posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 カリフォルニア州立大学モントレーベイ校 大屋結夢 2017年9月

 みなさん、はじめまして。カリフォルニア州立大学モントレーベイ校に留学しています、外国語学部英米学科の大屋結夢です。これから留学を考えている人の参考になるよう心がけながら、現地での生活を紹介します。  アメリカでの留学生活が始まって2週間が経ちました。時差ぼけが全くなくすぐにこちらでの生活に馴染むことができて、自分で自分の適応能力に驚いています。さて、まずはカリフォルニア州モントレーについて紹介します。朝晩は肌寒いですがカラッとした晴れの日が多く過ごしやすい気候です。学内にはリスやウサギ、近くの海にはラッコやアザラシが住んでいます。週末にフィッシャーマンズワーフを訪れた際には野生のアザラシがまるで「ようこそ、モントレーへ!」と言うかのように私を迎えてくれました。  次に、到着早々に見舞われたハプニングをお伝えします。無事に到着し手続きを済ませた後、生活に必要なものを買いにお買い物に出かけました。お買い物を終えて寮の部屋に入ろうとすると、鍵が開かないのです。鍵が中で空回りしているようでした。幸い中にルームメイトがいたので部屋に入ることができましたが、次の日オフィスの方に助けを求めました。すると、すぐに対応して下さって今では快適に過ごしています。困ったことやわからないことがあっても助けてくれる人が周りにたくさんいてくれるとても良い大学だと感じています。  最後に、到着してから約1週間あったオリエンテーションの期間について紹介します。オリエンテーション期間中は留学生用の説明会が開かれたり、キャンパスのあちこちで楽しいイベントが開かれたりします。留学生用の説明会には、51か国から来た約400人の留学生が集まりました。私はこの国際色豊かな環境に驚きました。日本では私が第二外国語として学んできたドイツ語を使う機会がありませんでしたが、ドイツから来た留学生もたくさんいるので使ってみようと思います。いろいろな国出身の異なる文化を持つお友だちができました。これから授業を通して、自分とは異なる考え方や価値観を学ぶことができそうなのでとても楽しみです。  インターナショナル・オフィスの方々や現地の学生、そしてアザラシさんにあたたかく迎えられ私の留学生活が幕を開けました。日本の大学生はまだ夏休みの真っただ中ですが、こちらではすでに授業が始まっています。より実りある留学生活にするために努力を継続していきます!   
カテゴリー: 2017秋

【留学レポート】仁川大学校 橋本千優 2017年9月

 こんにちは。外国語学部英米学科2年の橋本千優です。 仁川大学に到着して5日が経ちました。言語の壁や生活スタイルの違いに苦戦しながらも、新しいことに触れる機会を大切にしつつ生活をしています。  今回は、韓国に到着したばかりのことについて書こうと思います。まず仁川国際空港に到着してバディーの方と合流しました。その方は日本語で会話が可能なため、言語の面でも、交通の面でも、学校の施設についても、しっかりとサポートしてくださっています。それと同時に実家生である私は今まで両親に甘えてきたため、パニックになることが多々ありました。それは、自分の下調べと語学勉強不足が原因だと思いました。寮にはバディー無しで入らなければならなかったため、自分の伝えたいことをつたない韓国語で話しました。伝わることもあれば伝わらないこともありましたが少しでも自分の意思を伝えることができたので、これからの勉強の動機として貴重な経験になったと思います。  その後、寮に荷物を置き、バスで5分ほどのところにあるロッテマートというデパートへ行きました。日本ではなかなか見られない、コインを入れる形式のショッピングカートや無料荷物宅配システムがあり、新鮮でした。この無料荷物宅配の荷物は下の画像を見て分かるように、セルフでパッキングします。まだ留学生活が始まって間もないですが、自分のモチベーションを保ちつつ留学生活を送っていこうと思います。
カテゴリー: 2017秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タスマニア大学 安松孝 2017年9月

 こんにちは、英米学科の安松孝です。先日シドニーで髪を切った際に、カードが使えず現金も下ろせず代金が払えないという珍事もありましたが、元気にやっています。 今回はオーストラリアの生活について書いていきたいと思います。  まずは、皆さんがおそらく気になっているであろう携帯電話についてです。私は日本で使っていたdocomoのiPhone 6sをシムフリーにして使っています。ちなみに、docomoとの契約は解約せずに月額300円ほどの番号だけを保持する契約に変更しました。ただ、シムフリーにするには少し注意があります。それは、今使っている携帯電話が購入してから半年以上経っているかどうかです。携帯会社によって日数は多少異なるのですが、ほとんどの場合180日以上経過していればシムロックを解除できるはずです。この条件をクリアしていれば、可能です。あとは現地のシムカードを、現在使用している携帯電話に差し込んで、諸々の手続きをすれば使えるようになります。私は、月額40ドルで6ギガバイトデータが使えるプランを契約しています。国際電話もできますよ。  続いては銀行口座についてです。現地で口座を開設するメリットは現金が必要になった時に手数料を支払わなくてよいということではないでしょうか。急に現金が必要になった時にクレジットカードでキャッシングをすると手数料がかかってしまいますので、カードではなく現金主義の人は銀行口座を開設するのもありではないでしょうか。ただ、ほとんどのお店がカードでの支払いに対応していますので特に必要がない場合は開設しなくても問題はないと思います。また、ほとんどのATMがJCBカードにも対応しています(お店では残念ながら使えません)。ちなみに電話番号がないと口座は開設できませんので、ご注意ください。  そしてwifiについては、大学のいたるところで使えます。心配ご無用!  変圧器って買ったほうがいいの?買わなくて大丈夫です。たいていの製品が変換プラグだけで使えます。例外としてはドライヤーや炊飯器などです。240Vまでの電圧に対応している製品は、変圧器は必要ありません。  女性の方がきっと気になる化粧水についてですが、恐らく売っていません。私のリサーチ不足かもしれませんが、少なくともタスマニアでは見たことがありません。もしかしたらシドニーやメルボルンには売っているのかもしれません。肌の潤いはきっと大切なことだと思いますので、心配な方は、日本から多めに持ってくることをお勧めします。  授業について、ほとんどの授業が話を聞くだけのレクチャーと、問題を解くワークショップやディスカッションをするチュートリアルで構成されています。私はビジネス系の授業をメインで取っているので、チュートリアルではなくワークショップがほとんどです。英語を話したい!ディスカッションで英語力を高めたい!という人はチュートリアルのある授業を取ってみるのもいいのではないでしょうか。  写真は、偶然見つけた桜の木です。もしかしたら梅の花かもしれませんが、季節外れのお花見を楽しめました。  
カテゴリー: 2016春, タスマニア大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 ピッツバーグ大学 猪俣 美咲 2017年9月

 はじめまして。私は8月からピッツバーグ大学に交換留学しています、外国語学部国際関係学科3年生猪俣美咲です。よろしくお願いします。  私は8月16日にダラス経由でピッツバーグに到着しました。私は荷物をキャリーケース1つにおさめることができたので空港からはバスで学校まで移動することができました。もし荷物が多く、両手がふさがってしまうような場合は、バスでの移動は大変かもしれません。学校に到着したら、まず学生証を発行するオフィスへ行きます。この学生証をもらうことで寮に入ることができるだけでなく、ミールプランが使用できたり、バスにも無料で乗ることができます。私は到着したその日に、ほかの大学からピッツに交換留学に来ている日本人と一緒にバスに乗って、寝具の買い出しに出かけました。寮にはベッドフレームとマットレスはあるものの、掛布団やまくら、シーツなどは用意されておらず、自ら調達しなければなりません。無事必要なものは入手できましたが、帰るときにバスを間違えるというハプニングが起きてしまいました。途中で気づき、バスから降りたものの、そこは知らない場所で、いつ正しいバスが来るかわからず、時間的にも日が落ちていたのでかなり焦ったのを覚えています。なんとか寮に戻れるバスに乗れたものの、現地について初日からこんな経験をするとは思ってもいませんでした。  現地入りしてから最初の約2週間は留学生や現地の学生を含めた新入生用のオリエンテーションやイベントが開かれ、無料でご飯を食べたり、アイスがふるまわれたり、映画鑑賞会が開かれました。留学生や現地の学生と知り合えるいい機会です。留学生には比較的話しかけやすく、友達をつくることができましたが、やはりアメリカの学生の輪に入っていくのは勇気が必要で私にとってはハードルが高く、友達作りは難しかったです。しかし、この2週間でアメリカでの生活に慣れることはできました。  そして28日から授業がスタートしました。まだ始まって1週目なので、授業の説明が主なのですが、教室にいるだけでとても緊張しています。これから授業についていけるかどうか不安しかないのですが、なんとか食らいついていこうと思います。 写真は多くの授業が行われる「学びの聖堂」です。
カテゴリー: 2017秋

【留学レポート】 ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ 園元健 2017年9月

 こんにちは、カピオラニ・コミュニティカレッジに留学中の経済学部経済学科の園元です。  あと1週間ほどでハワイでの生活が1か月となります。真っ黒です。カピオラニ・コミュニティカレッジ(KCC)への派遣留学は今回が初ということで、これといった情報もないままハワイに来ました。が、KCCまで徒歩15分、皆さんのイメージ通りのリゾート感満載のワイキキまで車で5~10分の場所にホームステイしているので不安は2日目のお昼あたりで忘れてしまいました。KCC の授業がスタートするまでの間、オリエンテーションやピザパーティーがありますが、約2週間かけて行われるため自由な時間が沢山あります。時間があるうちにいろいろなことにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。  ここからは普段の生活について話します。私が参加しているESOL197というクラスは月曜から木曜までが9:20AM-11:25AMと1:40PM-3:45PMの午前と午後の二つの授業で、金曜は9:20AM-10:10AMという50分間の短い授業だけになります。内容はエッセイを書いたり、プレゼンをしたり、ディスカッションしたり、といったものです。先生も細かく説明してくれるので、心配しなくて大丈夫です!  普段は授業間の休みが2時間近くあるのでランチを食べた後は図書館で課題をしたり、予習をしたりしています。毎日課題が出るので友達と毎日図書館に行って課題をこなす日々を送っています。休日はほとんど家にこもらず、KCCの友達や他の語学学校の友達、ビーチでたまたま会った人たちとサーフィンしたり、ワイキキをぶらぶらしたりしています。ハワイは物価がとてもとても高いので毎日自分の物欲との闘いです。毎日英語に触れるので全く英語が伸びないことはないと思いますが、聞くばかりになりがちなので、積極的に会話をしないと喋れるようにはなりません。  ハワイは優しい方ばかりなので、とにかく現地の人と会話することをお勧めします!毎日KCCの課題はありますが、毎日が充実しているように感じています。一か月が過ぎてしまいましたが、残りの期間も時間を無駄にせずに過ごしていきたいと思います。参考になったかは不透明ですが、ここで終わりたいと思います。  
カテゴリー: 2017秋, ハワイ大学カピオラニ・コミュニティカレッジ, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 フォートルイス大学 中尾 希翔 2017年9月

こんにちは、外国語学部英米学科の中尾希翔です。私は今、派遣留学生としてアメリカのコロラド州のデュランゴという町にあるFort Lewis Collegeで学んでいます。学んでいるといってもまだこちらに来て一週間ほどしかたっていません。しかしいいところも悪いところも見えてきました。 悪いところは、食事です。私は脂っこいものやあまりにも不健康極まりないものが好きではありません。ある意味でアメリカの食事はすべて当てはまっています。感じることは、「甘い」「脂っこい」「濃い」です。だから私は自炊をしています。しかしお米が日本のものと違ってまずいです。工夫を凝らすか、文明の進化に感謝しながら「Amazon」を使うかしか方法はありません。 良いところは、英語を学べること、施設の充実さ、新しい友達が増えることです。日本人と話すときか、寝言を言うとき以外は確実に英語か日本語以外の言語なので勉強になります。施設の充実さとは、ジムや体育館、wifiです。ジムは筋トレ器具がたくさんあり、体育館では、授業で使われていなかったらバスケなどをすることができます。Wifiに関しては日本より勝っています。学校内ではほぼどこでもつながります。私は学校から5分ほど歩いたアパートに住んでいますが、完璧です。今はなぜか携帯がつながりませんがバッチリです。 もしこのレポート呼んで聞きたいことや、知りたい情報などありましたら、北九州市立大学北方キャンパスにある交際交流センターまで足を運んでみてください。職員の人に知りたい内容を伝えたら、私たちに連絡をくださるので、ご要望にお応えできると思います。   
カテゴリー: 2017秋

【留学レポート】 文藻外語大学 舟木樹里(2017年8月)

皆さんこんにちは。八月の留学レポートを担当します中国学科3年生の舟木珠里です。宜しくお願い致します。 去年とスケジュールが同じであれば、そろそろ春の留学の選抜が終わり来学期から交換派遣留学するメンバーが決まったころかと思います。私も半年前はきたる留学に備えるべく台湾や中国、また英語圏に行かれた先輩の留学レポートを読んでイメージを膨らませていました。半年前の自分を振り返り留学生活を前にどんなことが不安であったか、また行く前に知っておけばよかったことや準備しておけばよかったことなどを思い返してこれから留学に行かれる皆さんや留学を検討されている皆さんに役に立つ情報が書ければと思います。 まず、生活環境、生活費とネット環境について説明します。 台湾の場合は4人部屋の大学敷地内の寮と学校から歩いて15分ほどの学外アパートの一人部屋を選ぶことができます。今年の北九大から台湾に留学している6名のうち学外アパートに住んでいるのは私一人で5名は大学内の寮に住んでいます。先輩方の話を聞いてもだいたいはじめは寮に住む子が多いです。学外アパートの家賃は毎月現金払いでだいたい2万5千円プラス光熱費、ネット代も入れて2千円くらいです。一階に管理人さんが24時間いてその人に払います。また電気が切れたりエアコンがつかなくなったり困ったことがあれば、その人が対処してくれます。部屋はベッド、テレビ、机、タンス、エアコンなど家具付きのシャワー、トイレ一緒です。アパートは汚くはないですがきれいでもないのでそんなに期待はしない方がいいと思います。寮は一学期分まとめて支払いますが一カ月で計算すると学外アパートの半額かそれ以下ぐらいだったと思います。 また、キッチンがないのでみんな三食外食です。普段自炊に慣れていると、最初のうちは相当なストレスですが今となっては、慣れました。私の場合、食費はジュースなどの飲み物代も入れて毎月2万円ぐらいです。他には、生活用品が数千円でプラス月によっては旅行代や交際費、服を買ったりすると結構出費になると思います。家賃と食費とバスや電車は、日本よりも安いと感じます。それ以外は日本と同じくらいかなと思います。 大学内は寮や一部の校舎を除きwifiがあります。学外アパートは一階のロビーにwifiがあり、部屋は有線のインターネットがあります。私はwifiルーターを差しているので部屋でもwifiが使えて便利なのでおすすめです。また、パソコンを繋げてパソコンからwifiを飛ばすこともできます。ただし、機種によってできないものもあるようです。ちょっと自信がないのですが確か寮のネット環境も学外アパートと同じだったかと思います。 Wifi環境はこのような感じですが、スマホにsimカードを差してwifiがなくても外でネットが使えるようにしておくのがベストかなと思います。値段もそんなに高くなかったです。私のプランは4カ月9千円くらいで3Gの無制限ネット使い放題で電話番号もついています。私は中華電信という携帯会社を使っていますが、他の会社でも似たような感じだと思います。Simフリーのスマホを持っていない子は現地で安い携帯を買って二個持ちする、また買わずにwifiがあるとこだけで使う子もいます。 また、台湾に到着した日はアパートも寮もベッドと薄いマットはあるのですが、布団やシーツ、枕は自分で買わなければいけないので、到着が夜になる人はそのことを頭に入れておいた方がいいと思います。 留学していた先輩などに、予め渡航前に分からないことを聞いておくことをおすすめします。知り合いがいればいいですが、もし一年生などで留学が決まった人などは知らない先輩に連絡を取るのは緊張するかと思います。しかし、留学を経験した先輩たちはみんな連絡がきて面倒とは思はないので、積極的に連絡を取っていくといいと思います。 またこれから中華圏の留学を考えている人たちは、中国だけでなく台湾留学も候補に入れてほしいなと思います。北九大には多分台湾人の先生がいないと思うのでなかなか台湾の良さを伝える人がいなくて私の周りではみんな中国に留学したいと思う人がほとんどでした。台湾といえば発音が違う、字が違うというのを理由に選択肢から外されるのかと思いますが個人的にはだいたい一緒で英語もアメリカやイギリスなどの地域によって差があるのと同じくらいだと思います。温かい気候やゆったりとした時間の流れが好きな人にとって、台湾はおすすめなので是非検討してみて下さい。   学外アパートの一人部屋の写真
カテゴリー: 2016春, 文藻外語大学, 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉杉本睦美(2017.3月派遣)

こんにちは。文学部比較文化学科3年の杉本睦美です。TCCでの生活も残りわずかとなり、帰国まで一か月をきりました。今回は学習そして普段の生活について書かせていただきます。 はじめに学習面に関してです。タコマ派遣留学の特徴といては、たくさんの仲間とともに留学生活を送ることです。そのため自分から積極的に英語の学習をしていくことが必要となります。もちろん日本人の仲間と話すことも悪いことではありませんが、積極的に現地の学生、また他の留学生と話すことをお勧めします。しかし仲間が多くいることで、お互いに助け合い、高めあえることができます。例えば、私は日本人の友達と話すときも英語で話すようにしています。このように心がけ次第で、どのように成長することもできます。また授業に関してですが、言うまでもないですがすべて英語での授業です。先生方も私たちばかりを気にしていられないので、はじめは授業についていくのに必死でしたが、回を重ねるごとに理解ができるようになりますし、質問に行けば丁寧に教えてくださいます。またアメリカの授業は日本の授業とは異なります。先生が質問を投げかけて、それに生徒が答えるという場面がたくさんあります。授業中に発言するということは難しいかもしれませんが、これもまた回を重ねるごとに慣れてきます。積極的に発言することで、理解できていないところも発見でき、先生とのコミュニケーションを取ることができ、学習意欲がわいてくると個人的には感じています。発言をするために私が心がけていたことは、教室で前方の席に座ることです、そのことで必然的に先生との会話が必要となるためです。そしてもう一つの大きな特徴としては課題がたくさん出ます。正直、かなり大変だとは思いましたが、課題のおかげで英語だけではなく、タイムマネージメントの能力、忍耐力も身につきました。またTCCの先生はとてもフレンドリーで、友達みたいな感覚で話すこともでき、何かあれば支えてくれる先生方ばかりです。 次に普段の生活についてです。まず週末についてです。春のクオーターはあまり週末に課題が出されることがなかったため、放課後に課題を終わらせていたので、週末は基本的に友達と遊んでいました。ショッピングモールや海、映画、美術館などたくさんのエンターテイメントがあります。タコマはシアトルに近いです。またTCCのイベントもあり、スポーツ観戦、お祭りへの参加、旅行、ボランティア活動などたくさんのアクティビティがあります。夏のクオーターは週末課題が多く、遊ぶ時は遊び、課題をするときは課題をするとけじめをつけて生活をしていました。放課後についてです。放課後はカフェテリアに行き、友達とゲームをしたり、話したりしていました。多くの学生がカフェテリアにいて、楽しい時間を過ごすことができます。また毎週火曜日は映画が$5で見られるので、友達とよく映画にも行っています。学校の近くにスターバックスやレストランもあります。そして休暇についてです。春派遣では二回の休暇があります。一回目の休暇にはニューヨークへ行きました。また八月の中旬からはディズニーランドとグランドキャニオンに行く予定があります。 タコマでの残りの生活も、悔いのないように楽しみ、勉強に励みたいと思います。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(18期), 新着情報, 留学レポート

〈タコマ・コミュニティカレッジ〉中山実奈美(2017.3月派遣)

こんにちは。外国語学部英米学科二年の中山実奈美です。タコマでの生活も残り一ヶ月をきりました。タコマでの生活について、主に二つお話しさせていただきます。一つ目は、英語を話す機会の多さです。学校にいる間は、授業中はもちろん昼食の時間や、放課後に学校にいる現地の人との会話を楽しんでいます。また、家の中でも話す機会がたくさんあります。食事中はその日の出来事やアメリカと日本の文化の違いについて話したり、食事後は英語のゲームをしたりと、家にいる時間も英語に触れることができます。このように、留学することによって探さずとも英会話の機会はあふれているため、スピーキングやリスニングを向上させたいと思う人は積極的に話しかけたり、分からないことは聞いたりと工夫することでさらに英語力をつけることができると思います。二つ目は、文化の違いを直に感じられるということです。留学を経験することで、日本にいる間に抱いていたアメリカに対する固定観念ががらりと変わりました。渡航前は、日本と比べた治安の悪さから危険な人がたくさんいるのだろうと思っていましたが、そんなことはありません。突然、通りすがりの人から服装やアクセサリーを褒められたり、困っている人がいればすかさず声をかけて助けに行ったりと優しい人たちでいっぱいです。そして、これも文化の違いだなと思いました。最後に、今回の留学を通して英語だけではなく文化や習慣、生活様式の違いなど多くのことを学びました。私は一年生の五月頃にタコマ派遣留学を決め、価値観や考え方が大きく変わったため、早くから留学経験ができてよかったと思います。長くなりましたが、このレポートが留学を決める手助けになればなと思います。ありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(18期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 大連外国語大学 山口浩太 2017年8月

 こんにちは。8月の留学レポートを担当させて頂きます、中国学科3年山口浩太です。  留学生活も半分が終わりました。前期は勉強だけではなく普段の生活でも苦労することが多々ありました。文化の違いや生活様式の違いを強く感じました。例えば、トイレにはトイレットペーパーは備え付けられてないので、ポケットティッシュを持ち歩かないといけなかったり、水道水は飲むことができないので、頻繁にミネラルウォーターを買わないといけなかったりしなければなりませんでした。他にもスマートフォンを使って買い物をすることが多く、あまり現金を持ち歩かない人も多いということにも驚きました。  授業は、クラス分けが細かくされており入門クラスから上級クラスまであります。そのため、自分のレベルにあった授業を選択することができます。私は中級クラスで前期勉強しました。1クラス約20人なのですが、私のクラスは27人と比較的多かったです。韓国人、ロシア人、日本人が多く、他にはインドネシア人、タジキスタン人、カメルーン人の学生がいました。国際色豊かなクラスで、とても仲が良く、毎月クラス会があり、食事やお酒を飲みながら交流を深めました。半期で大連での留学を終えるクラスメートもたくさんいて少し残念ですが、一生忘れられない思い出と友達ができたことはとても嬉しく思います。  夏休み明けにはまた大連で約4ヶ月過ごすことになります。さらに充実した留学生活にできるよう努めたいと思います。   留学生活の様子
カテゴリー: 2016春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー