことになってお金を扱うことになった時に、大変ためになる授業だと感じています。私のクラスの教授はとても優しく丁寧に教えてくださるためとてもわかりやすく、次にフォートルイス大学に留学を考えている方々にオススメしたい授業です。次は異文化経営のクラスです。このクラスでは様々な国でビジネスを行う際に起こる様々な弊害(言語からくる問題やカルチャーショックなど)をいかにして乗り越えるか、ということを学びます。そして実際に自分で選んだ国のビジネスに関するプレゼンテーションを行なったり、レポートを作成したりします。正直あまり楽ではないですがすごく充実しています。特に、はじめてプレゼンテーションを終えた時はすごく達成感を感じました。将来国際的なビジネスに関わりたいな、と考えている人にはピッタリの授業だと思います。こちらに来て約2ヶ月が立ちました。周りの友達やルームメイトもすごくいい人ばかりで毎日楽しいです。やっぱりここの1番の魅力は人が優しいところですかね!今月はサンクスギビングの連休に友達と他の州に出かけることになっており、大変楽しみです。まだまだ留学生活は続きますが、頑張って充実したものにしていけたらなと思っております。写真はハロウィンの際に撮った一枚です。
カテゴリー: 2017秋, フォート・ルイス大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー