posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 H.H 2019年4月

こんにちは。4月のレポートを担当するH・Hです。3月は暖かい日もありましたが、まだ冬物のコートが必要な日もあります。写真は大学内のコート場でバスケをしている様子です。 入国から約1か月半が経ちましたが、中国の生活にもだんだんと慣れてきました。今日は金銭面をメインに北京の生活を紹介します。 授業は朝8時半から始まり、火曜日を除き12時半に終わります。昼は外に食べに行くか、「饿了么」という宅配サービスのアプリを使いテイクアウトしています。これは非常に便利で、100円程度の送料で頼んでから2,30分でバイクの配達員の方が届けに来てくれます。また、「淘宝」というアプリもとても便利で、これは所謂Amazonのようなものです。洋服などは店舗で購入すると高いのですが、淘宝だとだいたいが1000円以下で買うことができ、デザインも良いです。私は靴を600円程度で買いました。淘宝は生活用品なども安く、水やトイレットペーパーなどもこのアプリを利用して購入しています。 ネット環境はあまり良いとはいえず、Wi-Fiはお金を払わないと利用できません。4か月約5000円で利用できます。しかし元々の通信料が安く、そこまで負担にはなっていません。中国のSIMカードを購入したのですが、1年で4000円程度しかかからず、1か月で20GBも使うことができるので、友人はWi-Fiを利用していません。交通費もとても安く、5㎞バスにのっても日本円で15円ほどしかかからず、基本的に食費、交通費を含め生活費はとても安く済みます。QRコード決済もほとんどのお店で普及しているので中国での生活はとても快適です。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学 外国語学部英米学科4年 H.S 2019年4月

こんにちは。外国語学部英米学科4年のサックス花です。今月は勉強以外のことについてお話しします。 カーディフ大学に通い始めてから、約6ヶ月が経ち日本に帰国する時間が近づいてきています。美しい公園の帰り道、温かくて優しい人たちに囲まれた生活が残りわずかなのはとても心寂しいです。一番悲しい事は5人のフラットメイトと一緒に料理や買い物をしたり、ジムに行ったり、夜遅くまで話をしたりする当たり前の毎日がもうすぐで終わってしまう事です。 留学する前はフラットメイトとの共同生活をとても心配していましたが私はいい人に恵まれ、みんなとすぐに仲良くなり困った時はお互い助け合える家族のような存在になりました。 冬休みはドイツ人のフラットメイトの母国を訪れ、春休みはチェコ共和国からのフラットメイトのお家を訪れます。数時間でヨーロッパに安く旅行できるところがイギリス留学のメリットだと思います。フラットメイトが生まれ育った美しい国に訪れ、オススメの観光地を一緒に回れる事はとてもラッキーなことだと思います。 一生の友達に出会えたことにすごく感謝しています。残りの時間を大切にします。 帰り道の公園の景色 本場イギリスのサッカー観戦
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 留学レポート

2019年度1学期チューター募集中!

短期留学生のチューターを募集しています。 興味のある方は、国際教育交流センターにお気軽にお問合せください。ご応募お待ちしています!
カテゴリー: 新着情報

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科2年 S.N 2019年3月

こんにちは。外国語学部英米学科二年の中野翔太です。僕は今タコマ・コミュニティカレッジの方に派遣留学に来ていて、あと二週間ほどで帰国というところまで来ています。そこで僕がこの留学で一番印象に思ったことをシェアしたいと思います。 僕のホストファミリーはアフリカン・アメリカンの家庭で僕にとってはあらゆることが初めての体験で日々驚かされる事ばかりでした。その中でも特に驚いたことは彼らの自己主張の強さです。僕はあまり自己主張をするタイプではありませんでした。しかしこの留学、このホストファミリーのおかげで自分の思っていることをしっかり言葉で表現することはとても大切なことだときづきました。僕のホストマザーはよく僕にYes or Noと聞いてきます。最初これを言われたときは自分の返答が遅くて少しイライラしているのかなと思っていましたが後々ホストに聞いてみるとここでは自己主張をするのは当たり前で逆にしない方が不自然だといわれました。それに彼らの話を聞いていると日本人の僕からしたら喧嘩しているのではないかと思うくらい言い合いしていますがそれは別に喧嘩をしているのではなくて、ただ話しているだけでした。そこから積極的に自己主張するのが当たり前になってきて今では彼らと同じようにではないですが、前に比べたらできるようになってきたのかなと思います。 それに加え、彼らは自分の国のことをよく理解し、よく考えているなと感じました。先日、アフリカン・アメリカンの歴史についてまるで授業のような話を聞くことができましたが、自分があまりにも理解していなくてこの前ミュージアムに連れて行ってくれてよく理解することができました。このほかにも驚くことや自分の固定概念を覆されることが多くて新鮮なことばかりです。あと数日で帰国することが信じられませんが残り数日悔いのないように、過ごしていきたいと思います。他の方の体験記に比べて大したことを書いていませんが僕の一番印象に残ったことを書かせていただきました。最後まで読んでいただきありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(21期), 新着情報, 留学レポート

★2019年度 海外交換留学生(秋派遣・新規 中原大学)及び 韓国文化体験プログラム 参加者募集のお知らせ★

★2019年度海外交換留学生(秋派遣・新規 中原大学)及び韓国文化体験プログラムの参加者を募集中です★各プログラム募集要項については、以下国際教育交流センターHPをご確認ください。参照URL: http://international.kitakyu-u.ac.jp/j/download皆さんのご応募をお待ちしています!
カテゴリー: News, 新着情報

【留学レポート】済州大学校 外国語学部国際関係学科3年 Y.Y 2019年3月

 こんにちは。済州大学校に留学中の国際関係学科3年の吉村優壱と申します。北九大生の皆さんは待ちに待った春休みに突入し、有意義な時間を送っていることでしょう。韓国では3月初めから1学期がスタートするので、留学生である私にとっては新しい留学生との出会いがあり、今学期に向けた準備や目標を立てる時期でもあるなど、高揚感が湧き上がっています。  さて、今回は韓国留学をして感じた、英語の重要性についてお話しします。もちろん私は韓国語を主に勉強しようと韓国留学しているのですが、英語の重要さを日に日に痛感しています。と言うのも、これまでの留学生活で韓国語での会話はネイティブの人ともある程度は円滑にできるようになりました。しかし、大学には世界各国からの留学生がいます。私がよく遊ぶ友達もロシア、スペイン、ポーランド、メキシコなどの欧米圏の人もいますが、中には韓国語が上手な人もいるし、ほぼ読めない人もいます。そういった中で共通のコミュニケーションのツールとなって来るのがやはり英語です。欧米圏の留学生と遊ぶ時は英語で主にコミュニケーションをとるのですが、彼らの生きた英語について行くのはとても大変で、付いていけない時や上手く返答できない時に自分の英語力の無さを痛感します。しかしこのような状況でも、裏を返せば韓国にいても英語を上達させる環境はあるということです。ですので、私も韓国語と並行して英語の能力も高めれられるように頑張っています。韓国留学を考えている皆さんも韓国語はもちろんのことですが、英語の勉強も一緒に頑張ればいろんな幅が広がると思います。  写真は、韓国本土で体験したコチュジャン作りといちご狩りの様子
カテゴリー: 2018秋, 新着情報, 済州大学校, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科2年 A.S 2019年3月

こんにちは!外国語学部英米学科2年の佐々木彩華です。留学生活も残り2週間となり、本格的に帰国の日が近づいて来ています。現在私は大学のファイナルウィークを目前とし、たくさんのレポートやプレゼンテーションに追われる日々を過ごしています(笑)こちらでの生活で得たものが多すぎて、この場で何をみなさんにお伝えしようか迷いましたが、せっかく留学生活最後の月のレポートを担当させていただいたので、この半年間を振り返り、私が感じたことや成長できたことについて話させていただこうと思います。☺  私が数ある北九大の留学プログラムの中からタコマ・コミュニティカレッジに留学することを決めた理由は、教員免許を取りたいし留学もしたい、でも大学は4年で卒業したい。このわがままが唯一許されるのがこのプログラムで、最初は本当にそれだけの目的でこの留学を決意しました。生の英語に触れて英語力を向上させたい、そんな生ぬるくてふわっとした目標を掲げ、大した準備もせず急にアメリカでの生活が始まり、一番に思ったことは「私ってこんなに英語が喋れなかったっけ?」です(笑)。言いたいことが言えない、感情を伝えられない、こんな拙い英語を聞かれるのが恥ずかしい…。これらのネガティブな感情に支配され、最初の1ヶ月は完全にふさぎ込んでしまっていました。そんな状態を救ってくれたのは、どんなに拙い英語も聞き取ってくれようと努力し、いつも明るく話題を持ちかけてくれるホストファミリーや共に励まし合うことのできる友達の存在でした。ホストファミリーは警察官の夫婦、そして13歳のシスター、7歳のブラザーで、課題を手伝ってくれたり、私の知らないたくさんの場所に連れて行ってくれたりします。何か困ったことがあったらいつでも相談してね、私たちは家族だからと言ってくれて、心から頼りにしています。正直留学に行く直前は日本を半年間離れるのが寂しすぎて不安だらけでしたが、私の帰りを毎日待ってくれる暖かい家族や、様々なボランティア活動やその他の活動に積極的に参加し、切磋琢磨し合える友達に囲まれ、本当に充実した日々を過ごすことができています。  この半年間を通して私が感じたことは、ただ英語に囲まれた環境にいるだけで英語が話せるようになるということは絶対にないということです。半年間経った今でさえ、胸を張ってペラペラに英語を話すことができるとは言えませんが、今までの学生生活で一番と言っても過言ではないほどの膨大な課題をこなし、TCCの友達、先生、ホストファミリーとの毎日の会話を積み重ねて、初めてこんなに真剣に英語と向き合い、今では留学したての頃と比べ物にならないくらい英語での会話を楽しむことができるようになりました。また、TCCには留学生がたくさん在籍しており、そのほとんどが英語はもちろん、第3、4言語まで習得しており、私も頑張ろうと毎日刺激をもらっています。  この半年間は間違いなく私の人生の中の大きな経験となり、これからの人生のきっかけとなります。アメリカでのこの特別な生活が終わってしまうのは本に名残惜しいですが、今は、日本に帰って母の手料理を食べたり、家族や友達に会えることを密かに楽しみにしています(笑)。残りの2週間、悔いのないように全力で楽しみたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。以上、3月のシアトルからお届け致しました!
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(21期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科3年 A.M 2019年3月

皆さんこんにちは。今月の同済大学レポートを担当します、A.Mです。 三月の上海はまだ寒く、よく雨の降る空模様が続いています。先週から始まった授業はすべて中国語で行われるので毎日の予習と復習が欠かせず、なんとか授業内容を理解しているといった状況です。 今回はまだ留学して間もないですので、同済大学に留学してからの流れについての情報をお伝えしようと思います。まず空港から同済大学への行き方ですが、タクシーを使う方法と地下鉄を使う方法があります。私たちは浦東国際空港から上海市内までの送迎を行ってくれるタクシーの予約を日本でして行きました。所要時間は一時間ぐらいだったと思います。同済大学に到着後は留学生楼一号楼の一階で入寮手続きを済ませます。料金は半期分をその場で一括して払いますが、私の場合は一日40元の二人部屋に入ることになり、5240元かかりました。翌日、携帯回線の契約と銀行の口座を開きに行くことになり、日本からSIMフリーのスマホを持って行っていたので近くのお店で一月100元10GBのSIMを買いました。銀行口座に関しては大学の近くにあった招商銀行で手続きを済ませましたが、まだカードができていません。中国銀行であれば即日カードを作ってくれるらしいので銀行によって対応が違うようです。 通信面に関しては北九大のメール、outlookメール、wechatがVPNなしで使うことができます。VPNについてですが現在Express VPNが繋がりづらい状況にあり、現地の友達に教えてもらった別のVPNを使っています。 まだ慣れないことも多いですが引き続き留学生活を頑張りたいと思います。 写真は同済大学にある毛沢東の像です。
カテゴリー: 2019春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 北京語言大学 外国語学部中国学科3年 A.A 2019年3月

こんにちは。外国語学部中国学科3年のA.Aです。 3月2日、今日の北京は空気が少し悪くて、注意が必要な日だそうです。 今回は私が中国に入国してから今までにあったことをおおまかに書いていこうと思います。 私が中国に入国したのは2月19日で、次の日の朝入寮手続きをしに行きました。入寮手続きに並んでいる人は少なかったのにそこで4時間くらいはかかりました。それから銀行口座を作るにも、寮費を払うのにも、とても時間がかかって、最低でも3時間は並んだ気がします。  授業が始まる前に日にちがあったので、王府井や奥林匹克公园に行きました。そのほかにも大学の近くの様々な場所を開拓して周りました。北京語言大学の近くには他にも大学がたくさんあって、周辺は飲食店やショッピングモールがあります。必要なものは揃うし、不便なことはトイレか空気ぐらいです。 25日に授業が始まって、私は木曜日以外午前中で授業が終わるので、午後の時間を自由に使うことができます。授業の雰囲気はとても良くて、外国人が積極的なのに比べて日本人が消極的な印象です。先生によっては日本人を積極的に当ててくる先生もいらっしゃいます。でも、どの科目の先生も優しくて、質問にも丁寧に答えてくださるので気がすむまで問題解決しやすいと思います。北京で生活して2週間ほど経ちましたが、もう生活にも慣れました。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】大連外国語大学 外国語学部英米学科2年 H.R 2019年3月

 初めまして。今月の大連外国語大学の留学レポートを担当します、英米学科新三年生の龍尾瞳です。こういったレポートを作成するのは初めてなので、少しだけ緊張しております。よろしくお願いします。  このレポートを書いている今は、こちらへ来て二日目の状態ですので、話の内容が薄かったら来月の担当の方のレポートを読んでください。  大連は福岡に比べて肌寒いです。そちらはもう春だと思うのですが、大連ではまだみんな厚手のコートを着ている学生が多いようです。  大連外国語大学に到着するとまず、入寮手続きを行います。いろいろな国籍の留学生がある小さな事務局に押し寄せて、中国語が飛び交っている状態でした。日本人で在学生のボランティアをしてくださる方がいたので、とても助かりました。入寮の際は、想定以上の中国元がWi-Fiやデポジットを理由に必要でした、ここは注意しておいてください。私は六人部屋を選択しています。韓国、タイ、あともう一か国の方はちょっと前にお喋りしたのにどこ出身か忘れてしまいました、の五人が現在入っています。みんな優しそうな方たちばかりです。自分がその環境の中でどう楽しめるかを考えて行動することが大切ですよね、頑張ります。  出国前に食べるご飯、というものに私は少しこだわりがあって、やはり日本食を食べたいなと思うんですね。前回、海外に行く前はメグのから揚げ定食を食べたように。今回も空港で日本食を食べたいなと思っていました。しかし、預入荷物の一つが重量超過だったため、えっさえっさともう一つのバックパックに詰め替えをしていたので、ご飯を食べる時間が無くなってしまいました。悲しいです、最後に日本で食したものは15秒で体内にチャージしたウィダーインゼリーでした。では。
カテゴリー: 2018春, 新着情報
{z[
カテゴリー