posts archive
ブログアーカイブ

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 外国語学部英米学科2年 K.F 2019年10月

こんにちは、外国語学部英米学科2年の福田希和です。タコマでの留学生活が始まり1か月が経過しました。この1か月の間にシアトルマリナーズの試合観戦に行ったり、留学生の友達と映画を見に行くなど、充実した留学生活を過ごしています。今回のレポートではタコマ・コミュニティカレッジでの学校生活や、ホームステイの様子について書きたいと思います。 約1月前に日本を出発した私達ですが、出国1週間ほど前から、タコマでの生活がとても楽しみでわくわくどきどきしていたのを覚えています。私にとっては初めての海外で、不安よりも期待のほうが大きかったです。まず学校生活について書きたいと思います。タコマに到着してから3日ほどで学校でのオリエンテーションが始まります。オリエンテーションには北九大の生徒だけでなく、中国、韓国、ベトナム、スペインといった世界各地からの留学生が参加していました。一緒にゲームをしたり、食事をすることで自然に会話をするようになり、SNSのアカウントを教えあったりと、友達を作る良い機会になりました。またオリエンテーションの中では、メンターと呼ばれる学校生活をサポートしてくれる学生たちとも知り合うことができました。そのようなオリエンテーションに2日間参加したのち、オリエンテーション3日目には留学生とメンターの皆でシアトルに観光に行きました。日本とは全く景観の違う場所で、英語しか聞こえない環境が私にはとても新鮮で見るものすべてに興味津々でした。オリエンテーションが終われば次の週からは授業が始まりました。早ければお昼までに授業が終わる日もあるのですが、日本にいたころとは違い、宿題の量が多く、そのまま学校に残って友達と一緒に終わらせてから家に帰るというのが今では習慣になっています。カフェテリアと呼ばれる学生が集まる場所にはメンターの学生がいることも多く、困ったことがあれば相談にのってもらうこともしばしばあり、とても助かっています。 次にホストファミリーについて書きたいと思います。私のホストファミリーはホストマザー、ホストファザー、15歳のホストブラザー、12歳のホストシスターです。タコマに到着した日に初めてホストファミリーと会い、彼らとの生活が始まります。私が一番心配していたのはホストファミリーがどんな人たちなのかということだったのですが、温かく迎えいれてくださりとても安心しました。しかしながらホストファミリーとの生活の中で困ったこともありました。それは食生活です。私のホストファミリーは全員が小麦に対してアレルギーを持っており、日本にいたころとは全く違った食生活になってしまったのです。今ではだんだんと慣れてきており、パンについては私専用のものを買って来てくださったりなど一緒に住むうえで工夫をしてくださっています。私のホストシスターは12歳なのですが、私の部屋に来て会話をすることもあれば、一緒に料理を作ったりネットフリックスを見たりすることもあり、友達のような感覚で接してくれています。 授業が始まってからというもの、日本とは桁違いの課題の量に疲弊しているのですが次の日曜日にはボーイング社、アウトレットモールへのお出かけを控えており、それを楽しみに友達と協力しながら課題に取り組んでいます。まだまだ思うように英語をスラスラとは話せず、あきらめてしまうことも多く、私自身の課題になっています。日々英語を使うことを意識すること、間違いを恐れないことを肝に銘じて、確実に英語を改善していきたいと思います。取り組んだ課題や、学校生活、様々な活動が自分を成長させてくれると信じて、残り約5か月の留学生活も充実させたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ, タコマ・コミュニティカレッジ(23期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 タコマ・コミュニティカレッジ 文学部比較文化学科2年 Y.O 2019年10月

こんにちは!比較文化学科2年の大迫由菜です。タコマに到着してから3週間が過ぎました。着いたばかりの頃と比べると、少しずつですがタコマでの生活に慣れてきています。ここでは学校と家での生活について私が感じたことを書こうと思います。 まずは授業についてです。現在私はFall Quarterの授業を受講しています。私が受講している4つのクラスの内、3つは北九大の生徒と受講するクラスです。TCCの学生と受けるAmerican Historyは、毎週エッセイの提出もあり大変ではありますが、ディスカッションなどを通して現地の学生の意見や発言力の凄さに圧倒され刺激を受ける日々です。アメリカでは自分の意見を言葉にする事はすごく重要なことで、彼らは常に自分の意見を持ち、それを自ら進んで先生やクラスメートに発言する力を持っています。まだディスカッションの経験は少なく、私は自分の意見は全く発言できずにいる段階ですが、一生懸命に先生やクラスメートの英語を聞き取り、少しでも早くみんなに追いつこうと努力している最中です。 次にホストファミリーとの生活についてです。私のホストファミリーは留学生の受け入れ経験がとても多く、優しい夫婦です。私の未熟な英語も一つ一つ聞いてくれて、私が分からないことがあっても何でも聞きなおせる環境をつくってくれています。自分の伝えたいことが上手く英語に出来なかったり、会話のネタを一生懸命探したりすることは日常茶飯事です。それでもホストファミリーと会話する時間はとても有意義なものです。また週末には私をいろんな場所に連れて行ってくれます。先週末はホストマザーの妹とその娘の誕生日のために夕食に招待してくれました。誰かの誕生日の時は必ず親戚で集まるみたいで、そんな場所に私を呼んでくれたことが凄く嬉しかったです。これからThanks givingやChristmasなど家族が集まる機会が沢山あるので、それを楽しみに英語力を伸ばす必要があると考えています(笑)。また週末は友達とお出かけ出来る機会でもあります。自分の行ったことのない場所に出かけたり観光したりするのは本当に有意義な時間でとてもいい経験になると思うし、旅行にも行きたいなと思います。 このようにタコマに着いてたった3週間ではありますが、学校の先生やメンターの学生、友達、家に帰ればホストファミリーに沢山助けてもらいながら留学生活を送っています。タコマでの留学生活まだまだ始まったばかりですが、勉強も遊びも一緒に楽しみながら、最高の体験談と思い出を作って日本に帰りたいと思います。最後まで読んで下さりありがとうございます。 写真は、シアトル・マリナーズの試合を見に行った時のものです。
カテゴリー: タコマ・コミュニティカレッジ(23期), 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 韓国海洋大学校 外国語学部国際関係学科2年 R.O 2019年10月

みなさんこんにちは、韓国海洋大学校に留学中の国際関係学科2年奥代凜花です。留学生活がスタートして1ヶ月が経ち学校生活にも段々慣れてきました。今回は生活に欠かせないお金とスマホについてレポートにまとめたいと思います。 まずお金について、私は学校の中にある銀行で口座を作りました。9月末に発行される外国人登録証や韓国の電話番号がなくてもパスポートがあれば作成できます。日本から送金しなくても済むように日本からできる限り現金を持って行ってウォンに換金し口座に入金した状態で、現金と口座のカードを併用しながら生活しています。このカードはほぼ全てのお店で利用でき、デビッドカードなので使いすぎの心配もなくとても便利です。 次に携帯電話については、日本でSIMフリーに設定し、韓国の携帯会社で購入したSIMカードに入れ替えて使っています。私が使っているSIMカードはいつでもどこでも容量を気にせず使える月額36000ウォン(約3300円)のものです。Wi-Fiルーターをレンタルするよりもお得で便利なのでSIMカードを使うことをお勧めします。 学校生活では友達が作れるか不安でしたが、私たち留学生はどの学部の授業でも自由に選択できるので、私が所属する東アジア学科以外の学科の人とも交流でき、日本に興味のある人がたくさん声をかけてくれました。授業に必要な教科書は学校の書店にはないものが殆どなので、市内の大きい本屋さんで注文するか通販で購入する必要がありましたが、その際も優しいクラスメイトが通販で私の代わりに注文し助けてくれました。 分からないことや困ったことがある時は、留学生担当の職員さんはもちろん、授業でお世話になっている教授や同じ授業の生徒などを積極的に頼ってどんどん話しかけると、困難を乗り越えながらコミュニケーション力も身につき、交友の輪が広がっていくのを実感します。今はちょうど中間考査期間で忙しい時期ですが、これからどんどん新しいことにチャレンジしていこうと思います! 最後に、新しくできた韓国人のお友達と中華料理のデリバリーを頼んだ時の写真と学校裏にある素敵な海岸を訪れた時の写真を掲載します(^^)
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 留学レポート, 韓国海洋大学

【留学レポート】 同済大学 外国語学部中国学科3年 M.Y 2019年10月

こんにちは!同済大学に留学中のysmrです。今日は中国ができて70周年という記念すべき日で今とてもめでたい雰囲気が漂っています。国庆节と言って一週間ほど祝日で学校が無いので、とても残念ですね(笑)  新学期が始まって約1ヶ月経ちました。やはり、全学期より授業のレベルが上がったと思うし、クラスの友達もみんなレベルが高くて焦る毎日です。先生が喋っていることは大半聞き取れるようになったのですが、タクシーや、デリバリーのおじさんが何を言っているのか本当にわからなくて悔しいです。わかりやすく喋ってほしいです!  話は少し遡って、私は夏休みに北京と天津に旅行したのですがやはり上海とは全く違う感じがあって、同じ中国なのにとても新鮮に感じました。去年一週間だけ滞在した天津の南開大学にも行ってとても懐かしい気持ちになりました。中国にはみんなで共同で使える自転車があるのですが、天津は少し発展していて電動チャリのシェアがありました。しかも、その電動チャリが漕がなくていいんです。見た目は自転車なのですがハンドルを回したらモーターバイクと同じくらいのスピードがでるのです。使ってみてほんとに便利で楽だと思ったのですが、やはり中国の交通に混ざるのは怖かったです。  半年がすぐすぎたようにすぐ帰国の時がやってくるのだろうなと思います。はやく検定をとって、美味しい中華たべて、行きたいとこに行って後悔無いようにしようと思います! 写真は最近の大学の様子です。 中国の誕生日を祝して祖国万歳という文字がおかれました!
カテゴリー: 2019春, 同済大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 外国語学部中国学科3年 北京語言大学 H.H 2019年10月

 こんにちは。10月の留学レポートを担当する、中国学科3年のHです。新学期が始まり1か月経ちました。気温はまだ高いですが、朝晩は冷え込む日が多いです。新しいクラスにもだんだんと慣れてきましたが、授業内容も難しくなっているので苦戦しています。新しいクラスは前学期と同じく20人前後で、50分授業、10分休憩、50分授業(計100分授業)で1セットの授業になります。私は中級中国語の授業を週に3コマ、リスニング・スピーキングの授業を2コマ、HSK対策2コマ、中国文化1コマ、中国人文地理1コマ、実況リスニング1コマ、という内容で履修登録をしました。中級中国語は総合の授業で、基本的にテキストの本文に沿って授業が進んでいきます。私のクラスは授業内容に沿った口頭発表を計4回しなければなりません。HSKの対策はとても効果的で、北京語言大学に留学する予定のある人は履修をお勧めします。 このように、少し忙しいですがとても充実した日々を送っています。 写真は中秋節の時に食べた月餅です。
カテゴリー: 2019春, 北京語言大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 オックスフォード・ブルックス大学 外国語学部英米学科3年 S.U  2019年10月

 こんにちは、10月の留学レポートを担当する外国語学部英米学科3年のS.Uです。イギリスに着いて約2週間が経ちました。自分がイギリスにいる事が信じられず、毎日新鮮な日々を過ごしています。今回のレポートでは、私がとっている授業や、少し困ったことを紹介していきます。  初めに私が履修しているmoduleについて紹介したいと思います。現在私は、Understanding Media、Introduction to Social Anthropology、Essential Academic Writing、そしてIntroduction to Chinese Culture & Societyと4つの授業をとっています。ここの授業を受けてみて驚いたことは、学生たちの授業に対する積極性です。自分が疑問に感じる事であれば、先生から質問の有無を聞かれる前にすばやく手を挙げて発言をし、授業に対する理解を深めています。日本ではほとんど見ない光景で少し戸惑いや焦りを感じますが、自分も負けないように頑張ります。  最後に、私がイギリスに来て困ったことについて紹介したいと思います。それは、北九州市立大学で使うメールアドレスがこちらでは使えなかったという事です。というのも交換留学が決まってこちらの大学とやり取りをする際、私はいつも電話番号でサインインをする北九州市立大学のメールアドレスを使用していたのですが、イギリスに来てから電話番号が変わりサインインが出来ずメールを開くことが出来なくなりました。メールアドレスの変更の仕方を聞くためオックスフォード・ブルックス大学へ行きましたが、学生の人数が多いせいか対応が遅かったりと、中々できず時間がかかりました。【※ですが、渡航前に携帯電話に設定をすればイギリスでも使えるので、事前にしっかり確認しておくことが重要です!】また、そういった時のためにパソコンで使えるメールアドレスを何個か用意しておくこともお勧めします。  大きな目標であった留学生活を実現できていることに感謝し、限られた時間の中でその時でしか出来ない事をどんどん経験し、あらゆる事を吸収していきたいと思います。留学を考えている人の役に少しでも立てれば嬉しいです。 (1枚目はPembroke squareにあるChrist Churchのエントランス、2枚目はCornmarket street 3枚目はBroad streetで開かれていたマーケットの様子です。全てオックスフォードで撮った写真です。)  
カテゴリー: 2019秋, オックスフォードブルックス大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 済州大学校 経営学部経営情報学科4年 N.K 2019年10月

アンニョンハセヨ!経営情報学科4年の黒﨑菜緒です。10月に入り、北九大も授業が始まりますね。韓国の大学は、日本より1ヶ月授業が始まるのが早いため、既に大学に通っています。 今月は授業についてお話します。まず、韓国語の授業は語学堂と呼ばれるところで行われ、韓国人の学生はおらず全員留学生です。授業が始まる前にレベルテストが実施され、クラス分けがあります。今回はTOPIK1~3級レベルと4~6級レベルの2クラスしかなく、私は1~3級レベルに決まりました。正直、初めは易しく感じ先生にクラス替えを相談しましたが、4~6級クラスは私にはレベルが高すぎたので今のクラスで頑張ることにしました。実際、少人数のため先生と密に接することができ、わからない問題はすぐに解決することができます。授業は月曜日から木曜日までが1日3時間、金曜日は2時間あります。韓国語の授業の他に、留学生対象の英語での授業、韓国人の学生が受ける授業をとることができ、私は1つずつとっています。韓国語の授業と違い、話すスピードやレベルも高いため毎回苦戦していますが、今月は中間テストもあるためより勉学に励もうと思います。それではまた来月お会いしましょう。 写真:利用している寮の食堂、男性用の韓服を体験、文化体験の時にクラスメートと。
カテゴリー: 2019秋, 新着情報, 済州大学校, 留学レポート

【留学レポート】 カーディフ大学 外国語学部英米学科3年 K.H 2019年10月

こんにちは。9月よりカーディフ大学に交換留学をしている3年の堀江 開と申します。自分が留学生活を送る中で気づいたことを文字に起こし、後に自分が振り返った時にどう思っていたのか、そしてこれから交換留学制度を使ってカーディフ大学で勉強をしたい人のためになる、そんなレポートをこれから書いていければと考えています。拙い文章になるかとは思いますが、読んで頂ければ嬉しいです。 初回という事で何を書こうか迷ったのですが、過去の先輩方の最初のレポートでIELTS、留学準備についてはまとめられているので、僕は単純に出国してからの約2週間弱の出来事を簡単にまとめたいと思います。 僕は日本時間の9月19日に東京に前泊し、20日のヒースロー空港への直行便でイギリスに入国しました。ヒースロー空港の入国審査は世界的に見て厳しいと有名で、待つ時間も含め2,3時間ほどかかると見込んでいたのですが、今年の5月からeゲートという自動入国設備が導入されており、ものの5分程度で入国できてしまいました。それからバスを待ち、3時間ほどかけてカーディフに来ました。着いたのは夜の12時で、合計30キロほどのスーツケース2つを引き摺りながら自分のフラットを探して、2時間ほど苦労の末、、、ようやく自分の部屋に入ることができました。最初の5日間くらいは慣れない事ばかりで心配でしたが、日が経つにつれて土地勘がつき、友達ができたり、現地の食事を楽しめたり、毎日が新鮮で刺激に溢れていて楽しいです。 日本での留学準備中から今までに出来事が多すぎて、書きたいことのほんの一部分しか紹介できないのが残念なのですが、次回以降でその辺は紹介していけたらと思います。写真はヒースロー空港のロビーで撮りました。
カテゴリー: 2019秋, カーディフ大学, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 仁川大学校 外国語学部英米学科3年 R.T 2019年10月

こんにちは。10月の留学レポートを担当する英米学科3年の筒井莉菜です。私が韓国に来て早くも1ヶ月が経ち、留学生活にも慣れてきました。今回のレポートは韓国での支払い方法について書きたいと思います。 韓国に来る前までは現金をたくさん使うと思っていたのですが、1ヶ月こちらで生活してみたところ8割ぐらいカードを使っているように感じます。現金で支払うのは寮費と交通カードにチャージする際ぐらいで、その他は全てカードを使っています。カードを使うと手数料がかかるので損をすると思っていたのですが、今はレートがいいため手数料を含めてもあまり大差はありません。私が個人的にオススメしたいのは日本でデビットカードを作っておき、韓国ではそのカードを使うということです。 最後に仁川大学では9月25日、26日に秋の学祭が行われました。日本とは違い学祭中も授業はあるので、私たちも授業が終わった後に参加しました。今年はチョンハやクラッシュなどの歌手が来ました。ちなみに学祭当日はフードトラックが来るのですが、日本のカードが使えなかったので、現金を少し持って行くと良いと思います。  
カテゴリー: 2019秋, 仁川大学校, 新着情報, 留学レポート

【留学レポート】 大連外国語大学 外国語学部国際関係学科3年 M.T 2019年10月

こんにちは。留学生活も残すところ約三か月半となりました。 大連の冬は寒いというイメージがあったので、夏休み明けに大連に戻ってくると、まだまだ暑くて驚きました。9月半ばまでは半袖で過ごせるので、帰省の際に夏服をすべて日本においてきてしまうのは危険です。着る服がなくなります。友達は大連の冬は10月からと言っていたので、これからどんどん寒くなってきそうです。 さて、今回は中国に持ってくるとよいものについて書きたいと思います。大概のものはお店やネットで手に入るので心配いらないのですが、化粧品や洗顔用品、歯磨き粉など自分がいつも使っているものがあるならば、余分に持ってくる方がいいと思います。ネットでも買えますが、値段が高いもしくは本物ではない可能性があります。ブランドの化粧品やハトムギ化粧水、無印商品などはこちらにもあります。また、日本の電化製品の電池も持ってくると安心です。生理用品なども心配かもしれませんが、こちらでも日本製のものが購入できます。食べ物に関しては、大学付近に二軒日本料理屋があるのですが、カレーの出来が微妙に日本と違うという噂を聞くので、荷物に空きがあるのであれば、カレーのルーを持参するといいかもしれません。 写真は国庆节の時、西安でみた長恨歌の舞台です。
カテゴリー: 2018春, 大連外国語大学, 新着情報, 留学レポート
{z[
カテゴリー