posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】クイーンズランド大学 赤司千捺 (2015年8月)

こんにちは。クイーンズランド大学交換留学中の赤司です。 8月に入りましたね!日本はとても暑い、と日本の友達と家族から連絡が入りましたが、本来冬であるはずのブリスベンも意外と暑いです。(笑)日差しが強いので余計そう感じるのかもしれません。   さて、6月〜7月の近況報告をしたいと思います。   ★UQ Dance ball Ballってご存知ですか?競技用の球の事ではなく、ダンスパーティーの事を言います。 私はUQダンスサークルに所属していて、1学期の終わりに 人生初’ball’ に参加してきました。通常のballであれば、入場料のみで200ドル(2万ほど)と聞きましたが、今回のは学生団体の企画なので、50ドルでした(それでも高いと思いましたが、、、) 。 バーテンダーさんが作るドリンク、軽食が出され、後は社交ダンスを楽しみました。初めて出会う人も多く、良い経験になりました。小さい頃からダンスをしてきた私ですが、新しいダンスのジャンルにオーストラリアで挑戦して本当に良かったなと思います。一つの理由は、普段アカデミックでは使わない単語に触れられたこと。例えば ダンスで良く使われる’重心を高く保つこと’は ‘squeeze up’ など、、、現地に来たからこそ学べた単語だと思っています。二つ目の理由は 同じダンス好きという趣味で人と繋がれること。これはどの趣味でも同じ事だと思いますが、やはり共通の話題は盛り上がります。 ‘Have a ball’ 楽しい時を過ごす という意味のイディオムがある通り、とても楽しいダンスパーティーでした。     ★ICTE最後のセッション performance 最後のICTEクラスは、AECS(advanced English communication skills) でした。スピーキングとリスニングが中心の授業、最後には自分たちで一から考えたperformanceをICTE学生、スタッフみんなに披露しました。 異文化間のグループワーク。難しいことの方が多かったです。印象深かったのは、放課後に残って作業をするのは日本人だけだった事(笑)。16人のクラスのうち私を含めて5人が日本人でしたが、5人とも残って作業してました。日本人は残業しすぎ、よく言われるフレーズですが、小さい頃から植え付けられた文化なのだろうと思います。1人が残ってたら申し訳ないから残る、この感覚は日本人の共通の感覚と言えると思います。これが良いとか悪いとかではなくて、感じたことでした。 色々あった結果、パフォーマンスは大成功。異文化間の問題と解決策をテーマに 面白いビデオを作り、それに沿って劇、歌を取り入れました。例えば 日本人とブラジル人の挨拶の仕方とか、香港人と韓国人のカップルの言い合いとか、、、私は香港人に喝を入れる日本人役でしたが、普段日本人って怒鳴らないなと感じました。何回練習しても、“それは怒ってない、呆れてるだけ”と注意されました(笑)いい思い出です。   パフォーマンス直前、みんなで   ★メルボルン旅行 語学学校が終わってから1週間のホリデー中にメルボルン旅行に3泊4日行ってきました。北九大からワーホリでブリスベンに来ているお友達と。国内格安航空‘タイガーエアライン’を使い往復2万ほどでした。   初日からメルボルンでワーホリ中のお友達とも合流し、北九大reunionしました。クラスも違いますが、海外で北九大生に会うのはとても新鮮です。オーストラリアでの様々な経験(良いことばかりじゃありません)をシェアして盛り上がりました。 メルボルンはカフェ文化が有名で、お洒落でオリジナルなカフェがたくさんあります。多くの人が片手にコーヒーカップを持って行き来してました。現地で生活する北九大のyちゃんが色んなカフェに連れて行ってくれましたが、その子が働くカフェにお邪魔したのが、一番のメルボルン旅行の思い出です。手際よくコーヒーを作ったり、接客する姿を見て、刺激を受けました。とってもかっこよかったです。                            北九大reunion   また、1日ツアーを利用して、有名なグレートオーシャンロードに行きました。朝の7時から夜の10時まで。10か所ほど観光地を回りながら、楽しみました。さすがに最後はバテバテでしたが、きれいなオーストラリアの自然に感動しっぱなしでした。   ★ラミントンナショナルパーク また、1週間のホリデー中にオーストラリアのお友達にナショナルパークに2泊3日のキャンプに連れていってもらいました。さすがに冬に山の上で寝泊まりするのは、非常に寒かったですが、自然に囲まれて本当に幸せでした。オーストラリアの自然は私が今までに日本で経験したことない素晴らしさです。まずレインフォレスト、日本では屋久島が有名ですが行ったことない私にとってすべてが初めてです。見たことのない植物が青々と茂っていて、空気がとっても気持ちいい!大きな滝、野生のワラビーやパディメロン(トトロみたいに中カンガルーと小カンガルーのイメージです)、人懐こいオウム、たくさん自然に触れて幸せな経験しました。 言葉では伝わりにくいので写真はります。     ワラビー と パディメロン かわいすぎます       ★UQ授業の開始 8月から待ちに待ったUQでの授業が始まりました!私はマクロエコノミックス、マーケティング学、コミュニケーション学、インターネット学の4つのコースを履修していますが、どれも難しい!でも、楽しい!です。あっという間に2週間が過ぎましたが、レクチャー前に教科書を読み、レクチャーで必死にノートティキング、チュートリアルでは英語でのディスカッションする難しさに驚き、レクチャーレコーディングを利用して復習。 ハードですが、とても楽しんでいます。特に興味のあるコミュニケーション学は、1時間のレクチャーがあっという間に感じます。これから課題やテストに追われる日が始まりそうですが、頑張っていきたいと思います。 ★スチューデントサービス 先日、授業についていけていないと強く感じUQのstudent serviceを利用しました。このサービスは勉強、人間関係など不安に感じたり困ったりした生徒に向けてカウンセラー、アドバイザーさんと一対一の面談ができるサービスです。私が相談したアカデミックアドバイザーさんはインターナショナルスチューデントに講座を開いてる女性の方でした。私の状況をしっかり聞いてくれて、そこからたくさんアドバイスをくれました。 UQには学生が快適に過ごせるサービスがたくさんあります。たとえば、インターナショナルスチューデントに向けて無料の少人数制の英語の授業が開講されていたり、mate@UQという友達を作る機会が提供されていたり、もっと早く利用しておけばよかったなと思いますが、これは来年度のUQ交換留学生に伝えておこうと思います^^ さて、残すところ4か月!気を引き締めて頑張りたいと思います。 ありがとうございました。    
カテゴリー: 2014, 2014春, クイーンズランド大学, 留学レポート

【留学レポート】カーディフ大学 安東哲志 (2015年6月)

カーディフ大学での生活も終わりを迎え、寂しいですが、この回が最後の留学レポートとなります。最後ということで、まとめ役が苦手な私ですが、この留学生活を少し振り返りたいと思います。 タコマ留学を経験した上での大学生活でしたが、留学当初はやはり、不安や焦りで頭が一杯でした。休み明けの後半から、何か新しいことに挑戦しようと決め、近くの劇場でボランティアとして働き始め、興味のあるミュージカルや劇を見ることができ、またそこで沢山の人に出会うことができました。この経験を通じて、さらに自信が湧き、もっと何か日本ではできないことをやろうと、残りの3か月間、毎週近場のパブで歌い, このおかげで、色んなミュージシャンやお客さんと知り合うことができ、この留学生活の中でも特別な経験となりました。自信が生まれると共に、不安や焦りもなくなり、留学生活にも満足できるようになりました。 今回が最後ということで、個人的な経験話となりましたが、これから留学を考えている方、留学中の方の参考になればと思います。 日本へのフライトの日を目前に、最後のウェールズ観光をしているところです。実際に訪ね、素晴らしい自然に囲まれたこの地方にまた戻ってきたいと感じさせる、ウェールズの魅力を堪能して帰りたいと思います。
カテゴリー: 2014, 2014秋, カーディフ大学, 留学レポート

【留学レポート】タスマニア大学 渡嘉敷泰斗 (2015年6月)

こんにちは。 UTASに留学中の渡嘉敷です。 6月に入ってタスマニアでは本格的に冬のシーズンが始まりました。寒さ的には北九州の冬とそんなに変わらないような気がします。なので寒いです。今回は学校と住まいのことについてのレポートです。 UTASでの一学期の講義は5月で全て終了しました。一学期が終わるころの5月は課題の締め切りや6月にある試験の準備などで生徒はみな忙しいです。私もエッセイやグループプレゼン、毎週出るプチクイズやグループでのエッセイがあり例外ではありませんでしたが、なんとか乗り越えることができてよかったです。そして6月は、先ほども少しふれたように試験期間であり、生徒たちはもうひと踏ん張りという感じです。 試験は北九大のように○曜日の○限だから、試験の時間も○曜日の○限、というわけではないため、試験のスケジュールが出るまで自分の試験がいつどこで行われるかは予想がつきません。ちなみに私の場合はなんと試験 期間の初日(しかも土曜日)に全ての試験があったため、みんなより一足早く冬休みが実は始まりました。また、試験が行われた場所は驚いたことに、UTASの中にあるバーで行われたこと。普段はお酒などを提供している場所が机がびっしり並んだ試験会場に変わっていて、日本じゃたぶんありえないだろうなと感じました。 次は住まいのことについてです。留学中で気になることの一つに住まいをどうしようかと悩む方も少なくないと思います。私は以前学校の寮に住んでいました が、最近引っ越しをして今はシェアハウスで暮らしています。 タスマニアに留学する際、初めは寮がいいと思います。なぜなら、大学の寮なので住んでいる人は みな学生であり、また寮のイベントなどが定期的に開かれる(特に講義が始まる前の一週間は毎日ある)ため友達ができやすいです。また、大学からも近いですし、セキュリティに関してもばっちりです。なら、なぜ私が引っ越しをしたかというと、寮は家賃が高く、またオーストラリアではすごく一般的なシェアハウス を一度経験してみたかったからです。オーストラリアでは学生はもちろん、カップルや社会人もシェアハウスに住んでいる人が多いです。シェアハウスを探す際には友達の紹介やGumtreeというサイトから検索して探しました。さまざまな家を実際に見て回った結果、今はGumtreeから見つけた物件に暮らしています。シェアメイトはマレーシアとシンガポールのUTASの学生で、オージーの英語とはまた違い、発音が二人ともすごくクセがあるので、おもしろいです。これからはこの新しい環境で楽しんでいきたいです。 写真は家の近くで毎週土曜日に開かれるサラマンカマーケットの様子とgumtreeのロゴです。 以上、6月のレポートでした:D
カテゴリー: 2014, 2014春, タスマニア大学

【留学レポート】フォート・ルイス大学 米澤優 (2015年6月)

 こんにちは。フォートルイス大学の米澤優です。 今回が最後の留学レポートになります。4月30日にフォートルイス大学でのすべての授業が終了しました。昨年の8月にこの大学にきて9か月間、一日一日が充実しておりあっという間に過ぎてしまいました。最初は多すぎる課題と泣きながら格闘し、言語の壁に苦しみ友達の作り方がわからず、アメリカンサイズの食事をすべて食べきることができなかったりと、辛かったこともありましたが、授業にも慣れ友達もできるようになって毎日が楽しくなりました。アメリカンフードもいまではペロリと食べきることができ、アメリカの文化にも慣れることができました。限られている留学生活を後悔しないために、自らアカペラクラブを作ったり、合唱のクラスでステージに立つなどしたいことは全部しよう!!と行動に移してきました。そのおかげで自分に自信を持つことができましたし、ちょっとしたことではくよくよ悩まなくなりました。 私はフォートルイス大学に留学し、この大学のあるDurangoという町、人が本当に大好きになりました。 そして、私は五月の間、DurangoのダウンタウンにあるDurango tourism officeというところでインターンシップをしました。 私は観光業に関係する仕事がしたいと考えており、またDurangoは観光業がさかんなので、私のしたいことにぴったりでした。このtourism officeはダウンタウンで観光客に情報を提供しているWelcome centerの中にあります。私は週2~3のペースで午前9時半から午後5時まで勤務しました。私の仕事内容は、主に広告の仕事で、Durangoのアプリにイベントページを作ったり、ウェブサイトの写真ギャラリーに写真をアップしたり、ウェブサイトのイベントの写真をデザインしたりしました。ずっとパソコンと向き合ってウェブサイトやアプリを管理している仕事でわからないこともたくさんありましたが、職場の方々が優しく教えてくださり一つ一つ仕事をこなすことができました。この広告の仕事を通じて、Durangoのことをたくさん知ることができましたしDurangoの魅力をもっと多くの人に、日本人に知ってもらいたいという気持ちになりました。 また広告の仕事以外に一度Welcome centerのフロントデスクに立たせてもらう機会がありました。観光客がきたら、職場の方がどのようにレストランを紹介したり、Durangoでどのようなことができるかなど地図を使って紹介しているのを見学させてもらいました。観光客の求めている情報だけでなく無料で楽しめるスポットや目的地までの行き方も提供されていました。ここでのインターンシップは私の将来にとても影響をもたらしましたし、もっとツーリズムについて勉強したいと思いました。職場の方々にもとても助かったよと言っていただき嬉しかったですし、またDurangoを訪ねたいと思いました。     これは私が作ったイベントページの写真をデザインしたものです。   これはウェブサイトの写真ギャラリーにDurangoの写真を載せて編集したときのページです。山の写真や、有名な汽車の写真が多いです。     この写真は職場の方々と一緒に写真を撮らせていただいたときの写真です。皆さんとても優しくいつも助けていただきました。   大好きなフォートルイス大学、Durangoの街を去るのはとても悲しく、また友達とお別れをするのは辛かったですが、たくさんの自然に囲まれてのびのびと留学生活を楽しむことができました。私の留学を助けてくれた両親、友達、先生、国際交流センターの方々に感謝しています。ありがとうございました。
カテゴリー: 2014, 2014秋, フォート・ルイス大学, 留学レポート

【留学レポート】ピッツバーグ大学 岡村 遥 (2015年5月)

こんにちは。ピッツバーグ大学に留学している英米学科の岡村です。 ピッツバーグ大学での留学生活も終わりを迎えました。4月末にファイナルを終え、夏休みに入りました。8月にピッツバーグに来て全て終了したことが信じられないくらい時間が経つのが早かったです。 私は、最後にナイアガラの滝とグランドキャニオンに行ってきました。留学が決まってから、絶対に訪れたいと思っていた場所だったので訪れることが出来てとても満足しています。ナイアガラの滝はカナダ側から見物したのですが、水が透き通っていて、本当に綺麗でした。どこから眺めても迫力がありました。 グランドキャニオンは壮大でテレビや雑誌などで見る以上の感動がありました。この留学期間中に色々な場所を訪れましたが、このナイアガラの滝とグランドキャニオンは特に印象に残った場所になりました。   ピッツバーグに留学することが出来て本当に良かったと思っています。 ピッツバーグの人はとにかく温かく、優しい人ばかりです。街の雰囲気も穏やかで暮らしやすいと思います。私はこの留学生活で百聞は一見に如かずということを改めて実感しました。何でも自分で挑戦して、体験して初めて気づかされること、納得することが多くありました。ナイアガラの滝に関しても、カナダから見た方がいいということは何回も聞いたことがあるけれど本当にそうなのだろうかと思っていました。しかし、実際に訪れてその意味がよく分かりました。 世界中の友達も増えました。自分の価値観だけにとらわれるのではなく、色々な考えがあって、そんな考え方もあるのだと受け止めることが大切なのだと改めて思いました。色々な人と知り合うことが自分の考えの幅を広げてくれたように思います。 私は、元々、留学しようかどうか悩んでいました。しかし留学して今までのことを振り返ってみて本当にピッツバーグに留学して良かったと思います。何事も自分でやってみなければ分からないということを実感した10ヶ月間でした。
カテゴリー: 2014, 2014秋, ピッツバーグ大学, 留学レポート

【留学レポート】オックスフォード・ブルックス大学 狩浦愛沙佳(2015年4月)

こんにちは。去年の9月からOxford Brookes Universityに留学している、英米学科2年狩浦愛沙佳です。今月のレポートは私が担当します。こっちに来てあっという間に半年が過ぎてしまいました。オックスフォードにも桜が咲き始め、日もだいぶ長くなり、昼間は半そでの人を見かけるほどだいぶ暖かくなってきました。最近は、いよいよ2ヶ月後の帰国が迫ってきたなと日々感じています。   私は、前期はUniversity Englishという語学に重点を置く授業を受講していました。毎日1技能ずつ4時間みっちりの授業でした。エッセーの書き方やプレゼンの仕方など、少人数のクラスで多くの基礎的な知識を学ぶことができました。日本の授業とは違い、グループやペアで話す機会が多くあり、そこでしっかりと自分の意見を言えることが大事です。語学の授業なのでネイティブは一人もいませんが、自分たちと同じように英語を学ぶ生徒ばかりなので友達も作りやすいです。 2月から後期が始まり、早くも2ヶ月が経ちました。前期とは違い、今は他の学生と同じ授業を受講していますが、私はインターナショナル生徒向けの科目を多めに受講しているため、ネイティブと同じ授業を取っているは学生より少し課題が楽な気がします。それでも、課題をこなすためには何時間も図書館で勉強する必要があるため、日本の授業よりはるかにきついです。学期は全部で12週間あり、先週8週目が終わりました。どの科目も最終エッセーや課題が出て、これからさらに大変になると思いますが、頑張りたいと思います。   ここからは、学業以外のことについてお話します。今学期は授業が週3日なので、それ以外は休みです。週末は友達とロンドンに行ったり、夜はパブに行ったり楽しく過ごしています。オックスフォードからロンドンまではバスで2時間もかからず行けるので、他の日本の生徒もよく行っている気がします。 オックスフォードは、天気がよかったり悪かったり変化が激しいですが、個人的にとても住みやすく寮にもとても愛着がわいて、帰国するのが寂しいくらいです。私のフラットメートはインターナショナルでみんな仲がよく、キッチンは共有ですが、みんなきれい好きなのでその点で困ることはありません。ただ、全体的にフラットメートとキッチン利用のことでトラブルになるケースは多いので、それは本当にフラットメート次第です。   私は、イギリスに来ていろいろな人と出会う中で、たくさん刺激を受けました。将来自分は何がしたいのか、日本に帰って自分がすべきことは何なのか、自分自身について考える機会がとても増えました。残り約2ヶ月、人との出会いを大切に、悔いのないよう思いっきり楽しんできたいと思います。        
カテゴリー: 2014, オックスフォードブルックス大学
{z[
カテゴリー